今改めて!小1・小2におススメの難易度高めの算数問題集2冊

我が子たちが小学校低学年の頃は、とにかく自分も懸命で、問題集もあれやこれや試してみていて試行錯誤状態でした。ですが、長男は現在小5で中学入試算数を勉強しており、同時にわたしは自宅塾で低学年の子たちにも算数を教えています。

そう、実は今、中学入試算数と小学校低学年算数を同時にみられるという幸運な状況なんです。

そんな中、感じるのは「やっぱり学校算数だけじゃもったいない!」ということ。

 

学校算数だけでは「考える」練習はできない

 

学校算数では「考えること」は排除される傾向にあるので、算数は計算問題って思っている子が多いと感じます。学校で習った計算のやり方をただあてはめていくだけ…。

それは文章題に於いても同様で、例えばプリントに「かけ算」と書いてあります。その中に「4人のりの車が4台あります。20人いるとすると乗れない人は何人ですか」(はなまるリトルにこういった問題があり)という問題があると、4×4まではいいとして、そのあとも「なんとかかけ算にしなきゃ!」と一生懸命。

たとえ文章が理解できていたとしても、かけ算にならないから「分からない」になってしまいます。

 

そもそも文章を読解できていない場合もありますが、文章読解はできているのに関わらずかけ算に囚われすぎて「わからない」になってしまうのはもったいない!

 

でもこれって、原因はすべて「学校算数しかやっていないこと」だと思いませんか?文章読解は、文章を数式に表すことが大事なのに、学校算数の単元から解こうとしてしまう。

でもやったことないことが出来ないのは当然です。だからこそ…学校算数が問題ない場合は、一元的な問題だけじゃない、多種多様な算数の問題に触れてみて欲しいと思ってしまいます。

 

そんな色々な問題に触れられることができるおススメ問題集がこちら。

 

はなまるリトルのすごさは、問題タイプの豊富さです。

例えば掛け算にしても、ビンゴゲームのような遊び要素のあるものから、「>・<・=」を入れるものや虫くい算。文章題もかけ算と足し算を両方使うものもあり。

個人的には「2+2+2=2×□」なんて問題もさすがだなと。九九は暗記しているけれど、2×3は2+2+2とイコールだと理解して使うことができる子って少ないもの。これはかけ算の概念とイコール(=)の意味を理解していないと解けません。

 

 

こう書くと硬そうな問題集かなと感じますが、見本の通りイラストも多く「楽しんで勉強しよう」という四谷大塚の意図が伝わってきます。(同時に「中学入試するなら思考力もね」というメッセージも感じますが)

 

はなまるリトルは、全体のボリュームは少な目なので、毎日コツコツではなく「たまに」でもじゅうぶんやれる問題集。気軽な気持ちで取り組むことができます。

ただ、こういった少し難しめの問題に初めて取り組む場合は、ある程度親が教えてあげるのがいいと思います。小1・小2のものは決して難しくない(空欄に当てはめる問題が中心)ので、たまに親子で頭の体操くらいの気持ちで取り組むのもおススメです!

 

 

今みて改めて!「最レベ」系問題集はおススメ

今長男は小5で中学入試勉強の真っただ中です。実は中学入試算数においては”図”を書くのってすごく重要。特に線分図はずっと付いて回りますし、特殊なものとしては面積図なんてものもあり。

線分図を書かないと(通常は)解けない問題もありますし、とにかく中受算数では、文章を式のみならず「図」に表す力が非常に役にたちます。

そんな観点からおススメなのが「最レベ」算数。

 

 

最レベさんすう問題集小学1年―段階別最レベ算数問題集小学2年―段階別

 

図という視点から「最レベ1年生」を見てみると…1年生のものから、バッチリ線分図がでてきます。

 

それも学校算数で2年生にまずやるテープ図ではなく、最レベでは1年生から普通の線分図。足し算や引き算単元では、線分図を使った問題がバンバンでてくるのですが、中でもさすが!と感じたのが、線分図から式→答えの順番で解かせるところです。

