小学1年生の国語の問題集(言葉・語彙)

ホーム フォーラム 問題集相談 フォーラム 小学1年生の国語の問題集(言葉・語彙)

  • This topic has 16件の返信, 1人の参加者, and was last updated 2 週間、 5 日前 by  さや.
15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全18件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #10301 Reply

    さや

    こんにちは。

    小学1年生と年長の姉妹を育てております、さやといいます。
    この夏頃から、すたろぐさんにおじゃまするようになりました。

    学校の勉強以上、中学受験未満の勉強をさせたいと考えています。

    低学年向けの国語の問題集について相談させてください。

    現在小1長女の国語は、以下の組み合わせで進めています。
    `
    ・読解
    論理エンジン(小1)
    はじめての論理国語(小1)

    ・言葉・語彙
    Z会 グレードアップ問題集 小1 漢字・言葉
    `

    国語の読解は今のところ苦ではないようなので、引き続き出口先生一択で行こうと思っています。
    そのため、次は言葉・語彙面を強化するのが良いかなと思っています。

    低学年向けで、言葉・語彙(反対の言葉、仲間の言葉、長音、促音などなど)を徹底的にやるものはあるでしょうか。
    サイパーの国語にあったりしますか?(公式サイトのサンプルページではその辺りが見極められず・・・)

    読解ドリルに取り組む中で、語彙を強化していくことも考えたのですが
    反対の言葉とか自分でしりとりを作ってみよう、とか、Z会の言葉に特化した問題を
    結構楽しそうにやっているので、どうしようかなと迷っています。

    かつてこんな問題集に取り組んだとか、
    今度こんな問題集をやってみようと思っているなど、色々聞かせていただけると嬉しいです。

    よろしくお願いします。

    #10305 Reply

    シー

    こんにちは
    我が家は、2年生の女の子です^_^
    女の子は男の子と違って、いつか爆発的に伸びる!ということがなく、小さな頃からコツコツと積み上げる必要があると思い、年長の頃から少しずつ 学習習慣の定着を図る意味でも、毎日学習しています。

    娘は算数に比べれば!国語が割と得意です。 読書も好きです。
    ただこれがオススメ!というものはないので、我が家の国語の学習を少し書かせていただければと思います。 参考にならないかもしれません…

    まず 長音について 実はこれ!我が家は大反省点で あまり注意深く学習してやらずに、全国統一小学生テストで バツをもらい慌てて学習させた記憶かあります… 問題集は見つけられなかったので、
    無料プリントで有名な「ぶりんときっず」さんの長音プリントをやりました。長音は 例外も多いので しっかり学習し 暗記も必要ですね。
    ぜひ 見守ってあげてほしいなと思います。 後々、作文で恥を書く!のもかわいそうですしねって、我が家のことでもありますが…。

    また 語彙ですが、いくつか我が家でも作戦は立てています。
    軽いところではやはり、学習まんがですね。
    ・「マンガ×くり返しでスイスイ覚えられる1200の言葉」監修は隂山先生です。 娘は楽しい!とくり返し読んでいますので元は取れました。
    その他にも ちびまる子ちゃんの満点ゲットシリーズは何冊か制覇し今だにくり返し読んでいます。(トイレが多いです… 笑 )

    問題集では
    深谷先生の 「にほんご使いこなす ことばプリント1・2年生」
    これは、優しめでもあり 年長さんも面白いかもしれません。

    それから これが一番大事!と今、重視して学習に取り組んでいるのは、漢字の熟語です。 これは、コツコツときっちり取り組むべきだと思います。 ただ熟語のドリルはなかなかないので
    (少しまえに あっぷ〜さんが熟語のドリルを上げていらっしゃったと思いますが)
    我が家は、ネットで無料プリントも使用していまさが、
    隂山英男の徹底反復シリーズ 漢字プリントに 1〜6年生までの漢字の用例があるので それまずは学年相当までは完璧に、さらに上の学年も近く学習スタート予定です。 ことわざや四字熟語など語彙にも色々ありますが、熟語も大切だと思っています。 以前、あっぷ〜さんが、ハイレベ100漢字を確かオススメされていたと思うので、我が家も今更ですが、戻って学習しようか?と悩んでいます。

