ダイソンV8はいい?使ってみて分かった「買ってよかったところ」「イマイチだったところ」

 

昨年購入したダイソンV8.私の家電好きが高じて…現在我が家にある掃除機は「ルンバ」「Deebot」「ダイソンV8」の3台になりました。

 

元々普段の掃除はロボット掃除機を使っている(1階はDeebot、2階はルンバという使い分け)のですが、そもそもロボット掃除機の普段のお手入れには「普通の掃除機」が必要になってきます。特にルンバはダストボックスも水洗い不可ですし、フィルターは掃除機を使ってお手入れしなければならないので「普通の掃除機」が必須。

そのため元々ルンバのお手入れ用に普通のコードレス掃除機を持っていたのですが、買い替えた理由がコードレス掃除機あるあるの吸引力の低下です。吸引力を低下させないために、丁寧にお手入れをしているつもりでしたが…。吸引力は弱くなるわ、加えて本体が非常に熱くなったり、また電源が急に落ちたりするようになったため買い替えをしたたといういきさつです。

 

ダイソンV8を使ってみて 正直な感想

ダイソンは吸引力が非常に強いと思っている方もいらっしゃると思いますが、ダイソンは「吸引力がずば抜けて強い」ということはありません。

ダイソンのサイトを見てもどこにも「他社と比べて吸引力が1番強い」とは書かれていないですし、CMでもそのようなことは一切言っていません。現にダイソンは日本製の吸引仕事率の半分以下であるのは有名な話です。(”ダイソンコードレス掃除機の吸引力は実は弱いという事実に驚きを隠せない” こちらの記事が分かりやすかったので参考にどうぞ)

ダイソン公式サイト>>>ダイソン

 

それならばなぜダイソン?というところですが、ダイソンの吸引力が落ちにくいというのは国民生活調査センターのレポートからもわかります。また、元々ダイソンはヨーロッパなど土足文化の地域で使われていた掃除機です。そのためダイソンのヘッドはカーペットに付着したゴミを取る能力に関してはピカイチ。

最近は全面フローリングというおうちも多いですし、我が家も全面フローリングで一部にラグを敷いているという環境です。フローリングであれば、そこまで強い吸引力がなくとも問題がないと思っていたので、もともと掃除機選びに際して「吸引力の強さ」は求めていませんでした。

私が重視したポイントは2つ。

面倒なお手入れをしなくとも吸引力が低下しない

・ラグなどの布製品をきっちりキレイに掃除したい(ロボット掃除機だとラグの埃などはほとんど吸引しない印象でした)

 

この2点を重視した結果ダイソンを購入ということになったわけです。

 

ダイソンの吸引力はどうだった?

実際にダイソンを使ってみて感じた吸引力の印象は「やはり弱い」ということです。

例えば先日フローリングに鉛筆の折れた芯が落ちていたのでダイソンで吸い取ってみたところ・・・ダイソンのヘッドの形状はあると思いますが、いくら鉛筆の芯の上を走らせても全く吸い取ってくれず・・・結局手で拾うという羽目に。

あとはヘッドの形状的に、例えば少し大き目の紙(折り紙8分の1くらい)を間違って吸ってしまうと・・・ヘッドに絡まります。

 

ただ、さすがだと思ったのがラグなど布製品類の掃除です。まずロボット掃除機で一通り掃除をして、ダイソンでラグ(畳2帖分くらいの大きさ)を掃除しました。その際取れたゴミがこちらです。

これ、IKEAの毛のほぼないラグ2枚を軽く掃除しただけ・・・この量のごみです。(閲覧注意です)

 

 

以前持っていた日本製コードレス掃除機ではこんな量のごみが取れたことがなかったので心底びっくり。ダイソンがカーペット掃除に強いというのは本当でした。

 

またカーペットに強いということは、ソファやベッドなどの掃除にも威力を発揮してくれます。私が購入したダイソンV8には布団専用ヘッドも付いているので、布団クリーナーにもなり。今までは放置しがちだったソファやベッド、羽毛布団まで掃除機がかけられて、その上すごい量の埃が取れるのがすごい!!