1年生だし線分図から答えが分かればいいのでは?と思うところですが、そこはさすがの最レベ。「式を書いてから答えを出しましょう」と問題文に書かれているんです。

 

最レベは中学入試準備のための問題集なので当然と言えば当然かもしれませんが…。ただ驚くのは1年生算数から学校算数と中受算数のレベルがこんなにも違うことです。そのことを知らずにいたらどうなっていたんだろうと恐ろしくなるレベル。

 

ただそうは言っても、最レベが特殊な中受算数のための問題集というわけではなく、思考力向上に役立つ問題集であることは間違いありません。また「考える」という算数の基本的な力にも繋がると思うので、中受を考えていない場合にもおすすめです。

 

まとめ

我が子が小5になったからこそ感じる、低学年におススメの算数問題集を2冊ご紹介しました。

最近低学年の子の勉強をみるにつけ、実力があるのに算数をレベルアップする機会がないということも感じます。また、低学年のうちはちょっとの暗記で乗り切れた学校算数も、5年生算数になると突然「思考力」が求められて(単位量あたりや割合)、あれ?って思っている間にすっかり算数が分からなくなったなんて話も。

 

この2冊は…、はなまるリトルは「四谷大塚」だし、最レベには「中受準備に」とか書いてあるし…でなかなか手に取る機会は少ないかもしれませんが、中受しない場合でもおススメですし、我が家がそうであったように新しい「算数」の世界が開けるキッカケになるかもしれません。

普通の問題集より若干値は貼りますが、内容は間違いなし。小さい書店だと置いていない場合も多いと思うので、ネット購入もおススメです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

18 件のコメント

  • いつも、拝見させて頂いております。
    貴重な情報を惜しげもなく教えて頂きまして感謝しております。

    時間が足りず、z会、花丸 止まりで、まだ 最レべまで 到達していません。
    でも、最レべ位までやらないと、小学生統一模試 の後半問題は解けませんね。
    実感しているのですが、習い事等ありなかなか時間が取れません。
    が、しかし、やらなければ出来るようにならないので頑張ろうと思っております。
    これからも、色々教えてください。よろしくお願い致します。

    (サイパー とっても良かったです。少しやるだけで難しい問題がスラスラ出来るようになりました。
    ありがとうございます。我が家は、娘2年生です。)

    • rikaonさま コメントありがとうございます。
      2年生の娘さん♪ 家庭学習で色々やられていてすごいです♪
      勉強以外の習い事もありますし、2年生だと体力もまだまだ…。なかなか時間取れませんよね。
      そして確かにおっしゃる通り、全統テストは最レベくらいの問題に慣れていないと後半は厳しいですね。解けるかよりも「慣れ」もありそうですしね。

      そして!サイパーは本当におススメです。3年生になったら和差算だけでなく他のサイパーもゆっくりやっておくと中受算数のアドバンテージになること間違いないと思います!

  • こんにちは!タイミングいい話題です。1年の子 公文で計算をやっていて 毎日のくもんの宿題になれてきたので そろそろ 分野をひろげて問題集をさがしているところでした。

    3年の子の時は計算は自宅で百マス計算をみていて 点描写と あっぷーさんの記事をみてZ会グレードアップの文章題をやって 休みのときできるときにはきらめき、、、をやってたんです。
    算数が好きだといっているので 効果あったかな、、、と思っています。

    でもはなまる、、、きになってるんですよね。
    点描写は決めてるので 休みの日大きな本やまでみにいこーかな と思っています。下のこのほうが 長時間もたないタイプなので 数すくなめの良問をすこーしずつやる方がむいてるかな、、、と。選定に力はいります!

