算数は考えること。「考える」訓練に向いているドリル1位は!?(低学年)

夏期限定ですが、あっぷー塾に小2の子が2人来てくれています♪

私が長男と家庭学習を始めたのが、長男が小2の時でした。当時は長男と2人で試行錯誤で無我夢中だったなぁ・・・今冷静に振り返ってみると、あぁあの時ああすればよかったなぁ、あの問題集をやらせればよかったな。あの問題集はいらなかったな等思うところが沢山あります。

あの時の経験を反面教師にして、今来てくれている生徒さん2人に活かせたらなぁと思っています。

 

それで・・・長男の時の反面教師も含めて今思うことは「算数は考えること」だということです。

 

元々「考える」ことが身に付いている子もいますが、それができない子もいます。(長男がそのタイプでした)

単純な計算問題ならできるけど、少し捻った問題になると考えることを放棄して「分からない」になってしまう。いやいや、それは「分からない」のではなくて「考えていない」だけだよと。

現に「この問題解けないと授業終わらないよ~♪」ってプチ脅しをかけるとアッサリ解いたりする。(その子が出来る範囲の問題しかやらせてないので、解けて当然なんですけどね)

 

考えるのが苦手なタイプの子は特に、小さい頃から「考えるクセ」を付けるのって大切だなぁと実感します。

 

乱暴かもしれませんが、算数を通して「考えるクセ」を付けられたらいいなと思います。子どもたちにとって、これから先長い未来。「考える」ことがすごく大切だと思うからです。

 

最初のあっぷー塾小2の生徒さんの話に戻りますが、この時期は「考えること」をさせたいなと思い、授業の半分を思考力系のパズル問題。半分を普通の算数問題にしています。

我が家にはたくさんドリルがあるので、色んな種類の問題をコピーしてチャレンジしてもらっていますが・・・

 

その中で彼女たちが最も「考えて」「試行錯誤を繰り返して」「集中して」取り組んでいるのが「天才脳ドリル仮説思考」です。

 

天才脳ドリル/仮説思考 初級

天才脳ドリル/仮説思考 初級

 

間違えるのが嫌なのか?最初は問題用紙に書き込むことができませんでした。

「消しゴムで何回も消してごらん」「紙が破れるくらいどんどん消してね~」って言って、私も実際に一緒に解いて「うーん」って消しゴムで何度も消しては「こうやって何度も間違えて考えるのが算数だよ!」って吹き込んで(笑)

慣れてきてどんどん書き込めることができるようになってからは、「間違えたらどうしよう」なんて考えずに真剣な表情で取り組んでいます。

授業終わりには消しゴムのカスがたくさん!

「こんなにたくさん考えたんだね!すごいね!これが算数だよ」ってまた吹き込んでおります(笑)

 

天才脳ドリル仮説思考の中でも喰いつきがいいのが・・・

特に仮説思考の迷路問題(ワンちゃんのやつ)はいいですね~。最初は当てずっぽうで進むだけなのが、だんだんと「ここはこう通らなければいけないから・・・ここはこう通るんだ!」という仮説思考に変化しているのが見ていて分かります。

 

ちなみに・・・仮説思考のワンちゃん問題ときたら。私も一緒に解くんですが、私が最後まで解けなかったりして・・・。とほほ。頭が固くなってるのか、一度ここだなと思った通り道からなかなか思考を転換できないんですよ。

 

迷路問題って侮れないなと思い、今までスルーしていた「迷路なぞぺー」を購入してみようかと思っている最近です。

 

それでね、小2の子たちで腰抜かしそうなくらいびっくりしたことがあったんです。小2の子たちがね、消しゴムの消しカスを床に捨てないんです!!消しカスを集めて「これ、どうしたらいいですか?」って私に聞いてきたんですよ!!

もうびっくりして、わたし・・・停止・・・。

・・・消しカスって床にポイポイ落とすものじゃなかったんだぁと目から鱗とはまさにこのこと。

我が家では消しカスなんて床にポイポイが普通。あ、練りケシ作る時はせっせと消しカス集めてます。お菓子食べた後の包み紙も、その辺に置きっぱなしで、我が家は巨大なゴミ箱ですか?という状態。

 

それでね実は私自身も息子たちに影響されて、実は知らない間に「ザ・男子」の一味になっていたのでは!?と((((;゚Д゚))))ガクガクブルブな最近です。あ~恐ろしや。

 

