ヘルシオをより便利に使うためのお勧めグッズ

この夏休み、長男の塾弁作りでヘトヘトのあっぷーです、こんにちは。噂には聞いてはいましたが、長男まさかの毎日塾弁2つ(昼食用と夕食用)持ち! 昼食と夕食分の弁当をいっぺんに作らなくちゃいけなくて、それも多少はメニューを変えないとなぁ~。

うーん、なんとも面倒臭い。

でもこの夏はヘルシオのお陰で塾弁2つ地獄も何とか乗り越えられました。

 

例えばある日のヘルシオ。ハンバーグのタネを作って、とりあえずピーマンの肉詰め。あまったタネは小さいハンバーグにしちゃえば、いっぺんで2食分のおかずが完成です!

(え、見た目変わっただけだよねとか、私の料理下手に対するご批判はどうぞ心の中だけに留めておいてくださいませ)

 

天板に並べておまかせスイッチを押すだけ!

 

天板にクッキングシートを敷くので、天板はさほど汚れず洗うのも手間ではない(食洗器だけど)のですが…、ネット検索で見付けた、ティファールのフライパンを使えばお手入れが更に簡単という話です。

 

例えばある日の焼きそばですが、取っ手の取れるティファールに材料を全部入れてヘルシオへ。

出来上がったら、取っ手を取り付けて出します。これなら火傷の心配もないし、最後の味付けだけガス利用ってのも可能です!

 

そんなわけで。ヘルシオを買ったらティファールの取ってが取れるフライパン!一緒に購入しちゃうのがお勧めです。
(ちなみに我が家のヘルシオはAX-XW400ですが、ティファールの28センチフライパンがぴったり収まります)

今後は、下画像のようにキッチンペーパーを敷いて作っていた炒め料理も更にラクチンになりそうです。

 

上のはコストコの冷凍野菜と、豚ヒレブロック、玉ねぎ切って、マイタケを適当に並べて。塩コショウとオリーブオイルだけの手抜き料理ですが、ヘルシオって冷凍食品と常温食材を一緒に並べられるのが本当に便利です。

 

あともう1つのお勧めは、やっぱりキッチンペーパーだとあとあと天板洗う必要があって、それを回避したいってことで、浅いバットを使う方法です。

画像のように耐熱皿を使ってもいいのですが(耐熱皿の中は生姜焼き)、お皿だとどうしても火の入りにムラができてしまいます。

 

そのため、100均でも何でもいいので大小バットを揃えておくと便利! ヘルシオの水蒸気調理ならばステンレスOKです。

 

結論としては、ヘルシオを使うならば取っ手の取れるフライパン&浅いバットがあると便利!天板を洗う手間が省けて時短になるよという話でした。

 

ホットクックも使って更に時短

そんなわけで、我が家のある朝。

ヘルシオで次々にお弁当おかずを作り、ホットクック2つで夕飯作り。ホットクック、1つはお味噌汁、もう1つのホットクックで豚丼です。

(子供たち、肉よりクタクタ玉ねぎが好きなそうなので…玉ねぎたくさん)

 

煮物10分でスイッチ押せばあっという間~。もっと玉ねぎをクタクタにしたければ延長加熱すれば大丈夫!

 

ヘルシオもホットクックも電気調理機なので、食材を切って入れてスイッチさえ押せばあとは他の家事ができちゃいます。キッチンに立っている時間がすごく少なくなるのが快適です。

いやいや、便利な世の中になったものです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です