    • TESさま コメントありがとうございます。
      公文で計算、ご自宅で分野を広げてって理想です! うちは無計画に家庭学習を進めてきたので、やはり計算がネックというところがあります。
      そして下のお子さん、長時間もたないタイプでしたらはなまるリトルはおススメです。
      最レベはやっぱり「勉強」っぽさがネックかも…。小学校算数問題なければ、はなまるリトルなんかで思考力を伸ばせる(というかこういうタイプの算数もあることを知る)問題集をやるの、大事ですよね♪
      そして問題集の選定が!楽しみであり悩みどころでもあり。でも1年生の子の問題集選定…羨ましい(笑)

  • あっぷーさん こんにちは。

    低学年向きの問題集、参考になります。
    今、年長さんなので、ペースはゆっくりですが、1年生の問題集も、やり始めようかなと思っているところです。ちのうあそび(はなまるリトル)を少しやりましたが、今、放置中。他のが終わったら、やろうと思ってます。
    今は、
    ひらがな練習
    きらめき思考力パズル(数センス、図形センス 入門編)
    出口 日本語論理トレーニング 一年生 (応用編)
    社会と理科のZ会のさきどりをやっていますが、理解できていないかもと思い、1年生になってからでもいいかなと思って、やりたい時にやっている感じです。それよりは、はなまるリトルの「ちのうあそび」の方がよさそうかなと思ってます。

    少しずつレベルアップという意味で、
    ハイレベル(以前ご紹介くださったもの) は一番最初にやろうかなと思っているのですが、その他に

    Z会グレードアップ
    はなまるリトル
    最レベル
    トップクラス問題集(徹底理解)
    トップクラス問題集
    スーパーエリート

    どの順番でやっていこうか考えているところです。国語は、スーパーエリートはないですよね?
    国語も、
    ハイレベル、Z会グレードアップ、はなまるリトル、トップクラス(徹底理解)、トップクラス、最レベ
    どの順番がいいでしょう。。。
    はなまるリトルは、問題集のサイズが大きいから、やりやすいかもしれませんね。

    真ん中の四年生の男の子の読解力のなさに、国語も少しずつやっていくのが大切だと実感している今日この頃です。
    少し前に受けた模試が返ってきて、国語が。。。
    算数は、思いのほか良買ったゆえに、国語が足をかなり引っ張りました。。。
    読解の問題を、1日一つ解くことを課題にしました。
    今回のテストは、6年の姉よりも、4年の弟の方が良かったです。

    時間があるうちに、少しずつやっていけたらなー。

    算数の問題で、
    最初に、4分の1を使い、次に、残りの5分の3を使います。
    というような問題ありますよね?6年生の娘、この類いの問題に、弱いんですこのような問題を繰りか返しやらせたいと思って、サイパーを見ましたが見当たらず。。。
    あっぷーさん、なにかご存知ですか?
    こんなところで、つまづいていたとは。。。

    • はっぷーさま コメントありがとうございます。
      「最初に4分の1を使い、次に…」というタイプの問題、結構やっかいですよね。その時は「そうか」って理解できても、次またひっかかっちゃう類の問題。
      はっぷーさまがおっしゃる通り、サイパーあたりで出してもらいたい…。このタイプの問題って割合でも使うし、読解力のみならず文章を正確に読む力も必要。
      わたしはこのタイプの問題に焦点をあてた問題集を知りませんが…、線分図を正確に書く練習も役立ちそうです。ちょうど昨日、次男がこのタイプの問題(割合)をやっていたのですが。
      私は1つの線分図にした方が分かりやすいと思っていましたが、次男は二つの線分図に分けていました。最初の4分の1以降の部分を拡大(吹き出しみたいな感じ)して、そこに次に…からの線分図を書く感じです。

      そして国語の問題集!うちは時間がなくて国語はやってこなかったので、できるなら小1まで時間を巻き戻して国語をやらせてみたいです。
      思うに、書いてくださったような問題集に載っている文章が「読める」ということが大事なので…。あまり問題には囚われず、読み物として使うのもアリかなぁと思ったりしました。

      あっぷー塾にも今低学年の子がいて国語をやっています。なので、私がもう少し経験値を上げて(;’∀’) 国語の問題集レビューもしたいところです。その時は色々情報交換させてください♪

      • あっぷーさま

        「最初に4分の1を使い、次に・・・」のタイプの問題、読解力と読み取った内容を式に表す力が必要ですよね。内容が分かっていても式に表せない時もあるように思います。
        具体的な数字を出すと計算できるのですが、xを使って、式を表そうとすると、分数×分数になると、鉛筆が止まってしまうようです。。。
        「線分図を、吹き出しのように書く」次回、教えるときにやってみますね。

