中学準備と小学校の復習(6年)

ホーム フォーラム 家庭学習 フォーラム 中学準備と小学校の復習(6年)

14件の投稿を表示中 - 1 - 14件目 (全14件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #10272 Reply

    penpen

    いつも参考にさせていただいています。

    6年の娘がいます。中学受験はしません。
    学校の勉強は問題なくできていると思っていたのですが、
    6月に受けた統一テストで、算数がかなり悪く。
    その頃、取り組み始めたハイクラス5年も、鉛筆が止まることが多々あり、進めるのを断念しました。

    その後、基礎に戻ろうと、基本の計算ドリルなどを取り組んでいるのですが、
    宿題を丁寧にするため時間がかかり、家庭学習まで辿り着かないことが多く、
    なかなか進みません。

    そんななか、中学での勉強も気になってきました。
    中学に入って生活リズムがつかめてから、中学校での勉強を考えようかと思っていましたが、
    それではずるずる流されてしまう!?
    本人は、英語が心配なようですし、Z会やポピーなどで先取りも復習もできれば、
    と欲張ったことを考え始めた次第です。

    でも、算数がこんな状況ではZ会は敷居が高いでしょうか?
    また、学校の勉強はできているので、ポピーではどうなんだろうと思います。
    今のところ、塾やタブレット学習は考えていません。

    とりとめのない文章で申し訳ありませんが、
    中学受験をしない6年生の秋から冬をどのように過ごすか、アドバイスをいただければ幸いです。
    よろしくお願いします。

    #10275 Reply

    あっぷー
    キーマスター

    penpenさん、中学準備。最近の私のテーマです。ただ最近情報収集を始めたばかりなので、これといった情報を提供できず…申し訳ありません。

    もしこのトピを読んでくださった方いらっしゃいましたら、ぜひ情報お願いしたいです。

    ちなみに、今現在うちで使用している「くもんの基礎がため100%」はスモールステップでとにかく基礎をしっかりとという感じなので、パパママの助けが少しあれば小6でしたら問題なく取り組めるようにも思います。

    全国統一小学生テストは問題等少し特殊ですよね。学校算数が問題なくても点数が振るわないことはじゅうぶんありえることだと思いますし、だからと言って算数が苦手とも限りません。個人的には今の時期の中学数学の先取り、おススメです。

    私もアドバイスいただいたことなのですが、今から3月まであれば中1の数学と英語の基礎は先取り可能。というかまさに「今!」というタイミングだと思います。

    #10277 Reply

    sei

    こんにちは。
    個人で寺子屋塾をやっていて、子どもが中1です。
    こちらは地方公立中学の環境なので、都会の方から見るとかなりレベルが低いお話なのですが、中学数学でつまづくのは実は小学生でやる小数と分数です。
    文字式、方程式ともに分数が出てきた途端にできなくなります。
    (中学生の1学期はほぼ計算ですが、それができないと2学期以降の一次関数ができません)
    6年生後半は、特に分数を完璧に(最小公倍数、最大公約数が一瞬で出てくるレベル)にしておいてください。
    後は計算スピード。
    方程式の中には何度も四則を使うので、1つ1つが遅いと、解き終わりません。
    現在の小学校の授業に普通についていけるのでしたら、中学になっても進み方は違っても、周りのレベルは変わらないのと、計算の方法さえ覚えられれば、1学期は楽にできると思います。
    今やっていることを、速く、正確にできる方がメリットが大きいように感じています(^^
    我が家も統一模試で算数の時間が足りない、というところからスタートして、計算スピードと正確性を重視するようになりましたが、中学生になってからも必要なことでした。
    あくまでも、地方の、中学受験などほぼいないような地域の学校レベルですのが、ご参考までに…。

