習字は中学年で始めても効果大。運筆力弱めな子にはやっぱり習字がよかった【体験談】

次男の運筆力のなさには常に悩まされてきました。

小1では、鉛筆で真っすぐな線が書けない・丸(円)が書けない。こんなんだから、平仮名やカタカナなんて次男にとってはハードルが高すぎ。小3くらいでようやく普通に文字が書けるようになったレベル(ただし筆圧の調節はできない)です。

例えば2年前(小3)に外部模試を受けた時の解答用紙です。

 

何かの冗談だと思いたいレベルです。

筆圧が調節できないので、濃い文字で書いてしまうと、消しゴムで消しきれないんですね。逆に薄く書いて、組み分けテストで「読み取り不可能」でバツがついた経験もあります。

 

そんな状態だったので、もう手遅れかなと思いながらも小3で習字を始めた次男。毛筆か硬筆を選べる習字教室だったので、迷わず硬筆を選び、それから早2年が経ちました。

毛筆の方が運筆訓練には良さそうだったのですが、硬筆の方がより多くの文字を書けると思ったのが硬筆を選んだ理由。少しでも人並みな文字を書けるようになってくれれば…そんな心境でした。

 

習字教室ではまずは平仮名とカタカナの練習からスタート。小3でようやく平仮名カタカナが書けるようになったレベルの次男にはよい復習になりました。

長男も同じ習字教室に通っていたのですが、器用な長男は上達も早くて賞をいただいたりしていました。そのため、次男の習字ノートを見ると長男と比べて絶望的な気持ちになってしまう…。ついつい「もう少しキレイな字が書けないの?」なんて言ってしまいそうだったので、次男の習字に関してはノータッチ。

 

そうしたら、先日次男が「ぼく、硬筆で1級になったよ」なんて言うではありませんか。とりあえずは続けてさえいれば級がもらえるシステムなので、大した期待はせず「え~、じゃぁ習ったように漢字を書いてみて」と言うとこちら!!

(次男にしては)めっちゃ文字がキレイになっている!

 

運筆力のなさが表れてはいますが、以前と比べると格段に進歩しているどころか、同じ子が書いた文字とは思えないほど!

 

習字は小学校中学年から習っても効果あり

子供たちに習字をやらせるにあたっては、当初はダメ元っていう心境でした。というのも、習字って小さい頃から習っていないとあまり意味がないと思っていたからです。

習字を通して文字を覚えるのが重要であって、文字を習得してしまった後は矯正が難しい。そんな印象です。

 

なのですが、実際に我が子が2人習字をやってみて、元々器用な長男は順調にキレイな文字が書けるようになりました。そして壊滅状態だった次男でさえ、(時間はかかりましたが)随分な上達がありました。

実際に小学校中学年から習字を習わせてみたら、遅すぎじゃなかった!

 

逆に、ある程度運筆力がある状態から開始すると上達が速い可能性もあり。何事も始めるのに遅いはないと感じました。

 

現在長男は中学受験勉強のため習字はお休みしています。ですが、受験が終わったらまた習字を始めたいと今から楽しみにしている様子。次男は習字をお休みする予定はなし。まだまだ継続して頑張ってもらいましょう~。

 

そんなわけで結論。運筆力がない子でも練習でキレイな文字が書けるようになる!そして練習には習字がすごくお勧め!以上です♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 次男君なんときれいな字!!!
    うちの長男に見習わせたいです。もしかすると、鉛筆の握り方も上手じゃないかな?
    そうすると手が疲れにくいし、字を書くスピードも上がるのでは??
    羨ましすぎます・・・・。

    うちの子たち、どの子も鉛筆の握り方が・・・。あんまりいうと嫌がられるし、もうあきらめてしまったのですが、
    まぁ、ひどいです。ひどい順 長男→次女→長女(どうでもいいですね、こんな順番 笑)
    長女の字はまあまぁで、女子なのでマシかなと思うのですが、汚い時は汚い・・。
    で、次女は字をきれいに書くときはきれいですが、鉛筆の握り方が・・・・これじゃだめだなって思うのですが、
    何百回言っても治りません。もうだめだなぁ・・とこれまたあきらめ気味。。一年生だからまだ間に合うって思うのですが、
    握り方って癖がついちゃうと直しにくいんですよね。。
    でも、まだ遅くないかなー、習字も中学年からでも!!とこの記事をもって希望が持てました!

    というのも、習字、一年生はこの夏休みの宿題で、必修課題ではなかったのですが、本人がやりたいというので、長女の習字セットを使って練習したんです。習ってないので私が教えながら。そしたら、器用な次女はそこそこかけるようになって、本人もうれしいみたいで、「習いたい」って。でも、残念ながら習いたくても習わせてあげれるのは、長女の受験が終わってからね…って話にしてあって・・・。スイミングもそろばんも・・・とにかく長女の受験が終わらないことには、習い事に付き合えないと思って、
    次女の習い事は最小限で本人がどうしてもやりたいというピアノとダンスのみ。
    ですが、この夏の次女の書く習字を見て私がもやもや~~。あぁぁならわせた~い。。。