        先日、模試を受験した会場の塾の先生と話す機会があり、国語の勉強方について聞いてみました。
        国語を読むときは、「突っ込みを入れて読む」といいようです。書いてあることに対し「なんで?」と突っ込み、「あー、ここに書いてあったか・・・」と納得するみたいな。
        4年生にもなると、テストのときは、文章を2回読むような時間はありません。1回でどこまで読み下げれるかが勝負なようです。子供たちは、読むスピードがまだまだ足りないようです。

        1年生の問題集をあげてみましたが、果たしてどこまで出来るのか。。。

        • はっぷーさま 返信ありがとうございます。
          線分図の吹き出し方式、私は「変なやり方」と思って次男を見ておりました(;”∀”)なので、子どもによってそれぞれ理解のしやすい方法論は異なるのかなぁという感じで書きました。分かりにくくてすみません!
          そして国語情報がもうありがたすぎです!!!感謝です。
          なるほど、「ツッコミを入れて読む」。この方法すごくいいですね。早速今日から実践させてもらいたいと思います。
          本当に…テストだと文章を読み返す時間はないんですよね。一回で頭の中で文章をイメージして組み立てて。あ、これはどの辺に書いてあったなって探せないと解けません。(って書いてたらまた次男には厳しいなというところにいきついてしまいました笑)

  • あっぷーさま
    いつも拝見しております。忙しく読めない時も、悩んだ時は見返して、家庭学習の指針にさせてもらっています。以前もコメントしたことあります(^^)

    さて、我が家は学校が遠いんですが、その中で公文や習い事をしてます。

    そこで質問させてください。
    国語は、論理トレーニング(出口)。

    算数は、グレードアップ(計算・図形)と、はなまるリトル、最レベの順で
    やっていきたいな、と思い 途中だったグレードアップをやり始めてます。

    質問は、グレードアップの文章題をやるべきか、ということ。

    あと、エリートや、トップクラスもやり込むべきか。

    順にやっていくか、挟みながら(ランダム)にやっていくか

    を教えて頂きたいです。

    すみません、変な質問で。
    調べて結局は本人次第、なのは承知です。
    上記の勉強の中に、取り入れていくもの、など
    教えていただきたいです。

    双子2年ですが、家庭学習の習慣はあり、2人とも読書は問題なく、なぜ国語公文再開したか、というと、

    漢字、読書の幅、苦手意識、語彙力のためです。
    しばらく論理トレーニングを併用する形でいいかな?とは思うのですが(><)

    あと、算数公文については、双子一人は計算が苦手、一人は算数に問題ないのですが、ドリルで計算やらせていても、レベルアップと反復のさじ加減が難しくやらせた次第です。

    苦手な分野は、サイパーがいいですよね?

    色々やるに越したことはないのは、承知ですが
    これだけは、みたいなのがあれば 御指導ねがいます。

    まとまらない文章ですみません。

    • ちちさんさま コメントありがとうございます。
      ちちさんさまが書いてくださった「グレードアップ問題集・はなまるリトル・最レベ」の順すごくいいと思います!実は我が家も基本的にはこの順番で家庭学習していきましたが、現在中受算数は比較的問題なくついていけてますよ~♪
      さてさてそれでグレードアップの文章題ですが、この順序でしたら不要かなと個人的には思います。
      そしてエリートやトップクラス。そちらは余裕があればでいいのでは。個人的には最レベ1冊で十分かと思います。
      もし余裕があるようでしたら、サイパーに進んだ方が中受算数に入っていきやすいかと。もし中受をお考えでしたら、3年生に入って(可能そうだったら)サイパーは絶対にやっておいたほうが。あとあとの貯金にもなりますし、中受算数の考え方の基礎を習得できると思います。
      計算は公文でばっちりでしょうしね♪

      国語は…私が何か言える立場じゃないので(笑)ちちさんさまの進め方を逆に参考にさせていただきます! 使用問題集や公文のことなど教えてくださってありがとうございます。

      • あっぷーさま。
        さっそくの御返事ありがとうございます。

        ほんとにお忙しいのに見ず知らずの一個人のために、御指導頂きありがとうございます!

