DEEBOTの水拭き機能を使ってみた!結果は?

先日購入したロボット掃除機DEEBOT。

>>>ルンバとdeebot両方持っている私が比較。安いロボット掃除機ってどうなの?

 

DEEBOTは低価格にも関わらず水拭き・乾拭き機能が付いているものがあり(全ての機種ではありません)。それも購入決め手の1つでした。

 

ただ、我が家はリビングにラグを敷いているため、水拭き機能を使用する機会がありませんでした。

ですが、せっかく水拭き機能が付いているのだから使わないのは勿体ないと考えていたところ・・・

「そうだ!ラグを敷いていない2Fを掃除させればいいんだ!」と気付きました。気付くの遅すぎです。

 

さてさて実際に水拭き機能を使用してみます。

 

こちらが付属の水拭きモップ。

 

蓋を開け、中に80mlの水を入れます。

 

 

水を入れたモップをDEEBOTの裏面にはめるだけという簡単なつくりです。

 

ただ穴にはめるだけ。

 

仕組みとしては、ブルーの部分(水拭き)に水が染み込むようになっていて、白の部分(乾拭き)で拭き取るという感じ。

仕組みとしては非常に簡単です。

 

つまり汚れを取りながら、水拭きもしちゃって、すぐ拭き取りもしちゃうよ!という仕組み。

 

2Fの10畳ほどのフローリングを掃除させてみました。

画像ちょっとわかりにくいのですが、画面中央の斜めの線がDEEBOTが通ったあとです。

 

ブルーの布で水拭き➡白い部分で乾拭きされた部分に、うっすら水拭きのあとが残っています。

 

いつもはルンバにおまかせで水拭きしていないフローリングを30分掃除させてみた結果がこちら。

ブルーのところが取れた汚れです。

 

上が水拭き前で下が使用後。結構汚れ落ちている感じ!!

 

DEEBOTの水拭き機能を使ってみた感想

DEEBOTの進行方向的に、ゴミを取る➡水拭き➡乾拭きの順番になるようになっているので非常に効率もよいなという印象。

でもでも水拭きっていうからどんだけすごいシステムが搭載されているのかと思ったら、ただ付属のモップを差し込むだけだったとは・・・!!まぁいいんだけど。

 

力をかけて拭いているわけではないので、染み付いた汚れを取るのは難しそうです。ただ、モップがあんまりビショビショだとフローリングには使えないので、DEEBOTの固く絞った水拭きはフローリングにはちょうどかなと思いました。

 

水拭きした後は心なしか床のベタベタがなくなったような(男子2人の家なので、何となく床がベタベタしてるんですっ。本気で)。気持ち的にもスッキリ。結構満足。

 

こうなってくると、DEEBOTすごく使えるんだけれど!!やっぱり自動で充電ドッグに戻れないというのが残念です。

掃除開始の時間を設定することはできるのだから、掃除終了時間の設定もできればいいのに。

 

ルンバは自分で掃除終了を判断して充電ドッグに戻ってきます。DEEBOTにはそこまで求めないので、せめて1時間で充電ドッグに戻ってくるなど設定できる機能をお願いしたいところ・・・。

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 早速のレビューありがとうございます。
    やはり、購入しようと思います♪
    これで毎日2回以上していた掃除機かけと床拭きからは
    解放されそうです。
    一気に、衣類乾燥機、大型冷蔵庫、掃除ロボット購入♪
    大赤字ですが、今までの家事労働を換算するとおつりがくるはず!!

    余った時間はもちろん、参考書&知育時間に当てます!!

    • ペンギンママさま コメントありがとうございます。
      ペンギンママさまのお陰で水拭き機能使えました(笑)逆に感謝です、ありがとうございます♪
      使って見たら、水拭き機能結構すっきりで気に入りました。これから結構使いそうな予感(手軽にできるので)。
      ですが、やっぱりやっぱり自動で充電ドッグに帰ってくれないのがマイナスです。
      ペンギンママさまも、ここはよーく考えられた方がいいかと思います~(;´Д`)
      まぁルンバも、どこぞかに絡まったりして自分で帰れなくなっていることがよくあるので同じかもしれませんが・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です