    #10278 Reply

    ぽっぽ

    こんにちは。
    サンプル数は1なので、いろいろ差っ引いて読んでください。

    宿題に時間をかけない。
    「はじき」なんぞ使わずに速さの問題を解く。
    グラフや表を理解できるようにする。
    比や割合を理解して、さっと解けるようにする。

    上記4つが出来ていなかったうちの子、偏差値50程度の高校で下から一桁順位です。
    家庭では付け焼刃で勉強させて、小学校では、100点取れていました。
    中学で克服できなかったもよう。(それでも中学で平均点を超えていた・・・トホホ)

    seiさんの仰るように、「特に分数を完璧に(最小公倍数、最大公約数が一瞬で出てくるレベル)」も大事かと。
    うちの子、これも難あり。

    グラフや表が理解できないことが、他教科にも影響してます。

    ここからやっと提案。
    簡単にさっとできることを積み重ねるのはいかがでしょうか?
    それこそまずは2.3分でできる程度のものを。

    具体的にこれといった、問題集を求めていらっしゃいますよね?
    私も知りたいです!小4の子どもが小6になったらどうしたらいいのだろう。
    高校生の子が小学生のときには、「今」に手一杯だったものですから!
    いまやってらっしゃる基本の計算ドリルはどんなものを使ってらっしゃるのですか?

    英語は・・・。アルファベットをさっと書けること。皆様いかがでしょう?
    aとd、dとb、pとq、rとv、nとhなど、書き違えない文字を書けるようにする。
    それを中学までにやらなくちゃならないかどうかは、、、皆様どうなのですか?

    #10282 Reply

    penpen

    あっぷーさま、seiさま、ぽっぽさま、ありがとうございます!
    いろいろなアドバイスをいただいて、本当にうれしいです。

    地域の環境と、使っている問題集について補足させていただきます。

    わが地域は、地方で、中学受験をする子はクラスに数名です。
    一番上の子ということもあり、私自身がまわりの情報に疎く、
    中学受験という選択肢があるということに遅くまで気づきませんでした。
    実際に受験するかどうかは別にして、受験という選択肢に気づいていたら、
    検討したり準備したりする機会をつくってあげられたのにな、と思っています。

    使っている問題集ですが、4年あたりまでさかのぼりたいと思って、
    桐杏学園の「計算練習800題 小学4年」
    サイパー「量 倍と単位あたり」
    です。
    どうやら分数や割合が苦手そうだと思ったのと、
    ちょっと難しい問題集だと手を付けなくなるので(ハイクラス5年がそうでした)。
    これらの問題集、1ページは数分だと思うのですが、
    始めるまでが時間がかかります・・・。

    実は私も分数や割合あたりで算数が苦手になりました。
    なので、あっぷーさまがおっしゃる中学数学の先取りですが、
    子どもの手助けができるかどうか・・・(汗)
    でも、「くもんの基礎がため100%」はチェックしてみたいです。

    seiさまのおっしゃる「分数を完璧に」「計算スピードと正確性」、本当にそうですよね。
    どのように培ったらよいのか、もしよろしければ教えていただけないでしょうか。

    ぽっぽさまのおっしゃる「4つ」のこと、なるほどです。
    たぶん、全部できてないと思います。
    速さとか、比とか、問題をこなして身につけるということですよね!?

    本当にすべて参考になります!
    頼りっぱなしで申し訳ありませんが、
    引き続き、おすすめの問題集や勉強方法など、教えていただけるとうれしいです。

    #10285 Reply

    あっぷー
    キーマスター

    penpenさん、トピ立てしてくださったお陰でかなり有益な情報が!!レスくださった方本当にありがとうございます。
    もう、なるほどすぎて何度も読み返しています。
    通分…なるほど…。
    わたしは子供と一緒に家庭学習してきたので、なかなか中学や高校のことは見えておらず。お役に立てずすみません(-_-;)