スポンサーリンク

8 件のコメント

  • なんてタイムリーな話♪
    わが家の小1の次女にも一緒のしています。
    迷路問題大好きです。こればかりやりたがります・・・。
    本題ですが、低学年にとって間違って消すのが大変では
    なかったですか?
    うちの子は不器用なのか、何度も紙を破ってしまいます。
    そしてイライラ=やる気半減
    考えたのが、クリアファイルに紙をはさんで、
    水性ペンを使い間違えば、お手拭き(うちはおしり拭きですが)
    を使う。クリアファイルにはさんでいるので、紙もきれいです♪
    思考もストップしないので持続力アップしました。
    よかったら試してみて下さい。

    • ペンギンママさま コメントありがとうございます。
      そしてなんてタイムリーな♪ クリアファイル―!!! ペンギンママさまの工夫がすごくていつも驚かされます。
      私はあまり工夫とか考えないタイプなので特に・・・!!
      ちょっとこの方法すごすぎるので記事中で紹介させてください♪
      確かに消すのにイライラ~ってありますよね。消すのが面倒くさいからなるべく頭の中でイメージして・・・という訓練(無理やりですね)になる可能性もあるかもしれませんがー!!

  • 記事に載せて頂けるなんて光栄です。
    この方法は「パズル道場」に見学に行った時に
    小学生以下の子がしていたので、真似をさせて貰いました。
    でも、あっぷー様のおっしゃるとおりに頭の中でイメージすることが
    大切だと思うので年齢が上がってくる子や消すことが苦にならない子は
    鉛筆がいいと思います。
    消しゴムで消す作業も筆圧・巧緻性を養うには大切な過程ですし・・・。
    ちなみに「パズル道場」では3回同じ問題が合格できたら次の級に
    進めるそうです。
    「天才脳ドリル」はコスパ最高の問題集ですよね。

    • ペンギンママさま 返信ありがとうございます。
      パズル道場の情報も感謝です♪
      なるほど、同じ問題が合格できたら次の級にいけるんですね~。それ、あっぷー塾で取り入れさせてもらっちゃおう♪
      天才脳ドリル、やっぱりいいですよね~。
      他にも似た問題集はありますが、やっぱり天才脳ドリルに戻ってきてしまいます。天才脳ドリルときらめきは私の原点です!(大げさですみません💦)

  • あっぷー様
    初めてコメントさせていただきます。
    そして色々今後の参考にと楽しく読ませていただいています。
    今、年長の娘は迷路なぞペーを楽しくしております。なかなかこの迷路頭を使うので面白いですよ。
    年中の頃「はじめての迷路なぞペー」を楽しんで終わらせ、天才脳ドリル仮説思考入門も終わっているからか、そこまで苦しまずやっていますが、慣れていないと難しいものもあるかもしれません。そして連動したゲームなのかな?アプリ「シンクシンク」もいいです。無料ですし、本当に頭を使うので。
    色々設定があったりして、3分の制限時間の色々な問題が1日3問できて、どんなに長くても15分くらいで終わるので、毎日これをやって保育園にいっています。オススメです。(大人にも)
    天才脳ドリル空間の入門の方は最後のサイコロでつまずき(どちらかといえば親が、どう教えようと考えているにちょっと放置気味、)まあ急いでやるものでもないから、できそうなものからって思ってます。
    長々すみませんでした。
    これからも楽しく拝見させていただきます!

    • ちょこさま コメントありがとうございます。
      実は早速迷路なぞぺーを購入してしまいました~。自宅塾で使ったり、あとは今更なんですが・・・次男小4がめっちゃやっています(;”∀”)
      そしてアプリがあるとのこと!情報をありがとうございます~。
      迷路なぞぺーのレビュー記事を近く書く予定なので、そこにぜひ書かせていただければと思います。たぶんアプリの存在は知らない方が多いかなぁと思います!
      天才脳ドリルの空間は少し難しいですよね。実際にサイコロ使ったり、鏡使ったり。あとは小学生ピタゴラスで実際に立体図形を組み立てたりして、遊び感覚でやるのもおススメですよ♪

  • シンクシンク、うちの次男もやってます。
    レベルアップしたようで、先日は見たことのない問題やってました。
    これ絶対図形の感覚養えますよね!

    あと次男がはまっていたのが、温度計パズル。
    こちらは論理系っていうか、天才脳仮説思考や宮本パズル的な頭の使い方をします。
    おすすめです。

    • 孔明さま コメントありがとうございます。
      シンクシンクやられているのですねーーー!!みなさま色んな情報をお持ちですごいです♪
      早速次男で試してみようと思います。
      近々レビューもできたら♪ 今色々と問題集を購入したい波に飲まれていまして、超絶無駄遣い中・・・。
      記事に載せたいことたくさんです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です