        背中を押してもらえる気分です。

        そして、私も出口信者になりつつあります( ◜ᴗ◝ )
        国語は、読解では文を 読み込め、文を抜き出せ、ではなく 分解してチャートが見えて来るような 指導に、びっくりしています。

        我が家はお受験組みで、エスカレーターではありますが、外部も考え無くもないです。

        いや、お受験のころから、念頭にありました。
        中受は、考え中ですが、準備をしておいた方がいい、と思い頑張ってます。

        情報過多で、遠回りしました。思考力が大事だから、と思い どんぐり倶楽部も実際教室通いましたし。

        でも、こういっちゃダメなんですが、子どもと一緒に勉強すること自体、私が楽しいんだな、と思います。
        この子はここが弱いな。じゃあ、強化しよう!みたいな。

        あと、サイパーですが、たっくさんの単元がありますが、選定基準はありますか?

        苦手な分野をチョイスしてやらせる形ですよね?

        度々質問してすみません。お時間ある時で結構ですので、教えて頂きたいです。

        ちちさん、でいいですよ( ´ ▽ ` )
        ありがとうございます。

        • ちちさん 返信ありがとうございます。
          ちちさん、私もちちさんと同じ♪ 子供と一緒に勉強すること自体が楽しい!それです。 わたしは子どもと関われるところがそこしかなかった…とも言えますが。
          でも「勉強しなさい」って言葉だけではなく、一緒に親も楽しむって、ある意味親子共通の趣味?(あれ、でも子供は迷惑?笑)
          親がこうやって関わることで、子どもが勉強を「楽しいもの」と捉えてくれればいいなと思っています。

          そして出口信者~!!同じですね( ̄▽ ̄) 私は大学受験の時に出口に出会って実践することで、文章が紙から飛び出して、「図」のように見えて。ちちさんが書いてくださったチャートのような感じかな?
          そこからは国語は偏差値70は切ったことなかったです。あとはそれから小論文も大得意に。
          出口式は小学生には少し難しいかなとは思うのですが、小手先だけではない文章の読み方が身に付くと思っています。

          そしてサイパーですが、個人的には全部がおススメとは言えないです。また、使う学年や時期にもよると思います。
          親が子供の実力を見極めて与える必要がある問題集なので、使い方は難しいかも…。

          サイパーは中受算数の基礎の基礎なので、中受算数勉強の準備。あとは中受はしないけれど、学校算数以上をという場合に向いていると思います。
          そのため、中受(ちちさんの場合は外部受験ですね)を考えているのなら、1年で「足し算・引き算」 2年でどっかい算、3年の初めに和差算というように計画的に進めていった方がいいかと思います。
          (あ、この記事近々書きますね!)

          中受はせず、小学校算数以上をやりたいという場合は苦手分野をサイパーでという使い方がおススメです。

          飽くまで私のおススメの使い方ですが(;’∀’) サイパーの記事は近々書くので、よろしければ読んでみてください♪

  • あっぷーさまにお礼を!!と思いコメントさせて頂きます。
    小一の子が、はなまるリトルに取り組んでいます。
    わくわくもんだいが楽しいらしく、「この問題、たのしいー!!こんなのもっとやりたい!!」と、言っておりました。
    こちらのブログに出会わなければ、間違いなく買っていなか
    ったであろう問題集です。(お値段、少々はりますし(笑))
    こどもの「わかったあ!」のうれしそうな顔がみられて、なんだかこっちまでうれしくなってしまいました。
    ありがとうございました。

    お礼を言いたかっただけなので、コメント返信不要です(^-^)