    #10292 Reply

    sei

    私の地域は中受どころか、普通の市販の問題集ですらレベルが高く感じる、ような小学生がほとんどの地域です。
    そんな小学生、中学生を見ているので、最低ラインからの見極めのお話だと思っていただけたら幸いです。

    私の経験では、計算に時間が掛かり過ぎる場合、数学に時間がかかるので他の教科の勉強ができず、全教科悲惨なことになるケースが目につきます。
    計算が遅いと、同じ量をやっても何倍も時間がかかります。
    また、数学のテストは計算し続けることが求められるので、途中で疲れるようだと、テストを解ききれません。
    そのため、5教科のためにも、速く、正確に、計算し続ける力が、中学生になる前に必要だと考えています。
    実際、計算スピードだけが遅いために、数学の入試問題を時間内に解ききることができず、志望校を下げた子もいました。
    理解しているのでゆっくりやればできるのですが、制限時間があると厳しいです。

    算数の遡りですが、学年で戻っても正直、中学で不要な内容は多いのと、計算以外の理解は中学になってからでも間に合います。
    例えば、速さの計算の意味が理解できない6年生でも、中1でやると精神的に成長している分理解し易いので、私は小学生には理論まで求めないようにしています。
    スピードと持久力が確認できたら、分数、小数など、概数など、中学で必要な、数字を扱う単元だけ単元別ドリルで練習します。
    数字がうまく扱えれば楽になるので、違う単元でもそこそこできるようになります。

    計算の判断の基準ですが、100マス計算がスムーズだと分数に入って良いかと思います。
    私の教室では、たし、ひき、かけ、で1分半を基準にしています。(陰山先生は1分20秒基準)
    あまりのある割り算は3分以内を目標にしています。
    これくらいで、(こちらの地域では)中学生になっても方程式の計算がスムーズにできるレベルです。

    しかし、高学年で今まで計算練習に力を入れていない子の場合、まず100マス解き続けることが難しいです。
    我が家も5年生で計算の遅さに気付いて、100マスを測ってみたら、引き算が20分くらいかかって愕然としました。
    典型的な、「計算し続けることができない」パターンでした。
    計算の練習は中学生はしてくれません。
    どんなに必要だと力説しても、目先の中学生の内容に焦ってしまうのと、大人が促してもやらなくなるからです。
    中学で習う内容は中学でできるので、中学生になったらやりにくいことをしておいた方が良いかな、というのが私の感想です。

    学校の宿題に時間が掛かるとあったので、計算のスピードが気になりました(^^
    こちらでは皆さん、中学受験の話題が中心だというのに、計算のレベルでお恥ずかしいですが、私の経験ではこんな感じです。
    恐らく、ここまでできないケースは全国的にも珍しいのでは?と思うような最低ラインで恐縮ですが、参考になることがあれば幸いです。

    #10300 Reply

    あっぷー
    キーマスター

    seiさん

    すごいです!!参考になりすぎな情報をありがとうございます!!
    (今興奮中)

    うちは子供たちがまだ小学生のため、中学生以降のことも含めた視点が抜けています。

    今回seiさまが書いて下さったことの全てをφ(._.)メモメモ。役立たせていただきます。

    計算し続ける力…やはり小学生時代の計算練習、大事ですね。

    #10302 Reply

    ぽっぽ

    penpenさま
    さかのぼって学習させるの、勇気がいりませんでしたか?
    あんぽんたん高校生が小学生のころ、それができなかった~。いつでも「今」に手一杯で。絶対必要だったのに!
    ちなみに、その当時学年で数名が私立中学校へ進学しました。

    桐杏学園の「計算練習800題 小学4年」、すたろぐであっぷーさんが取り上げているのを拝見して気になっておりました。
    アマゾンを見たら、絶版なのか値段が上がってません?あ~!

