T-falのクックフォーミー。使いこなせず、慣れるのには時間がかかりそうな件

家電大好きです。そんな私の思いが伝わったのでしょうか? 昨年会社のイベントでT-falのクックフォーミーが当選!!!

私は似たような時短家電のヘルシオ「ホットクック」を持っているため、クックフォーミーは実家に回そうかという話になりましたが、いやいやいや私使います!!

 

左がクックフォーミーです。

 

 

私の持っているヘルシオ「ホットクック」は最も小さい型なだけあって、クックフォーミーが大きく感じます。見た目はちょっともさっとしており、場所を取るかも。

 

ヘルシオ「ホットクック」の特徴は無水調理。対してクックフォーミーは「圧力調理」を特徴とする時短家電です。

クックフォーミーは内蔵レシピがあり、画面で選んでいくと、材料や手順をモニターで表示してくれます。ホットクックのレシピにはないお赤飯を作ってみようと思い、もち米と缶詰を買ってきました。

もち米を水に漬けて待つこと30分、クックフォーミーにもち米とささげを入れました。(この時点で既にやり方を間違えていた様子)

 

中カゴを落し蓋にして、蓋をしめるとこの表示。はいを選ぶと調理が開始されます。

 

 

予熱には若干時間がかかるものの、予熱が終われば圧力鍋なので調理はあっという間です。

 

 

ピーという終了音が鳴ったため蓋を開けてみると、クックフォーミーの表示がおかしいです。「中カゴを取り出して、もち米を入れろ」だと・・・??

ん?わたし最初からもち米を入れていたど・・・。

 

 

この時点でようやく気が付きました。クックフォーミーは、ヘルシオ「ホットクック」のように最初に材料を全部入れてボタン1つ押すだけじゃないということに・・・。

わたし、クックフォーミーもヘルシオ「ホットクック」と同じく、材料は最初に全部入れてボタンを押だけと思い込んでいたんです。(説明書読めよって話ですね)

 

手順を間違えたとはいえ、なんとなくお赤飯のような雰囲気です。(その上美味しかった)

 

クックフォーミーの内蔵レシピは、材料をいっぺんに入れるのではなく「順番」や「途中手順」があるようなので注意です。

お赤飯の失敗にめげず、クリームシチューに挑戦してみましたが、びっくりこの状態で鶏肉を炒めるようです。(置く場所が低いと腰を痛めます)

 

 

モニターに「蓋を閉めてください」とか「水と野菜を入れてください」など表示が出るのでそれに従って調理していくと。「水」の部分で適当な量の水を入れてみたら・・・何やら生ぬるい状態で調理終了。(水を多く入れすぎたらしい)

 

仕方ないので、鍋に移し替えて温め直し。わたし、何やってるんだか・・・。

 

 

クックフォーミー・・・使いこなすのにはまだまだ時間がかかりそうです。そもそも説明書を読んでいない私が悪いのですが、クックフォーミーの内蔵レシピ・・・私には難易度が高すぎです。

今後私はクックフォーミーはマニュアル調理(電気圧力鍋)の方を使っていくのがよさそうなので、近々チャレンジしてみるつもりです。

 

同時に「ホットクック」で作ったポテトサラダ。ホットクックは卵も最初からいっぺんに入れてOK。

そう!!ヘルシオ「ホットクック」の、最初に全ての材料をいっぺんに入れてボタン押すだけという単純さがやっぱり便利です。

↓卵はアルミホイルで包んでスイッチ入れればゆで卵になります↓

 

 

t-falのホットフォーミーは今後使いこなせるよう工夫したいと思っているので、今後また報告します♪♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • もち米と一緒に投入するのは、あさげじゃなくて ささげですよ😅

    あさげと聞くと、落語家さんの顔が頭に浮かんでしまいます。古っ。

    • kashikoさま コメントありがとうございます。きゃ~、間違えました(笑)
      落語家さんのお顔!!
      ご指摘いただきありがとうございます!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です