【全国統一小学生テスト・2018年度版】通塾せずに全統テストを受ける際の注意点、対策にお勧めの問題集




※全統テスト対策を2018年度版としてまとめなおした記事です※

全国統一小学生テストは四谷大塚主催の全国模試です。最近は全統テストの時期になるとCMも放送されるので知名度がアップしているように思います。

何と言っても全統テストは誰でも受けられて無料!

無料とあって特に対策をせず軽い気持ちで受験される方も多いかと思います。

 

ただし注意しておいた方がいいのが、全統テストの内容は学校のテストとは大きく違うということです。小学校のテストでは出ないような問題が出題されるので、学校では勉強ができる方なのに点数が取れずショックを受ける場合もあります。

塾としては、点数が取れない⇒今から塾に通って対策しましょう。点数が取れる⇒中学受験の見込みありなので、通塾しましょう。とどちらも塾勧誘に繋げられるんですよね。そもそも無料で受験できるのは、塾勧誘の目的もあってのこと。

 

全統テストは塾に通っていないと高得点が取れない?

全統テストの問題には基礎問題も入っており、基礎問題が完璧で平均点程度になるように作られているそうです。基礎問題もあるので、通塾していないと太刀打ちできないことはありません。ただ、学校テストのように「満点が簡単に取れる」テストではないのは認識しておいた方がいいです。

学校テストと同じ感覚で受けると、学校テストのような点数が取れずに自信を失ってしまう場合もあり。そのため、個人的にはある程度対策をして臨んだ方が子供のやる気に繋がるかなぁと思っています。

そこで通塾なしの我が家が全統テストを受けた経験から、家庭でできる全統テストの対策をまとめました。

 

対策1・類似テストで問題形式に慣れる

全統テストが学校のテストと大きく違うのは「出題範囲」です。学校のテストでは出題範囲は決まっています。かけ算の単元ならテストも当然かけ算。ですが全統テストの出題範囲は今まで習ったところすべて。

基礎問題の計算にしても、足し算があったり掛け算があったり、両方が混ざっていたりします。

小さなことのですが、通塾してない子にとってそれは初めての出題方式。あれ?あれ?ってテスト中に頭が真っ白になり力を発揮できない子もいます。

そのため

★全統テスト前には類似問題で問題形式に慣れさせる★

これ、結構重要です。

例えば早稲アカ経由で全統テストを申し込んだ場合には、事前に対策教材として「練習用のテスト問題及び解答用紙」がもらえます(無料で対策授業をしている校舎もあります)。これをやっておくだけでも通塾していない子は随分違うと思います。

全統テストは四谷大塚経由でなくても申し込みできるので、申し込み先で何らかの対策授業や対策教材を用意してくれているか? 申し込みの際は確認してみてください。

 

 

対策2・学校算数より少し難しい問題をやっておく

全統テストは基礎問題を完璧にしたとしても取れるのは平均点くらいと言われています。全統テストで平均点以上の得点を取るのならば、学校算数より難しい問題に慣れておく必要があります。もちろん市販の問題集でも対策は可能で、その場合は教科書準拠ではない難易度高めの問題集を選びましょう。

例えば四谷大塚のはなまるリトルは、学校算数よりやや難易度高めですが、ボリュームもさほど多くないので短時間で一気に終わらせるのも可能です。

 

 

 

もう少し時間をかけて対策したい場合は、ハイクラスドリル120回も良問題集。以前ハイクラスドリルを2巡して全統テストを受けたところ、かなりの高偏差値だったとコメント欄から教えていただいたことありです。

 

更に高得点を狙いたい場合は、当ブログカテゴリーの『中学受験準備の問題集』も参考にしてみてください。ちなみに我が家は小3で「小2最レベ」を使いましたが、全統テストの偏差値は65を超えました。

 

 

対策3・算数では思考力系問題に慣れておく

また算数では思考力を問われる問題も出題されます。低学年向けだと、最近よくでるのがパズル系問題です。

難問というわけではないのですが、慣れていないとテスト時間内に解くのは難しいタイプの問題です。ただし逆に言えば、慣れていればじゅうぶん解ける問題とも言えます。

対策をするとしたら

あたりでしょうか。上記3冊は中学受験勉強にも通じるのでおススメです。

 