    そして 何気に大事にしているのは、説明文の読書や音読を語彙学習の一貫とも思って読ませています。 物語にはなかなか出てこない言葉が、それはもう並びますよ 笑 我が家の娘は、虫などが好きなので偕成社さんの 自然の観察シリーズ読破!を狙っています。
    虫などは女の子は普通食いつかないので… 「世界のともだち」シリーズもオススメはします。読みやすいです。

    最後に 今後取り組む予定の問題集に購入済みなのは、
    先ほどの、深谷先生のにほんごを使いこなすことばプリントの3・4年生と
    ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集です。これは、レベルが色々あるし、学年が上がれば 関連語も掲載されていて、効率的に反対語などが身につくかなと期待の問題集です。

    以上でした。 長々すいません。

    #10309 Reply

    さや

    シーさま

    たくさんご紹介いただきありがとうございます^^

    >年長の頃から少しずつ 学習習慣の定着を図る意味でも、毎日学習しています。
    毎日というのはすごいですね。
    我が家は入学前は本当に何もしていなくて(笑)
    ひらがなも保育園のお友達(くもん教室に通っていた)に教わっていました。

    >「ぷりんときっず」さんの長音プリント
    家庭学習らしきものを始めたのが最近なので、無料プリントサイトの存在も初めて知りました。

    一般の問題集になかなかない問題を、こうして無料で使わせてもらえるのはありがたいですね♪
    さっそくいくつか印刷してみました。(気軽にできるのはありがたいですねー)

    >学習まんが
    学習まんがというのは思いつきませんでした!
    ちょっと検索すると色々出てきますね。本を読むのが好きな子なので、長女にあうかもしれません^^

    >深谷先生の「にほんごを使いこなす ことばプリント 1・2年生」
    そうそう、親としては「国語という教科で良い点数をとってほしい」というわけではなく、
    「にほんごを使いこなして」豊かになって欲しいんですよねー
    良いタイトルだなと思いました(笑)
    お値段もお手頃だし、買ってみたいです^^

    >説明文の読書や音読を語彙学習の一貫
    なるほど!と思いました。
    絵本は好きでよく読むのですが、図鑑というのも良いですね。
    長女は恐竜が好きなので、そのあたりの図鑑をもう少し見てみようかな。

    >ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集
    こちらの名前も初めて知りました。
    「ベーシック」というのがあるんですね、大きい本屋さんで立ち読みしてみようかと思います^^

    出口シリーズで「読解力」、ふくしま式で「語彙力」が身につけば怖いものなしですね。

    まあ、子どもがしっかり取り組めれば、という前提がつくのでそこが一番難しいところですが(笑)

    本当にたくさんありがとうございました。
    まだまだ知らないことが多いなぁと思いました。
    子どもの環境を整えるために、親も引き続き勉強が必要ですね。

    #10310 Reply

    さや

    シーさま

    たくさんご紹介いただきありがとうございます^^

    >年長の頃から少しずつ 学習習慣の定着を図る意味でも、毎日学習しています。
    毎日というのはすごいですね。
    我が家は入学前は本当に何もしていなくて(笑)
    ひらがなも保育園のお友達(くもん教室に通っていた)に教わっていました。

    >「ぷりんときっず」さんの長音プリント
    家庭学習らしきものを始めたのが最近なので、無料プリントサイトの存在も初めて知りました。

    一般の問題集になかなかない問題を、こうして無料で使わせてもらえるのはありがたいですね♪
    さっそくいくつか印刷してみました。(気軽にできるのはありがたいですねー)

    >学習まんが
    学習まんがというのは思いつきませんでした!
    ちょっと検索すると色々出てきますね。本を読むのが好きな子なので、長女にあうかもしれません^^