    我が家の小4には、取り掛かるのが億劫な量や難しさより、手早く終えられる量と平易さに注意してやらせてます。

    概念を理解といっても、seiさんの仰るように計算そのものに難があると、厳しいと思います。
    ただ、我が子をみて、概念の理解を先送りしたとて、本人に理解する力が自然につくことはないです。
    seiさん、中学で不要な内容が算数にあるかしら?大きな数?

    サイパー「量 倍と単位あたり」をやらせたことがありますが、一日1ページもやりませんでした!
    「今日は楽勝だぜ、パズルだぜ」(こんなセリフ、小6には通用しないですよね。。)と、
    1日5問ほど、私が問題文から線分図を書いておく。
    子どもは線分図をみて解く。これを繰り返しました。

    次に子ども自身で問題文を読んで線分図を書いて解く。
    線分図を書くことに手間取れば、「一つ分がいくつだ?」「全部で何個あるんや?」と要素をこちらが口にしたり、
    私が書いた線分図を解く方法に戻したり。

    「速さの問題だ」と構えず、「時速とは1時間で進む距離」と「時速60キロメートルなら、1時間で60キロメートル進むことだから」と繰り返し言う。
    時間だの分だの60進法の話がでてきたときに
    「落とし穴にはまってないか~?」「それでいいのか~」と合っていようといまいと注意を促す。

    >問題をこなして身につけるということですよね!?
    うちの高校生が小学生時分には、私もそう思ってました。
    最近は概念を理解するのが大事なのではないかと思っています。
    理解するための演習もあろうかとも思います。難しいですね。

    うちの高校生は、入試直前に理科で湿度を求める問題ができてなかったのです。
    割合がわかってない、湿度とは何かを理解してないうちの子は「公式」を覚えるのです。
    もう、あれもこれも公式。覚える公式は山のようにあります。概念を理解していないので、公式もすぐ忘れます。
    今はmolの公式ですって!連れ合いがやはり付け焼刃で攻略法伝授してました。目指せ高校卒業!

    計算の練習はスピードと正確さが大事。
    できることはちゃっちゃと手早く。お習字のような美しい字を時間をかけて書く必要なし。
    スピードと正確さを求めるレベルに到達するには、演習量も必要なのでしょうね。
    計算に関してはseiさんのアドバイスを参考にしたく存じます。

    もうね、何もかもうちの高校生ができなかったことばかりです。いつもその場しのぎに点数を取らせました。
    学校の指導も、理解よりも公式代入で取りあえず点数をとらせる。そのうちに理解できるようになることはありません。
    理解できていなくても、公式代入がなんとなくできれば点数が取れて、中学校で平均点以上です。
    それでも内申点は5段階の4や3で偏差値50ほどの学校には行ける恐ろしさ。
    塾には通ってなかったですが、ほとんどのお子さんが通塾してました。
    同じ塾でも上位から下位まで学校と同じようにいますし、塾に行ったから学力がつくわけでもなさそうで。
    我が子が学力をつけるにはどうすれば良いのか。悩ましい。

    #10303 Reply

    キム

    こういう子供達のための書籍があります。
    小河式プリント中学数学基礎篇(今は新しくなってらようです。)

    中身はやはり小学計算力不足が問題視されており、関連性があるらしい陰山先生の計算問題と類似の問題が順番とスピードを指定して効率的にまとめられています。計算力は慣れでしかないので、何歳であっても思い立ったらここからやるのが良いと思いました。

    逆に言えば、ここからやってしまえば挽回可能じゃないかと思います。目先の結果でなく、半年後の進歩を見据えた学習の仕方を心がけて行きたいなと思います。

    #10304 Reply

    よね

    「よねの備忘録」管理人、よねと申します。

    当ブログのテーマが「公立小中高から難関大学へ」でして、
    大学受験からみた、小学レベル、中学レベルの学習もメインテーマのひとつです。

    まず、小6生の小学校の算数の総復習ですが、

     ①「小学生のための考える算数」(学研)
       「百マス計算」の蔭山先生が、
        昭和40年代の小学校の学習内容を参考に執筆した本です。
       同書の「変わり方」は、速さ、時間、距離の関係を
       最終的にはグラフにまでするもので、グラフ=中1の「一次関数」です。