 

対策4・国語ははなまるリトルをやっておくといい

国語に関しても全統テストは学校テストとは違います。例えば漢字の問題。

以前長男(小3)が受けた際出た漢字問題は「縦線部を漢字に直したとき、同じ漢字になるものを①~④からそれぞれ1つ選びなさい」でした。

出されている漢字自体はさして難しいものではないのですが、この出題形式に慣れていないとスピーディーに答えるのは難しい。そして漢字で時間を取られると、長文読解がびっくりの6ページ超え(問題文だけで)なので時間が足りなくなってしまうんです。

 

通塾している子どもたちはこういった問題形式(というよりテスト)に慣れています。ですが通塾していなければこういった問題形式さえ初めてという子どもがほとんど。

そのため

★国語で平均点以上を狙いたいのならはなまるリトルがおすすめ★

 

はなまるリトルも全統テストも同じ四谷大塚です。またはなまるリトルには語彙問題から文章読解まで様々な問題が掲載されています。そのためはなまるリトルを一通りやっておけば色々な問題形式に慣れることができます。

 

 

対策4・どこで全統テストを申し込むか?

全統テストは四谷大塚主催の模試ですが、四谷大塚経由でなくても申し込みが可能です。例えば我が家はいつも早稲アカ経由で申し込んでいますが、早稲アカ経由だと無料の対策授業があり、かつ対策教材を無料でもらえます。

また早稲アカ校舎で試験を受け、終了後には解説授業もあり。恐らくどこで申し込むかによって特典も違うので、申し込む際には四谷大塚だけじゃない塾等も確認するのがお勧めです。

ちなみ我が家が受けた早稲田アカデミーですが、最寄の校舎に電話して問い合わせれば対応してもらえるかと思います。

 

 

まとめ

以上通塾していない子が全統テストを受験する場合の注意点と対策をまとめました。

書いた通り、学校の勉強だけできた子にとっては慣れていない形式の出題があります。そのためもし成績が振るわなかったとしても、それは「わからなかった」のではなく「慣れていなかった」からできなかった。そう捉えることが大事です。全統テストだけで「頭が悪い」「できない」なんて決して決めつける必要はなし!

結果は子供の弱点を発見するためのツールとして活用しましょう。

塾は結果がよくなければ「対策のためにぜひ通塾してください」ですし、点数がよければ「可能性があるのでぜひ通塾してください」になります。無料テストは塾の勧誘手段だと割り切ることも必要です。

 

★その他全国統一小学生テストに関する記事です★






6 件のコメント

  • あっぷー様

    ご無沙汰しております。
    前回のコメントから数か月経ちました。
    息子は四谷大塚の新4年準備講座に通っています。
    先日サピックスのテストを受け結果が出ましたので、あとはどの塾に通うのか検討中です。

    夏休みの間はサイパーやスーパーエリート問題集などで自宅学習を進めていましたが、なかなか四谷大塚のテストでは良い結果を出せず、何か勉強の仕方を間違えているのではと考えていますがなかなかその答えが出ません。夫いわく、やらせすぎでただ解くだけになってしまい、身についていないを言います。確かにそこは否めません。

    ご相談ですが、11月の全統テストに向けて対策勉強をしたいと考えています。国語と算数において、ここをというのをアドバイスをいただければと思います。
    準備講座ですが、あまり高度な内容ではなく、準備講座を受けてるから全統テストで高得点を取るのは難しいと思います。

    こちらコメントに残しにくい内容でしたら、メールをいただいても構いません。

    よろしくお願いします。

    • らんらんさま コメントありがとうございます。
      そろそろどの塾にするか検討する時期ですね♪ 息子さんに合う塾が決まるといいですね~! そして受験に向けていよいよスタートも!
      四谷のテストでいい結果が出ないとのことで、塾の先生に一度相談してみるのも手かもしれません。
      もしかして親では気が付かない部分で(計算?文章読解?図形?思考力系問題?)取りこぼしがあるのかもしれません。ただ、小3ですと範囲がないテストなので…小4になればまた全然違った結果になると思います。
      とりあえず入塾までは焦らず弱点克服をメインにしていくといいかもと思いました♪