    で‥ここでしか書けない話なのですが(笑)
    長女、習字やる暇がなくて(いや、実際にはあったと思われます・・・^^;)
    夏休みの宿題、習字か読書感想文という選択肢だったので、迷わず習字!としていたのですが、
    最後の最後までやる暇がなく、(いや、実際にはやろうと思えばやれたはずです・・・^^;)
    ママが書いてあげるよ~ってことで、私がやや崩し気味に書いた習字を夏休みの宿題として持っていきました。

    そしたら、昨日、学校から帰ってきて・・・
    「ママ、どうしよう・・・。習字いつもはあの夏休みの宿題の中から選ばれて出すという話がないのに、
    今年はあのなかから選ばれた人が出るという話になったの・・・。どうしよう・・・。
    私、習ってないし、私、万が一選ばれて、もう一度書いてくださいって
    学校で言われたら・・・・」と困り顔。。

    アハハ。。ごめん、長女よ・・・。習字やらなくていいよ・・・組み分け頑張って!と言ったのは私です(爆)

    組み分けから帰ってきた夜20時、あなたは絵と作文を書いてましたよね。あれに習字もやりなさい!とはとても言えなかったよ・・・ってことで、私が勝手に書いて出せばいいじゃ~んとなって持たせたのですが、ちょっとかわいそうなことをしたかもです。。。

    あ・・・でも、選ばれたかどうかはわかりませんが、長女曰く、
    習字習っていていつも選ばれる子は、もう一つのテーマの習字を書いていたので、そっちのほうで選ばれると思う・・。
    だから、私が(いや、ママが)書いた課題のほうでもし選ばれたら・・・・
    選ばれたくなんかないよーーーーって・・・

    あ~どうか、、、先生、見破って選ばないでくださいって感じです^^;
    って、こんなことを心配しているときって、選ばれないんですよね(笑)

    • kinuさま コメントありがとうございます。
      長女ちゃんの習字選ばれたらどうしよう…という心配分かるのですが、kinuさま家らしいエピソードになんか温かい気持ちになっちゃいました。(長女ちゃんごめん!)
      kinuさま、崩して書いたとは言えきっとすごく上手だったんだろうなぁ~。そしてkinuさまが書いた習字が学校に張り出されている光景も!想像するとなんか「ふふ」って。
      習字選ばれるか分かるまでは緊張しちゃいますね。選ばれないように祈ってますね。

      そして鉛筆の持ちかたは直すの難しいですよね。学校で鉛筆の持ちかた見張れないですし…。
      それで思い出したのですが、次男、低学年の時は変な鉛筆の持ちかたしてました(筆圧が弱かったので、補うために本人なりに強く書けるような変な持ちかた)。
      でも今は正しい持ちかたになってる…!

      習字は硬筆をやっているので、恐らくそこで矯正されたのかと思います。というのも、次男は先生に注意されるのを死ぬほど恐れていて、少し何か注意されただけで泣きながら帰ってくるような性格。
      もちろん習字の先生にも絶対注意されたくないので(;’∀’) 注意されないように持ちかた変えた…、次男あるあるです。

      今は文字を書く機会も少なくなっていますが、それでも文字をキレイに書けるのいいなぁって。(自分の字が汚いので)
      あとは心を落ち着ける訓練にも(笑)

  • お習字教室選びは注意が必要です。先生が実用習字ではなく、芸術的習字を教える先生か
    先生の指導力や教材の進め方を良く聞いてからが良いですよ
    芸術的習字を習いたい人は問題無いですが、実用習字を習いたい人は注意です
    お習字教室探しする時に経験者から(複数人)アドバイスをもらってそこを重視しました

    結局、公文の書写教室に行き当たってそこに通っていました。
    子供と同じ趣味を持ちたいという動機で子供もお習字(かきかた、毛筆)を近所の公文の書写教室に通わせていますが、指導力も抜群、教材は公文(国語、算数)の教室と同じようにスモールステップのしっかりとして教材なのでお手本も良く出来ているのでおススメです
    お手本は実用習字です(芸術的習字ではないです)

    お習字は大人になってから初めても字は上達するので、いつ始めても大丈夫ですよ。
    私も成人してからお教室に通いだした口です

    美文字男子 モテますよ。
    次男さんにそう囁いてみたらその気になってくるのではないでしょうかね。
    スポーツも出来て、字も綺麗だと女子はキュンキュンポイントだよ〜とか
    あとは将来大きな大会とかに出て、学校で有名になった時にサインとか求められた時に字が綺麗だとカッコイイよねとか

    • いちごさま コメントありがとうございます。
      なるほど、教室選び!!全く意識したことがないので、すごく参考になります。
      確かに芸術的習字だったとしたら、今とは全く違う結果になっていました(;’∀’) 今のところは偶然硬筆もあってラッキーだったんですねーー!!
      あとはテキストも確かに影響ありますよね。公文って書写教室があるんですか(驚)
      公文のテキストならば間違いないですし、教室として安心感も抜群ですね。私はいつもの通り下調べゼロで放り込んだのですが、ただ単にラッキーだったということーーー。なるほどです。

      美文字男子かっこいいですよね♪ 大人になると特に文字がキレイな人に憧れます。いちごさまも大人になってからお教室に通い出したとのこと。私も習ってみたいです!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です