「陰山 百ます計算」で計算力がアップした!算数を得意科目に変える1冊




 

私がママ友と勉強系の話をしていて一番よく耳にするドリルがこの「陰山メソッドの百マス計算ドリル」です。
教育熱心ではないおうちでも「百マスだけはやらせてる」なんて話も聞くほど。

それだけ”百マス計算”は効果も期待できるドリルということですが、これは実際に陰山 100マス計算をやった我が家でも実証済み。算数を得意科目に変えるためにぜひやっておきたい1冊です。

 

計算練習で思考力が低下することはない

そもそも子どもに単純な計算練習をやらせるのに反対するママもいると思います。ですが私の考えは違って、「計算問題はスポーツで言えば基礎体力」だと思っています。スポーツだって基礎体力がなければ実践での伸びが少ないのは当然です。

むしろ思考力を伸ばすために計算能力を伸ばす必要があるんです。

 

私の弟(早大政経→塾経営成功→現在医大生)は、バリバリの理系で勉強で苦労したことがないタイプ。その弟がよく「小学校低学年の担任の先生が単純な計算問題をひたすらやらせてくれた。そのお陰で今でも数字を見ると何も考えずに数字のイメージが浮かぶ。」と言っています。

また私が勉強を教えている子の中にも『陰山百ます計算』を頑張って全部クリア―することで計算が速くなり、かつ数のイメージが付いたという子がいます。

 

 

陰山メソッド徹底反復『百ます計算』

そんな算数力の大事な要素である計算力を鍛えるのに最適なのが「百マス計算」です。ただし百マス計算自体はインターネットで無料ダウンロードできますし、自作するのも簡単です。

ただ、それでも「陰山メソッド・百ます計算」をお勧めするのにはそれだけの理由があります。

 

 

そもそも百ます計算は、下画像のようなマス目がある表になります。横と縦に数字が並んでいて、数字が交差するところのマス目に答えを書いていきます。
(下の画像は私が自作したもの。このページで公開しています。)

ます計算100マス2jpeg

10マス10マスのます計算なら、マスを全て埋めると100回計算することになる仕組みです。

 

そこでこの「陰山メソッドの百ます計算」。

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」 ※画像はアマゾンリンクです※

 

「陰山 百ます計算」は百ます計算がずらーーーっと並んでいるドリルです。(わり算はます計算ではありません)

すごいのはそのボリュームで、四則演算がそれぞれ2週間分(1日200問を14回分)あります。1ページに100ます計算が2つ入っているので、1ページやるだけで200回計算をしたことになる!!

たし算だと14日分あるので、2週間でたし算をなんと2400問!!

 

「陰山 百ます計算」は500円なんですが、たった500円で、足し算計算2400回、引き算2400回、かけ算2400回(割り算は百マス計算方式ではできないので「あまりのある割り算」になっています。)ができちゃうんです。

これだけやれば計算力が伸びないわけがありません。

 

ちなみに「陰山 百ます計算」は同じ問題を繰り返す構成になっています。

2週間同じ問題を繰り返していると、前回の経験が頭の中に残っていてどんどんタイムがよくなり、劇的に計算能力が向上します

 

え、同じ問題と思うかもしれませんが、実はこれが肝で、要は徹底した反復練習をすることで数のイメージ掴ませようということ。計算練習で数のイメージを掴むには徹底した反復練習が必要です。

かつタイムを書き込む箇所があるので、日に日にタイムが伸びるのを見れば自信にも繋がります。また、中の用紙が厚くなく開きやすいので、低学年でも扱いやすいのもポイントです。

 

確かに100ます計算自体は無料ダウンロードも自作もできます。ただし

  • 1冊で計算が約1万回できる
  • タイムを書き込めるので、振り返ることで自信に繋がる
  • 毎日敢えて同じ問題にすることで数のイメージを掴む

といったメリットがあって500円。ダウンロードしたり自作するよりもコスパよし。これが私が「陰山 百ます計算」を勧める理由です。

 

我が家の長男は小学1年生の時に「陰山 百ます計算」をやりました。たし算、初日のタイムは6分57秒でしが2週間目にはなんと2分50秒に!

本人も日々書き込むタイムをみて「計算ができるようになった」という自信を持ったよう。また学校の宿題でも計算が速くなり、算数の計算アレルギーが軽減されました。

実際は1日1ページ、結構ハードです。何せ1ページで計算200回。特に低学年だったり計算が苦手だと辛いし大変ですが、やり遂げると効果が実感できるのが百ます計算。やって損はないのでぜひチャレンジしてみてください。確実に計算力がアップします。

 

「陰山メソッド 百ます計算」のデメリット

とは言え、この「陰山メソッド 百ます計算」にはデメリットもあり。というのも、例えば1年生でこの「陰山メソッド 百ます計算」をやると、できるのはたし算・ひき算単元までになります。

かけ算は2年生後半でやる九九まで、割り算は3年生までおあずけになります。そのため学校の進度に合わせると1冊仕上げるのに足掛け3年かかってしまうことになります。

となると購入時期によっては最後まで仕上げられず中途半端感が残ってしまう可能性もあります。

 

使い方次第ではありますが、最後まできっちり終わらせたいならば、たし算ならたし算の百マス計算ドリルを使用した方がスッキリ取り組めるかもしれません。

もしくは学年別百ますならば学校進度に合っているので検討してみて下さい。

>>>定番の科学MOOK「陰山・百マス計算」で立ち止まりがあった場合は、「学年別100ます」もお勧め!

 

 

★計算ドリルの記事もどうぞ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です