      全統テストですね。小3秋だと国語はやはり長文読解を読み切れるか? いつも取り組んでいる文章題よりも長いので慣れておいた方がいいと思います。
      算数は最初の計算問題と1行問題は必ず取る。

      すみません、息子さんの傾向が分かればもう少しマシなアドバイスができると思うのですが…こんなことしか書けず…。
      ちなみに次男は小3秋のテストは偏差値60強だったような記憶ですが、そのころから予習シリーズの「計算」と予習シリーズ4年上はなんとなくやらせていました。
      そこをやっていると…等差数列、周期算のような問題には対応できるかと。あとは計算問題や1行問題もできていたと思います。
      役に立たずにすみません~(;”∀”)

      • あっぷー様

        こんばんは。
        ご返信ありがとうございます。

        6月に受けた全国統一テストを結果ですが、計算は満点、数規則性は知識が良い点数で、平面図形は思考の方なら良く、文書問題まったくダメダメと立体図形は思考の方が出来ていました。国語、漢字がまったく出来ず!ことばや物語心情理解は出来てストーリー把握はあまりといったところです。

        自宅で再度問題を解いたところ、それぞれ解けました。

        たびたびすみませんが、全国統一テストに向けて、自宅学習のアドバイスをお願いします。

        因みに、受験した四谷大塚では、あまり親身に相談にのって頂けません。

        • らんらんさま 返信ありがとうございます。
          6月のテストは文章問題(最初の方の1行問題かなと想像しています)が出来なかったのですね。それでしたら…予習シリーズ4年上の演習問題集、基本問題はできそうでしたら先取り的な感じでやってみてもいいかもしれません。
          秋のテスト、意外と4年上の範囲からも出たりするように記憶しているので。
          それかサイパーの和差算・等差数列・植木算あたりをピンポイントでやってみるのもおススメです。サイパーは文章読解力も付くかと思うのでそういう意味でも。
          うちの子供たちは3年時のサイパーで人生変わった(笑)くらいに感じています。

          あとは国語に関しても自宅で再度問題を解いたところ解けたとのこと。
          今回は6月のものを練習でもう一度解いてみて長文に慣れるといいかもしれません。国語は長文がボリュームあるので…まずそこがですね。
          あとは漢字知識は正直これからなのでなかなか対策というのも難しいかもしれません。

          ちなみにですが、早稲アカで統一テストを申し込んだら対策テストがもらえました。そういうのを活用してもいいかもしれません♪

  • 秋の統一テスト初参戦する予定です。
    近所に早稲アカの校舎があるのでそちらで受けます。
    四谷大塚の校舎は遠いので今後もご縁が無さそうです。
    統一テスト受験生全員に対策教材が受験票と一緒に送られてくると思っていたので
    そうではないのですね。
    近所に四谷大塚と提携塾なんでしょうね。別の塾でも会場になっているのですが、そちらを会場に選んでいたら対策教材が無いという事もある。という事なんですね。
    次回も受験する場合に受験会場も考えて申し込まないと通塾していない場合は対策や傾向を知れない恐れがあるという事ですかね。

    良い情報をありがとうございます
    低学年なので、同じ小学校の子とかと鉢合わせにはならないと思いますが
    学年が上がってきたら家から離れた会場も考えていかないとなぁ〜と
    変に目立ってしまうのを避けたいですしね
    なので会場選びは大事になってきます

    • いちごさま コメントありがとうございます。
      うちは早稲アカ経由でしか受験したことがないのですが、対策テキストは早稲アカオリジナルでした。また、対策授業も早稲アカで申し込んだ子のみ(当然ですが(;’∀’))なので、申し込み校舎によって授業の有無が変わるのかなぁと思います。ちなみに早稲アカ受験だと、受験後に解説授業があったりと、まぁもちろん勧誘目的とは言え無料なので結構お得かなと思います。
      ただうちの子供が受けた校舎も高学年になると対策授業はなく対策教材だけ。学年によっても異なるようなので受験前に確認するといいのかなぁと思います。

      おっしゃる通り会場選びは大事ですね。同じ学校の子と鉢合わせ、避けたいですよね。色々と噂されるのもいやですし、知り合いがいない会場の方が気兼ねなく受験できるような気がします♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です