「サイパー・四角わけパズル」は九九暗記・かけ算概念や約数感覚をマスターするのにも使える!

サイパー思考力算数シリーズが大好きで、少しずつ買い揃え自宅でも使い、ブログでレビューしたものもいくつかありますが・・・その中で何となくスルーしていたのが「四角わけパズル」。

 

というのも・・・四角わけパズルという名称から、四角わけパズルって天才脳ドリルにあるような「楽しんで考える訓練をする系」の問題? うん、楽しそうだね、でも敢えてやらなくてもいいかな~と思っていたんです。

ですがブログのコメント欄から「四角わけパズル」で九九を覚えましたよっていうのを教えていただいて、これを聞いた瞬間、身体に電気が走るとはこのことだ!と(笑)

サイパーシリーズがただ「楽しい」だけの問題集を出すわけがなかったのに!気付かなかった自分ばかばか!

 

よく見ると表紙にも「九九」の文字が書かれていますね。

四角わけパズル 初級 九九(1けた×1けた)レベル (思考力算数練習張シリーズ 19)

四角わけパズル 初級 九九(1けた×1けた)レベル (思考力算数練習張シリーズ 19)

 

 

サイパー19「四角わけパズル」初級

 

やり方は簡単で、表紙にあるようなマスが1ページに2問あるので(上下同じ問題)、書かれている数字分のマスに分けるだけです。ただ天才脳ドリルと異なるのは、サイパーは必ず四角に分けるということです。階段型やピラミッド型のような変形で分けるのはNG。

また見本ページを見ていただくと分かる通り、「2の段でわける」「3のだんで分ける」等指定があります。ただこれは九九が未習だと意味が分からないと思うので、「縦か横のマスの数を2個で分ける決まりね」という風に教えていけばいいかと思います。

>>>サイパー「四角わけパズル」見本ページ

 

我が家でも早速やっています!! 実際に小1・小2の子がトライしてみた感想です。

小1(九九は未習)

:「2のだんと書かれていたら、縦か横どちらかを2マスにして、四角に分ける」というやり方自体はすぐマスター可能。また分けた後で四角マス内に「2×3」といったかけ算式を同時に書くようにし、ここからかけ算の概念と九九の暗記を同時に行えれば理想と感じました。

ただ、算数の概念発達は子どもによっても進度が異なるので、マス目とかけ算の概念がうまくリンクしない場合は、もう少し時間が経ってから再度やってみるのがよさそう。

(実際にサイパーの解説にも、自力でルールが理解できない場合は使用をいったん中止して、3カ月から6カ月ぐらい休んで再度試してみましょうと書かれています)

 

小2(九九は暗記済み)

:学校の掛け算は九九の暗記が中心になっており、概念の理解が弱い場合があると感じます。そのため、小3くらいになっても実はマス目の数を数えるのにかけ算を使う(面積の概念)というのが理解できていないことがあります。

(実はうちの次男がこのタイプで、中受算数の植木算ですが、花壇に等間隔で花を植えていく問題とかけ算が結び付きませんでした。お饅頭のような、中も敷き詰められた物のカウントにかけ算が使えるということを理解してなかったのにびっくり←面積の感覚ですね)

現に小2で九九は暗記していても、四角ます分けパズルで縦×横のかけ算がマス目の数と結びついていないなと感じることがあります。そういった意味でも、九九は暗記できているよという場合でも、四角わけパズルをやることで面積感覚を養い、同時に約数の感覚を習得することもできます。

 

 

サイパーの解説を読む限り、「四角わけパズル」は九九を暗記した後に使用することを想定しているようです。ですがコメント欄でも教えていただいた通り、四角わけパズルで九九をマスターできる可能性があります。

また、「四角わけパズル」は掛け算という意味合いだけではなくて、「パズル」という要素もあるため思考力を養成する効果もあり。思考力を付けると同時にかけ算の概念もマスターしちゃおうという・・・やっぱりよく考えられている1冊でさすがサイパーです! マス目を使ったかけ算の概念は、面積や約数に通じてくるというのもまた!!

 

これ、間違いなくおススメ! ただ1ページに上下同じ問題というのだけが残念でした。どうしたって上を見てやっちゃいますもんね~。ここは工夫の余地ありですね、何かいい使用方法を考え付いたら追記します。

 

その他のサイパー記事もどうぞ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10 件のコメント

  • はじめまして!
    いつも楽しく拝見してます

    うちの長女(小2)は、ノートとか問題集とか、綺麗に書かないと嫌とゆう、正直しょうもないこだわりを持つ面倒なタイプ。間違えたら綺麗に消して書かないとダメで、何度も消して鉛筆の跡が残ると激しく凹むとゆう…

    なので、今までは別紙で試行錯誤用の紙を用意してました。こちらのサイパー問題集、長女のようなタイプには、上段は試行錯誤用&下段が本番だよって渡せるのでいいな~と思いました。

    • みーごさま コメントありがとうございます。
      なるほど!!!上段は試行錯誤用というの・・・。サイパーにも書いてあったのですが、「試行錯誤用」ってどういうこと?って正直ハテナマークでした。
      そういうことだったのですね。
      確かに上で試行錯誤して、下でキレイに書ければ。きっちりした子にも取り組みやすいですね。それにしてもキレイに書かないと嫌だなんて、うちの子供たちに爪の垢を煎じて飲ませて欲しいものです。
      我が家、消しゴムを使うのさえ面倒臭いとか言ってぐちゃぐちゃにしてて、よく私に怒られています(-_-;)