 

ちなみに、羽毛布団とベッドを軽く掃除した後の埃がこちら。もはや誰か冗談だと言ってくださいというレベルです。

あとはダイソンはヘッドの付け替えが簡単なので、階段掃除の際はササっとヘッドを付け替えて・・・というのが手軽にできます。そのため階段掃除や車内掃除は各段に楽になりました。

また車内はカーペット掃除と同じなので、車の掃除はサッと簡単にだけどすごくキレイになるようになったのもよかったところ。ただ階段は旧引力の弱さからか、2回くらい掃除機をかけないと全てゴミは吸い取ってくれない印象があり。(ダイソンは吸引力をヘッドの真下にかける構造で、日本製はヘッドの真下だけではなく周囲の空気も吸い取る構造だそうです)

 

まとめると購入してよかったところは以下の通り

  • ラグやソファ、ベッドや羽毛布団など布製品の掃除がはかどる
  • ヘッドの交換が簡単なので、階段や車内掃除がはかどる
  • ダイソンだと(なぜか)お客さんの目に触れてもセーフかなという感じなので、すぐ手に取れる場所に置いておける
  • お手入れが超絶楽

 

対してイマイチだったところ

  • (納得して購入したとは言え)吸引力が弱い
  • 立てたまま置けないので、ちょっと手を離してというのができない(すぐ倒れる)

 

 

面倒なお手入れなしでも吸引力は低下しないは本当だった?

既に上に書いてしまいましたが、絶対に書いておきたいダイソンの良いところ。それはお手入れの簡単さです。

以前我が家にあったコードレス掃除機のお手入れは非常に大変で、ダストボックスこそワンタッチで取り出せてゴミを捨てることができたのですが・・・何より困るのがフィルター掃除でした。

フィルターは水洗い不可なので、専用のブラシでせっせと埃を落とさないといけないわけですが・・・。フィルターにたまる小麦粉のようなパウダー状の埃が!いくらブラシをしても無限に落ちてきて、気が滅入るレベルでした。このフィルターのごみを吸い取るための掃除機が必要なのでは(まさかの掃除機2台持ち)と思うくらいで、ただひたすらブラシをかけ続けるのは、まるで修行のよう。

加えて残念なのが、こんなに一生懸命にフィルター掃除をしてもすぐに吸引力が低下してしまうところ。

 

あ、あんまりゴミを吸わないな~と思うと案の定フィルターが埃まみれなので、ブラシで掃除。ちなみにこのフィルター掃除にめちゃめちゃ時間がかかるというこの無限ループ!!

 

でもダイソンならこの無限ループともおさらばで、そもそもダイソンは普段のフィルター掃除は1カ月に1度程度。2か所フィルターがありますが、これがね・・・1カ月に1度取り外して掃除してるのですがほとんど汚れていないんです。というのもダイソンの掃除機は小麦粉のようなパウダー状のゴミを吸引したとしても、ほとんどがフィルターに到達する前に分離してしまうそうなんです。

その上フィルターは水洗い可能。すばらしすぎます!!

 

↓今日撮影したフィルターの画像ですが、新品のようです↓

 

とにかく私が家電に対して望むこと、それは「お手入れの簡単さ」です。ダイソンはお値段も高いですし、正直購入にためらいはありました。ですが結果としては個人的な望みだった「面倒なお手入れをしなくとも吸引力が低下しない」「布製品の掃除をきっちりしたい」、この二つがかなえられたので満足しています。

あとは今後どの程度使い続けられるか?アフターサービスも気になるところなので、また定期的にダイソン掃除機に関する記事を書いていければと思います。

 

★掃除機に関する記事をどうぞ!★

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です