    >深谷先生の「にほんごを使いこなす ことばプリント 1・2年生」
    そうそう、親としては「国語という教科で良い点数をとってほしい」というわけではなく、
    「にほんごを使いこなして」豊かになって欲しいんですよねー
    良いタイトルだなと思いました(笑)
    お値段もお手頃だし、買ってみたいです^^

    >説明文の読書や音読を語彙学習の一貫
    なるほど!と思いました。
    絵本は好きでよく読むのですが、図鑑というのも良いですね。
    長女は恐竜が好きなので、そのあたりの図鑑をもう少し見てみようかな。

    >ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集
    こちらの名前も初めて知りました。
    「ベーシック」というのがあるんですね、大きい本屋さんで立ち読みしてみようかと思います^^

    出口シリーズで「読解力」、ふくしま式で「語彙力」が身につけば怖いものなしですね。

    まあ、子どもがしっかり取り組めれば、という前提がつくのでそこが一番難しいところですが(笑)

    本当にたくさんありがとうございました。
    まだまだ知らないことが多いなぁと思いました。
    子どもの環境を整えるために、親も引き続き勉強が必要ですね。

    #10320 Reply

    あっぷー
    キーマスター

    さやさん トピ立てありがとうございます。シーさま、貴重な情報をたくさん♪ありがとうございます。

    うちは男子なので、シーさんの情報が役立ちそうです。

    シーさまが書いてくださっていること、今現在国語力壊滅的な我が家の子供たち2人にやらせておけばよかったということばかりです。

    特に「漢字の熟語」は大事です。陰山先生の熟語プリント、1年生のものも「雨天」など難しめの熟語もありおススメですが、絶版かもです。
    そこでおススメしたいのが、私が作った「ぷりすた」という漢字サイト(笑)宣伝すみません。

    そちらでは、漢字熟語をクローズアップして問題プリントを作ったのでみてみてください。

    あとはやはり学習漫画は使えます。ことわざなんかは学習漫画でどんどん覚えていくと後々楽です。

    最終的に語彙力って使わないと身につかないと思うので、ブンブンどりむなど作文を上手に取り入れていくのもおススメです。

    #10342 Reply

    さや

    >私が作った「ぷりすた」という漢字サイト
    わ、ご紹介ありがとうございます。ぜひ使わせていただきます。

    それにしても熟語に特化したドリルというのはなかなか無いものなのですね。

    漢字もやはり一文字だけで覚えても仕方ないですものね。
    熟語を覚えて、さらに文章の中でどんな時にどんな熟語が出てくるのか覚えていくというのが道筋ですよね。

    >ことわざなんかは学習漫画でどんどん覚えていくと後々楽です
    私自身が小学生の頃(3年生くらいかな?)学校の図書室でことわざや慣用句の4コマ漫画を
    それはそれは熱心に読んでいたことを思い出しました。(笑)
    知っていると、単純に知識としてだけではなく、表現の幅が広がる気がしますね。

    >ブンブンどりむなど作文を上手に取り入れて
    最近は学校で、1年生のうちから作文(絵日記?)に取り組ませるようです。
    長女は「まるで◯◯のよう」という直喩とか「だんだんとゆうひがちかづいてくる」というポエムな表現とか(笑)
    なかなか工夫した表現を見せてくれるので、作文の通信教育というのも面白そうだなと思いました。

    たくさんの情報ありがとうございます^^

    #10409 Reply

    あると

    はじめまして、あるとと申します。
    私もさや様と一緒で、小学一年生の娘がいるので、勝手に親近感が湧いております。

    シー様の国語学習の取り組みも細かく対策が書かれていて大変参考になります。

    娘の国語の取り組みは

    読解→論理エンジン Z会グレードアップ読解
    言葉→Z会グレードアップ漢字・言葉
    を中心に+αでふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集 小学生版ベーシックとブンブンどりむをしています。

    うちはシー様ほどレベルは高くなく…(他トピ拝見しました)
    前回の全統小は偏差値 算数→47 国語→50
    今回も前回と同様に算数は最後の大問まで行かず、国語も読解途中(しかもミスだらけ)なので今回も似たような結果になるかなというレベルです。
    国語これからどうしようか悩んでいたので、貴重な情報本当に助かります!