      マスターさんは、くもん「基礎固め100%」を中学の先取りに
      考えておられておいでのようですが、
      「小学生のための考える算数」
      「語りかける中学数学」(ベレ)をはさんでから
      「基礎固め100%」の中学1年の2冊を行えば、
      それだけで、公立高校入試の中学1年の範囲は60%得点できます。

     ②未来を切り開く学力シリーズ「小河式プリント」(文芸春秋)
      この本の前半は、小学校の算数の復習です。
      「徹底反復練習編」「算数スピード攻略編」は是非やっておいてください。

    次に国語ですが、
     ①「新日本語トレーニング」(小学館)
      ・基礎国語力編(上)(下)
      ・基礎読解力編(上)(下)の4冊をやりましょう。
     ②「小学国語 読解の基礎」(みらい)
       啓明舎という中学受験塾の本です。
       3年~5年向け、とかいてありますが、まったく違います。
       ふつうの書店にはないので、amazonなどで取り寄せてください。

    最後に英語ですが、
     2020年(現在の中学2年生)から、大学入試センター試験に
     替わる新テスト+外部の英語技能テストになります。
     そこで、英検の学習が良いでしょう。
     「小学生」「英検」でgoogle先生に聞くと、
     いろいろでてきますが、
     ・でる順パス単英検5級(旺文社)
     ・小学生のための英検5級合格ドリル(旺文社)
     ・過去問集(各社)
     ・直前対策本(各社)
     この4つが標準ですので、小学生のうちは
     「出る順パス」「小学生のための英検5級合格ドリル」ですね。

    #10311 Reply

    ついに中学の内容が話題になって嬉しいです。

    うちもpenpenさんと同じような環境で、何とか中学で崩れないようにどうするか苦心しています。

    復習が嫌いな娘に戻ってやらせるのが大変で、、、。
    なのでうちはとりあえず先取りすることにしました。

    あっぷーさんの仰るくもんはうちの娘には重すぎて断念。
    薄さとやりやすさ、基礎を完璧にする方法をとって、今は「とにかく基礎 数学」を1章終わるごとに戻って何度もやり直す方式です。

    人よりも3倍時間がかかる娘なので1度目は時間がかかりますが、2度目3度目で何か閃くらしく、分かった時の喜びがやる気に繋がっているようです。
    最近は閃いた時に嬉しそうに報告してくれるようになったので、私も嬉しいです。

    英語はNHK基礎英語1を朝聴いています。
    分かっているのかはイマイチ怪しいですが、苦手意識を持たせず、楽しめるのが大事かなと思い詳しくはつっこまず。
    結構テキスト内容はツッコミどころのある面白い内容です。
    早起きしてくれるのも助かります。

    あとはとても簡単な問題集を2冊買ってみましたが、ゆるーくなので英検の勉強はぜひ取り組みたいです!
    早速調べねば。

    算数は小河式がいいのですね。
    国語はやらせているのですが、音読が結局できない、何度書いても覚えられないでやる気低迷、失敗でした。
    算数もチェックしてみようと思います。

    ガチ受験の子はやっぱり計算力が桁違いです。早い。
    解いてる問題数も相当だと思います。
    うちの娘は計算嫌いなので。何とかしたいです。

    あとは理科もとても簡単な問題集を1冊始めました。

    習い事や田舎故の帰宅時間の遅さから1日3時間程度しか勉強時間がとれませんが、習い事がない日は宿題+数学、理科見開き1ページ、英語は基礎英語と見開き1〜2ページ大体やれているので今はこの流れで+国語の読解力アップに努めたいと思います。

