四谷・リーダードリル3年生(計算)は細かい配慮もあり使いやすい! 計算ドリルならこれ!




四谷大塚のリーダードリル。計算と漢字の2種類あり、1年~6年生まででています。

《一歩先を行く》リーダードリル〈算数〉小学3年の計算 (四谷大塚 リーダードリル)《一歩先を行く》リーダードリル〈国語〉小学3年の漢字 (四谷大塚 リーダードリル)

 

四谷大塚からでていますが、難易度は中学受験向けではなく「学校算数よりやや難易度高め」くらい。(小1~小3は入塾準備に最適です。)

中身は飽くまで「計算練習」で、虫食い算や簡単な逆算はありますが、通塾していないと解けない問題はありません。そのため中学受験をしない家庭学習にも最適です。

 

以前小2を購入し使用しましたが、絶妙な難易度と使いやすさには、一言「さすが四谷大塚!」。そして今回、小3を購入。小3もやっぱり素晴らしい内容でした。

 

小3の計算と言えば、割り算とかけ算のひっ算です。このかけ算のひっ算は、特に難しくはないですし、やり方を覚えてしまえばOK。なんですが、2桁×2桁のかけ算ひっ算は、桁を縦に揃えて書かなけなかったりするので、丁寧に練習したい部分だったりします。

まだまだ小学3年生。意外と位(くらい)を揃えて書くのが難しくて、2桁×2桁のかけ算ひっ算は面倒だな~って思うこともあり。そんなこともあり、かけ算ひっ算の計算ドリルには「マス目」を付けて欲しいと思っています。

でも筆算が含まれている計算ドリルで、マス目が書かれているものって、実はすごくすごく少ないです。計算ドリル自体はたくさん売られているのですが、マス目が書かれている計算ドリルはあまりないですし、それどころか、2桁×2桁のかけ算なのに空白が狭くて書ききれないドリルもあり。実際に誰も書いて解いていない状態で販売してるのかなと疑ってしまうドリルもあります。

空白に合わせて文字を小さく書けばいいって思ってるのかな? いやいや、初めて習うひっ算で、文字の大きさを調節して書くなんてできませんって。

 

前置きが長くなってしまいましたが、四谷大塚リーダードリル小3は、かけ算ひっ算にはちゃんとマス目が書かれています。これこれこれ!!って感じです。

 

マス目なんて当然でしょなんて思うなかれ。マス目が書かれているドリルって本当に少ないです。

ちなみに、リーダードリルの用紙はめくりやすく、独立開きも可能。解答を書くマスが大きいので、運筆弱めの子でも取り組みやすいと思います。思えば四谷大塚の中学受験問題集「予習シリーズ・計算」も余白はたっぷり、独立開き可能など、どんな子でも使いやすい作りです。

四谷大塚は元々家庭学習に重きを置いている塾だけあって、子どものことをよく分かっていらっしゃる。そして、中受向けではないドリルも手抜きなしなのがさすがです!

 

今回わたしが購入したのは3年生の計算ですが、3年生の計算ドリルをお探しならば、四谷大塚リーダードリル一択でいいかと思います。他にもドリルは多数でていますが、似たタイプのものが多いです。

小2向けですが、通常の計算ドリルを比較した記事もあるのでどうぞ。

>>>小2のひっ算練習に使いたいドリル。主要5冊を実際に購入して比較。パターン別選ぶポイントも!

 

3年生の日々の計算のみならず、このリーダードリルから予習シリーズ「計算」に繋げていくのもいいかと思います。

リーダードリルは、計算ドリルの中では価格高めですが、購入して失敗はなし。おススメです!!

 

 

★その他「計算ドリル」の記事もどうぞ★






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です