  • こんにちは。
    小5男子、小3女子のママです。
    四角分けパズルの初級と中級、小3娘が小2後半からやりました。
    いいですよね〜!
    パズルをやってるけど実は掛け算、そして分けれたら少し達成感、という点が好きです。
    娘は、楽しい〜!とあっという間にやってました。

    中級は九九の表より大きい数字(12×5、16×3など)を使いますが、
    そのくらいの掛け算はスッと出て欲しいな、と思いやらせました。
    こちらは、少し手強かったみたいです。

    うちは兄妹で共有するので、こういう書き込み系は100均の透明下敷きに
    ホワイトボードペンで書いてます。
    この方法だと、間違っててもすぐ消せるし、何回もやり直せますよ。

    私もサイパー大好きです!
    小5男子は、現在暗号系の本にはまっていて、サイパーの「暗号パズル」をやってます。
    論理的に考え、手順通りに作業する力が身につくそうです。

    • こうママさま コメントありがとうございます。
      透明下敷きを使ってらっしゃるとのことで、すごくいいアイディアです!!!そうなんです、何度も試行錯誤してもらいたいので、すぐに消せるというのいいですね。
      これなら上の子で使って下の子でも・・・もできますもんね。(うちのおバカな子たちはホワイトボードペンでいたずら書き始めて、家が汚れそうですが)

      そして中級の情報もありがとうございます。九九より大きい数字を使うということで、このあたり、暗記とまではいかなくとも感覚として身に付けて欲しいところですね。あとは約数感覚も身に付きそうなので、初級が終わったら中級もぜひやらせたいなぁと思いました。
      そして暗号パズル! こちらも私中身みたことなくて(;’∀’) 教えていただいて興味津々、近々購入してみようと思います。

  • このブログにお邪魔してから、いろいろ参考にさせてもらっています。
    「運筆」が大事と読んで、
    技師Aさんの、6歳の子(来年、小学生)に
    迷路の本を渡したら2日で1冊やってしまいました。
    看護師Bさんの子に「はじめてのえんぴつ」「はじめてのひらがな」を
    渡したらあっという間にやってしまいました。
    子どもには「遊び」感覚が大事と痛感した次第です。
    この「四角わけ」は「九九」を習ったらすぐにやってもらおうと
    思います。
    ところで、拙ブログをどうやって知りましたか?
    ランキングにも参加していないし、相互リンクも貼っていない
    「辺境ブログ」なのですが・・

    • よねさま コメントありがとうございます。
      本当ですか!?このブログが少しでもよねさまの参考になるなら嬉しいですが…、いやいやなかなかそうもいってないと思いますが、ありがとうございます!!
      四角わけ。私が発見したわけではない(コメント欄から教えてもらいました)のですが、よねさまのおめがねにかかったとしたら嬉しい限りです。

      よねさまのブログですか? 私はあまり他の方のブログを見ないのですが、よねさまのブログはコメント欄から教えてもらいました。
      辺境ブログとおっしゃってますが・・・
      ネットで「よね」と入力すると「よねの備忘録」と2番目に出てきますよ~♪ きっと読者さんが多いブログだと想像しております!

  • うちも上の段は何度も書き直したりしたので、下の段で清書して掛け算を書かせていました。
    二周目の今は少し考えて解けるようになったので、下の段は使っていません。透明下敷きを使われる方がいましたが、それは目から鱗…コピーも労力が馬鹿にならないので、取り入れたいです。

    一年生で勧められている算数のサイパー系は一通り解いたので、欲をだしてトップクラス(でも、徹底理解編)を初めてみたのですが、複雑な説明の文章題に惑わされまくりで、こちらもイライラしてしまいます。算数は好きで得意だと思っていたけど、国語力に問題が…
    たくさんでてくる数字を整理できず、問題文を読んだら一言「意味わかんないー。」イライラせずに付き合いたいものの…ため息です。

    • waikoloaさま コメントありがとうございます。
      やはり上の段は試行錯誤、下は清書という使い方がよさそうですね。情報ありがとうございます。そうか、下にかけ算の式を書けばいいんですね。早速試してみます♪
      透明下敷きいいですよね。ほんとコピーの労力もばかにならないですしね。
      トップクラス問題集やられているんですね♪♪複雑な文章が「分からない」は、初めてやる問題で慣れてないというのは絶対あるかと。
      できる問題ばかりじゃ算数力アップしないと思うので、ぜひぜひトップクラス問題集引き続きやられてみてくださいね♪ でもイライラしますよね・・・。わたしも何度イライラして思わずえいっみたいなことがあったか・・・。修行ですよね(笑)

  • こちらの記事を拝見し、九九が定着していない小2息子に買ってみました。

    一人では解けず、母が所々ヒントを出しつつ考えている感じです。
    書店で、「賢くなるパズル かけ算初級」も九九を利用したパズルでいいかもと合わせて買ってみました。

    九九をパズルで練習することは思い付かなかったので、記事ありがとうございます!

    • サユさま コメントありがとうございます。実はわたしもパズルで九九というのはコメントから教えていただき目から鱗でした。
      あっぷー塾の子も、九九は暗記しているのに「マス」になるとかけ算の式を使えない子が結構います。(実は次男もそうでした)
      結局かけ算も使えなければ意味なしなので、こういったように実際のイメージを持ちながら九九を覚えていくっていいですよね。極端な話、九九を暗記する前にかけ算の概念を理解して欲しいところ…。

      そして賢くなるパズルというドリルの情報もありがとうございます!!これ、すごく気になります♪早速探してみます!もし購入したら記事で紹介させてください~!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です