    ブンブンどりむで、副教材というか、お楽しみ要素みたいな感じでクロスワードが付いてくるのですが、それがけっこう四字熟語やことわざ、時事ネタ等も入っていて、楽しみながら言葉を覚えられます。
    娘は四字熟語等はまだ覚えていないので、一緒にやりながらちびまる子ちゃんの学習漫画や辞書で「このページにあるよ」とヒントを出しながら一緒にやっています。
    値段は少し高いですが、学校の日記で先生から「娘さんは文が上手で分かりやすいね」と褒められたり、先日運良く娘の書いた提出課題がブンブンどりむ内の新聞に載ることになり、本人のモチベーションが上がったのが良かったです。

    ふくしま式の語彙力の方はこれから買う予定でまだ持ってないのですが、国語力の方も反対語や言葉を言いかえる力等の問題があるので、私のようなアホ親も頭の整理ができます。

    ぷりんときっずも年長の時にとってもお世話になりました。ちびむすドリルも好きなんですが、ぷりんときっずの方がデザインがポップで可愛いので、がっちり勉強しているという感じにならず喜んでやっていました。
    漢字の先取りもぷりんときっずで進めました。

    陰山の徹底反復シリーズの熟語がとっても気になります。チェックしてみます♪

    #10468 Reply

    さや

    あると様

    はじめまして
    娘さんの取り組み、教えていただきありがとうございます。

    論理エンジンとZ会、同じですね、やはり良いですよね^^

    >ブンブンどりむ
    >学校の日記で先生から「娘さんは文が上手でわかりやすいね」

    おお、素晴らしいですね♪
    わかりやすい、というのはやはり言葉を組み立てる論理が頭に入っていればこそですよね。
    論理エンジンで身につけたものの実践の場になっているという感じでしょうか。

    あっぷーさんの記事にもあったので、ブンブンどりむ、気にはなっているのですが
    お値段厳しいですね>_<
    資料取り寄せだけでもしてみようかな…とやはり気になってきました。

    >前回の全統小
    1年生でもう受けておられるんですね!

    長女の学校ではまだ、点数のつくテストはやっていないようですし、1年生は制限時間がある中でのテストは
    まだまだ難しいかなぁと思っていたのですが、そんなことはないのでしょうかねー

    そう言えば、我が家もドリルを買い足しました。

    先日シー様に教えていただいた「にほんごを使いこなす ことばプリント」を買ってみたのですが
    これがかなり良かったです^^

    こんなに小さくて紙が高級でない(失礼)問題集、自分では選ばなかっただろうと思います。

    例えば、
    ・わかばが、( )
    ・ごみが、( )
    という問題があって、「におう」と「かおる」から選ぶというものがありました。

    「かおる、は’いいにおいがする’ってこと」と言っても
    「においがするなら、’におう’でいいんじゃないの?」と小1長女はかなり混乱していました笑

    こういうのって、考えても分かるものではない、知らないとできないけれど、丸暗記で
    解決するものでもない・・・

    普段から会話で大人の方が気をつけないといけないなぁと、すごくいい気付きになりました。

    #10471 Reply

    シー

    こんばんは^_^

    国語学習… なかなか悩ましく
    また まだ低学年、漢字や熟語を含めた語彙などは
    もちろん大切ですが
    その他に読解や記述、 何をどうしたら?と不安です。
    そのため 同じ低学年のママと情報交換ができる場があること
    本当に嬉しいです^_^ あっぷーさんありがとうございます!