    身近に相談できる人がいないので参考になりました。
    有難うございます。

    #10315 Reply

    penpen

    みなさん、ありがとうございます!
    思い切って、こちらでお聞きして、よかったです。
    このような場を設けてくださって、あっぷーさま、本当にありがとうございます。

    「計算スピードと正確性」、これは算数だけでなく、すべての基礎になるんですね。
    seiさまが教えてくださった100マス計算、学校ではほとんど取り組むことがなく、
    すっかり忘れていました。
    たし、ひき、かけ、で1分半とか、あまりのある割り算が3分以内とか、できるのかな・・・。
    ぜひぜひやってみたいと思います。
    「中学生になったらやりにくいことをしておいた方が良い」という言葉にも心を動かされました。
    seiさま、ありがとうございます。

    ぽっぽさまもありがとうございます。
    「いつでも「今」に手一杯で」にグッときました。
    私も、上の子に対しては、先が見通せない分、「今」しか考えてないように思います。
    気が付けば、あっという間に高校生になるんだろうなあ・・・。
    ところで、線分図、全く使っていないのです・・・。
    「量 倍と単位あたり」は計算問題として解いているようです。
    線分図って、学校で習うわけでもないし、たぶん知らないまま6年生になっています・・・。

    キムさまとよねさまが教えてくださった「小河式プリント」は、同じ問題集なんですね。
    恥ずかしながら、「小河式」って初めて聞きました。
    キムさまの、「ここからやってしまえば挽回可能」という言葉に励まされました。
    ありがとうございます。

    よねさま、たくさんの情報をありがとうございます。
    私が聞いたことも見たこともない問題集ばかりです。
    きっとどれも近くの書店では取り扱ってなさそうなので、amazonなどでチェックします。
    英検も、わが子にはまだまだ先のことだと思っていました。
    知らないことばかりで、新しい世界のドアを開けたような気分です。

    歩さま、歩さまの娘さんも6年生なんですね。
    先取りなんて、スゴイです。娘さんもエライですが、教えることのできる歩さまがスゴイ!
    早起きして基礎英語を聞くなんて、本当に素晴らしいです。
    そして、国語も理科もなんて!
    頑張っておられる方のお話を聞くと、いい刺激になります。
    取り組んでおられる内容を教えていただいて、ありがとうございます。

    中学準備と小学校の復習をどうしたらいいか分からず、
    とりあえず通信教育でも!?と安易に考えていましたが、
    いろいろ教えていただいて、取り組む方法が見えてきたように思います。
    歩さまと同様に、身近にこのような話を相談できる人はいません。
    きっと、相談したら、「すごーく勉強熱心なおうち」とうわさがたちそうです・・・。
    これから、教えていただいた内容を道しるべとして、じっくり取り組んでいきたいと思います。
    みなさん、本当にありがとうございます!

    #10318 Reply

    あっぷー
    キーマスター

    よねさま ブログ拝見しております!
    まさか当ブログにこんな貴重な情報をありがとうございます。

    ちょっとこのトピックがすごい情報満載すぎて~。トピ立てくださったpenpenさん、またレスくださった方ありがとうございます。今後の情報として、記事にまとめられないかなとかいろいろ考えています。

    うちは長男小5のため、中学準備に関してはまだまだ…。ただ自宅塾をやっていることもあり、とても参考になる内容ばかり。目から鱗落ちまくりでした。

    penpenさんが書いてくださった通り、実生活ではなかなか相談できないですよね。わたしは最近隠しても仕方ないか~って「趣味は子供と勉強」と公言していますが、「教育熱心なご家庭みたい…」(もちろんマイナスイメージな感じで)言われているようでショック!

    ま、まぁ教育熱心は間違ってないのでしょうが、なんか自分のイメージとは違うんです(笑)私にとっては「楽しみ」「趣味の1つ」なんですけどね…。

14件の投稿を表示中 - 1 - 14件目 (全14件中)
返信先: 中学準備と小学校の復習(6年)
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">