    • むじかさま なんて嬉しいコメントを~!!ありがとうございます(涙)
      このブログが、むじかさまのお子様が算数好きになってくれるきっかけになったのなら…ブログをやっていた甲斐がありました♪
      我が家も同じく、長男小2の時に「はなまるリトル」「きらめき算数脳」といった問題集に出会って、大げさではなく人生変わりました。
      そこで算数は考えることなんだ!と気付いて、学校算数以外を見せることで子供が算数大好きになっていったように思います。本当に…勉強は子ども全員のもので、競争じゃないって思っています。
      だからむじかさまお子様の「わかった」の笑顔を想像すると私まで嬉しくなっちゃいます♪感謝。

      育児では絶賛迷走中の我が家ですが…お暇な時にたまにブログを覗いてくださるとうれしいです♪

  • あっぷーさま。
    ありがとうございます。

    そして、サイパーの記事、また楽しみにしています。
    サイパーを何冊もすべてやれないし、苦手な単元を見極めねば、と思います!ありがとうございます。
    この2~3日のことですし、進むにあたって、気持ちは変わるかも?ですが、教えて頂きありがとうございます!

    そして、昨夜過去のブログ拝読してましたが、語彙の記事、うちと同じです。
    読書はするが、語彙が。作文が。というなか、ドラえもんに救われた、という記事。
    語彙力強化のため、手段に縛られず、楽しく知識になればいいですよね!

    それと、低学年の時にやっておけば良かった勉強。←タイトルが違ったらすみません。

    も、とても役立ちます。
    学習も勉強の為の暗記ではなく、読み物として知識を付けていけたら、と思っていたのですが、何すれば?状態でした。

    このブログは、家庭学習の教科書みたいです。
    ありがとうございます。(返信不要です(^^))

    そして、私もお礼があります。
    日本語論理トレーニング、娘が お願いやらせて!というくらい、好きな勉強になりました。

    • ちちさん 返信ありがとうございます。
      サイパー記事アップしたのでお時間ある時に読んでみてくだされば…♪

      そして娘さん、日本語論理トレーニング好きだなんてすごすぎる~!!文章ってこう読むんだということが分かれば国語って今後ずっと楽勝なような気もします。
      羨ましい~。

      うちもなんとか続きたいものです(;’∀’)

  • こんにちは。以前、算数ラボのタイトルの記事にコメントさせてもらったオーストラリア在住のNっちです。
    海外から質の良い日本の問題集を選んで買うのは至難の技で、こちらのブログをいつも参考にさせてもらっている次第です。。
    で、今回、ここにも改めてオススメと書かれていたため、思い切って最レベを買ってみました!海外発送は高額なので、ずっとためらっていたのですが、
    結論・・・・もっと早く買えばよかった!!!!! です。
    問題集に惚れた・・・って言っても過言ではないくらい、数ページ見て、驚きました。
    息子(小1)に最レベ小1&小2を、娘(小4)にトップクラス小3&小4を、やらせたいと思います。
    また、受験研究社のハイクラスドリルというのも、買ってみました。
    こちらもオススメされていたので。
    これも、質の良いドリルですね。。やりごたえありそうです。
    と同時に、これらのハイレベルのドリルを使って家庭学習するには、親のレベルも問われるなぁぁ〜とも感じました(笑)
    また、はじめての論理国語、も、よかったです!論理エンジンやトレーニングは持っていますが、こちらの方が見やすく、海外で英語もやらないといけない我が子たちにとっては、演習がコンパクトにまとまっていて使いやすそうです。
    いい問題集を教えてくださって本当にありがとうございます!!
    これからも楽しみにブログ拝見させていただきますね。

    • Nっちさま コメントありがとうございます。オーストラリア在住のNっちさま、覚えております♪
      うちも数年前まで海外に住んでいて、どうにか日本の本を・・・と調べて厳選してってしていたので、このブログが少しでも役立っているならうれしい限りです!

      最レベいいですよね、惚れますよね(笑) 私も同系統の問題の中では最レベが一番好きなのですが、最レベは解説がいまいちなので、解説重視される方にはマイナスですよね。
      ハイクラスドリルは、書いてくださった通り「質が良い」というのが最もしっくりくる表現ですね、真似させてもらい使わせてもらいます~(^^ゞ
      なるほど、はじめての論理国語も確かにまとまっているので見やすいですね。私が気付かなかったような色んな視点がっっ、ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です