    「にほんごを使いこなす ことばプリント」
    地味ですけど (私も失礼…)いいですよね
    これは 知っていてほしいな、 逆にこんなことも知らないのか?と
    整理できます。 3・4年生にも期待です!

    そして ブンブンどりむもやはりいいのですね!
    我が家も論理エンジン取り組みました。Z会は1年生までやりましたよ。

    最近は 国語もサイパーシリーズの読解の特訓シリーズをいくつか取り組みました。 またこれも地味ですが…
    サイパーシリーズの新シリーズ
    「十回音読と書写」 もよかったです。
    音読の重要性を実感し 2年生になっても音読はとても大切にしています。 また聞いていると 理解して読んでいるかもわかりますし、指導がしやすいのもいいですよ^_^
    次は、音読は大切にしながらも、年明けには暗唱も取り組んで行きたいなと思います。

    #10472 Reply

    シー

    こんばんは^_^

    国語学習… なかなか悩ましく
    また まだ低学年、漢字や熟語を含めた語彙などは
    もちろん大切ですが
    その他に読解や記述、 何をどうしたら?と不安です。
    そのため 同じ低学年のママと情報交換ができる場があること
    本当に嬉しいです^_^ あっぷーさんありがとうございます!

    「にほんごを使いこなす ことばプリント」
    地味ですけど (私も失礼…)いいですよね
    これは 知っていてほしいな、 逆にこんなことも知らないのか?と
    整理できます。 3・4年生にも期待です!

    そして ブンブンどりむもやはりいいのですね!
    我が家も論理エンジン取り組みました。Z会は1年生までやりましたよ。

    最近は 国語もサイパーシリーズの読解の特訓シリーズをいくつか取り組みました。 またこれも地味ですが…
    サイパーシリーズの新シリーズ
    「十回音読と書写」 もよかったです。
    音読の重要性を実感し 2年生になっても音読はとても大切にしています。 また聞いていると 理解して読んでいるかもわかりますし、指導がしやすいのもいいですよ^_^
    次は、音読は大切にしながらも、年明けには暗唱も取り組んで行きたいなと思います。

    #10473 Reply

    孔明

    わたしの敬愛するしろくまさんの
    ブログです。
    国語のことならしろくまさんです。
    それ以外も、いろいろ参考になると
    思います。
    ぜひ!

    https://shirokumafan.wordpress.com/category/%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%AC%9B%E5%BA%A7/%E4%BD%8E%E5%AD%A6%E5%B9%B4%E5%90%91%E3%81%91/

    #10498 Reply

    さや

    孔明様

    教えていただきありがとうございます^^

    さっそく記事を読んでみました。
    特に「語感を大切にする」「違和感を感じられるようにする」という説明に
    私の目標とするところが言語化されたようで、とてもスッキリしました。

    「理由はわからないけど、この言い方は違う気がする」という日本語ネイティブならではの感覚を
    子どもたちには身につけてほしいなと思っています。

    そういう感覚があると、接続詞の扱い含めて、読解はぐっと楽になりますからね。

    また、低学年には作文訓練が大切とありました。
    例を見ると、「たとえば」や「すなわち」を使って、具体と抽象を行ったり来たりするのが
    良いとあり、これは「初めての論理国語」(出口先生)の論理トークのことだ!と
    驚きました。

    好きな食べ物は?例えば?それは何で?などなど
    普段の会話で心がけてはいるのですが、さらに文章として書くといいということですね。

    とても参考になりました。
    ありがとうございます^^

    #10500 Reply

    孔明

    さやさん
    「たとえば」「すなわち」は、ふくしま式もおなじてす(^-^)v

    解説する言葉は違っても、本質は同じってことですね!

