珪藻土バスマットを初体験!感じたメリットデメリット。あとは花粉症のこと。

以前バンコクに住んでいたことがあるんですが、その時タイ人が「ヤードム」っていうリップクリームのような形状をしたアロマスティックを・・・

あ、これがヤードムです↓↓

香りはヴェポラップ!かなり刺激強めの香りなんですが、それを…タイ人がよく鼻の穴に突っ込んでいて!!オイオイ、やりすぎだろうと。

 

時は経ち花粉症持ちのわたくし。ちょっと前、3日くらい花粉症がひどくて息ができないーー!!ってことががありました。毎年飲んでいる薬を飲んでも効かなくて、家にあるアレルギーの薬を追加して2種類勝手に飲んでみても効かなくて、もうダメと息もたえだえに薬局で新たに薬を買い飲みましたよ。

えぇ1日でどんだけ薬飲むんだよって話で、完全に頭おかしい人だったんですが渦中にいる本人は必至なんですかね。

いつもならすこし嗅いだだけでじゅうぶんなヤードムを鼻に近付けても何の香りもしない!!

気が付いたらヤードムを鼻の穴に突っ込んでました、わたくし。そしたら鼻がスーッとして少し息ができる! あぁやっぱりヤードムは鼻の穴に入れるためにこの形状だったのだと・・・

あ、この写真は私が鼻の穴に突っ込んだものとは違うのでご心配なく・・・

本日も花粉症ですが、先日のあの辛さは全くなく薬も用量通りで効いています。あ、あの時って花粉症じゃなくて風邪だったのかもと今更気が付きました。うむ。

 

そんな花粉症の季節におススメのヤードムについてより知りたい方は私がヤードムを比較した記事をどうぞ!

>>>タイ土産の定番「ヤードム」3種を比較

 

 

気になっていた珪藻土バスマットを購入

 

「洗わなくていい」と以前から話題だった珪藻土バスマットを購入しました。洗わなくていいって何さって感じなんですが、こういう仕組みなんだそうです。

珪藻土には目には見えない無数の小さな穴(孔)が空いていて、表面に付いた水分を”一瞬”で吸収します。吸収した水分が一定量に達すると、自立呼吸をして水分を放出するんです。だからわざわざ乾燥させたりする必要が全くありません!

 

私が購入したのはこちらです。珪藻土バスマットは値段お高めなので購入を躊躇していましたが、Amazonで2000円台のものがあったので思わずポチっ。

 

珪藻土という素材が初体験なのですが、重量あり触った印象は「柔らかいコンクリート」という感じ。ご丁寧に「バスマット」と彫られていました…。重量があるので、脱衣所に置いた際に位置がずれません。

あとは少し粉っぽい感じもしますが、これは最初の数日だけでした。ちなみに写真のやすりのようなペーパー。珪藻土バスマットがあまり水を吸わなくなってきたら、付属のやりりでこすって表面を削ることで再び吸水力が増すそうです。

 

珪藻土バスマット!!本当に洗わなくてよかったのか?気になっていたことと結果です。

 

本当に自然に乾くの?

→置きっぱなしですが気が付くと乾いています。子供たちがビショビショにしても特にお手入れしていませんが大丈夫です。

 

置きっぱなしでOK?

→基本置きっぱなしですが、周囲が濡れてジメジメとかそういう感じは一切なし。すぐに乾く「特殊な床」という印象です。

 

上にゴミが付いたら取れにくい?

→脱衣所なんで髪の毛が上に落ちると取れにくいとかだったら面倒だなぁと思っていました。が、基本珪藻土バスマットは乾いている状態なので、普通に掃除機かければゴミは取れます。我が家はルンバですが、珪藻土バスマットの上も掃除してくれています。

 

すぐ乾く・洗わなくて大丈夫という噂は真実でした。これでバスマットを洗濯するという手間が1つ減ります。ただ私が感じたマイナスポイントが1つだけあり、それは「珪藻土バスマット、冷たい!」ということ。自然素材であることが理由かもしれませんが、お風呂から上がり珪藻土バスマットに乗ると少し水がたまったような状態になり、それも相まって「足がつめたーい!」と。

ただ夏は逆にヒンヤリ気持ちよさそうなので、デメリットでもありメリットでもあるかもしれません。

 

今回、珪藻土製品初体験でしたが、思っていた以上に機能的で気に入りました。子供が不思議がり、コップで水を珪藻土バスマットの上にジャーっとかけていたのにはびっくりしましたが・・・。

バスマット以外にもコースターや時計まで!色々試してみたい♪

 




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

現在目次ページを順次作成しています。完成までもう少しお待ちください。

  完成しているもの↓

  <目次>

  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • うちも珪藻土マット使ってます(*’∀’*)
    が、結局1年しないうちに買い替えに、、、。

    あっぷーさんの品はコンクリートっぽい感じだったんですね。
    うちのは安かったからか、木の板に薄く塗られてるようなものでした。

    初代はニトリでしたが、隙間にやっぱり汚れがついてしまうのか徐々にピンクに、、、(;д;)

    うちの湿気が酷いのも原因なんだと思うんですが。

    本当はいけませんがタワシでゴシゴシ洗ったりもしましたが取れずに買い替えました。

    ただ、マットを洗わずに立てかけるだけでいいのはすごく便利ですよね。
    家族が多いと普通のマット一枚では無理なので助かります。

    因みに壁材としてはとてもいいと思います。
    リフォームの際に一番湿気の酷い部屋の壁を珪藻土にしましたが、和モダンで素敵ですし、壁にカビもつかないので湿気を吸ってくれているんだなと実感してます。

    高い珪藻土マットなら買い替えなくていいのかなとは思うんですが、あっぷーさんのお宅ではどの位もつか、また後日談を聞かせて欲しいです(*´∀`)♪

    • 歩さま コメントありがとうございます。珪藻土マットの使用感、おしえていただきありがとうございます。
      なるほど、珪藻土マットも商品によって特徴がありそうですね。私が購入したものはどうだろう・・・また後日談を書きたいと思います!
      今のところ何の問題もなく使えていますが、梅雨の時期はどうかな~。やはり長く使ってみないと分からない面はありますね。

      お部屋の壁を珪藻土!!素敵すぎます。うちも家を建てる時に無垢材やらいろいろ検討しましたが何せお値段がーーー!!!で断念。
      珪藻土の壁・・・憧れすぎます♪我が家は難しそうなので夢だけ見ておこう(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です