    #10503 Reply

    あると

    こんばんは!
    書き込み遅くなってしまい、すみません^^;

    さや様

    我が家は親のレベルも低いので、参考になるか分かりませんが…

    >わかりやすい、というのはやはり言葉を組み立てる論理が頭に入っていればこそですよね。
    論理エンジンで身につけたものの実践の場になっているという感じでしょうか。

    論理エンジンで読解の基礎を。そして、ブンブンどりむのワークでの積み重ねが効きはじめているみたいです。

    例えばですが

    いつしました。
    どこでしました。
    何をしました。

    と整理してから

    いつ+どこで+何をしました。

    と繋げるような問題があるのですが、その練習のおかげか、自分の思ったことを多少整理して書けるようになっています。とは言え、時々とんでもない文章を書いていることもありますが(小声)

    あと、ふくしま式を親子で一緒にやったのですが、普段の会話や説明する時に活用できる感じがいいですね。
    あっぷーさんのブログで時々見かけるしーままりんさんのブログにふくしま式の記事がいくつかありますが、そちらの方が詳しく書いてあります。

    自主学習に取り入れることに決定! 「ふくしま式『本当の国語力』が身につく問題集 小学生版ベーシック」

    そして、我が家も「にほんごを使いこなす ことばプリント」を便乗して買ってしまいました!
    深谷式は知っていたものの、書店で見てこのサイズ…私もこちらでおすすめされなければ見逃しています^^;
    逆にこのサイズが、習い事の送り迎えのスキマ時間用に持ち出しやすいのもいいですね。

    シー様

    サイパーの国語、情報が少ないので嬉しいです!
    「十回音読と書写」の対象年齢4年生なんですね。でもサンプルを見ると娘でもできそうな感じですね。

    そういえば、ブンブンどりむにも毎月音読と模写が一つずつ付いてきます。確かに、分からない所って変な読み方していますね。

    孔明様

    ブログの紹介ありがとうございます。

    「読みが遅い少女」完全にうちの娘でびっくりしました!
    黙読と音読の測定、近いうちにやってみます。

    #10512 Reply

    さや

    シー様

    追加で情報いただいていたのに、見落としてしまいました。申し訳ありません>_<

    >サイパーの新シリーズ
    十回音読!そして書写!
    すごい、何というか、さすがサイパー
    地味だけれど、これ以上ないほど確実なやり方ですね。

    少なくとも低学年のうちは、音読は欠かせないなと私も思っています。

    算数の文章題で小1長女が「わからない」と持ってくることがあるのですが、
    問題文を一度音読させると、こちらが何も言わなくても「ああ、そういう意味かー」となることが多々あるので笑
    目から見て、耳から聞いてというのが、文章の理解には大切なのでしょうね。

    孔明様

    ありがとうございます^^
    ふくしま式でも基本は同じなのですね。
    そうですよね、本質(肝となる部分)は同じになるはずですよね。

    となると、どれを選んで勉強するかは、子どもとの相性、親の理解のしやすさ、
    そして問題集の値段で決めるのがよいでしょうか笑

    あると様

    論理エンジンとブンブンどりむの取り組みについて、追加でありがとうございます^^

    娘のクラスでは月に一度「せんせい あのね」という題で作文の宿題が出るのですが、
    娘の文章が、うーむ、という感じで、

    「どようびに〇〇にいきました。 五くみのともだちと、二くみのともだちと、一くみのともだちといっしょでした。
    五くみのともだちは、すぐにかえってしまいました・・・」

    と、延々と時系列にそって事実を並べるので精一杯笑

    いつ、どこで、なにををもう少しコンパクトにならないものかと思うのですが、
    下手に指摘すると、すねてしまうので難しい;

    そういった点でも、外部の先生に添削してもらうというのは良いのかもしれないですね。

    ふくしま式についての詳しいサイトも教えていただきありがとうございます^^
    国語の問題集のレビューがたくさんあるので、ふくしま式以外もじっくりみてみたいと思います^^

    そうそう、たまたまですが、しーままりんさんのブログにあった「国語ってこどもにどう教えたらいいの?」
    という本を先日から読んでいまして、子どもへの声かけのしかたなど、
    色々勉強しているところです^^

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全18件中)
返信先: 小学1年生の国語の問題集(言葉・語彙)
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">