長男が中高一貫校に入学! 庶民が驚いたいろいろ【中学1年生・4月】




親戚中をくまなく探しても、中学から私立だった人は「ただの1人もいない」庶民のあっぷー家です。そのため、我が子が中学受験をして中高一貫校に入るなんて、未だにどこか他人事。

 

長男は中学受験勉強をしていたわけですが、私は「何だかんだ、結局は地元公立だろう」と思っていたので、学校説明会にもほとんど行かずに、気が付いたら受験日前日になっていた!

そんな感じなので、長男の入学式は終わって新生活は始まったものの…本当に第一志望に受かったのかなぁ?長い夢を見てるのかなぁ?なんて、遠い世界を眺めるようです。

 

ま、長男も中学生なんで。私もかなり手は離して(目は離さないように)、対等な大人とそいて接するよう努めています。なんで、地元公立ではなく遠くの私立でよかったのかもしれません。

というのも、長男が入学した中学に知り合いママはいないので、今までのように「長男くん、先生に怒られて皆の前で泣いたらしい」「忘れ物が、クラスで常時3位以内らしい」等々長男の悪い話も聞くことはなく…

私の想像の中では、長男は立派な中学一年生!優等生!(笑)

 

そんな新生活!!私立中学自体が初体験の我が家にとっては、「へーーー!」が意外と多い。もちろん学校毎に特色があり、何も「私立中高一貫だから」というわけではない面もあると思いますが。今のこと新鮮な「びっくり」を備忘録的に書いてみたいと思います。

 

数学が、幾何と代数に分かれている

現在、公立中学の数学の授業時間数(週)は4時間。中高一貫ではそれよりも授業時間が多いのは知っていましたが、びっくりしたのは、授業が「幾何」「代数」に分かれていたことです。

(「幾何」という文字を見て長男が、「明日は図工がある!」と喜んでいました。プっ)

 

よくよく考えてみると、幾何と代数は別に学んだほうが、自然な流れで連続性を持って数学を学ぶことができますよね。(ここに統計を加えてもいいかも~)

調べてみたらこんな参考書がありました。中高一貫では幾何と代数が別にしている学校が多い模様。

体系数学1 代数編―中高一貫教育をサポートする 中学1,2年生用 数と式の基本的な性質を知るチャート式体系数学1 幾何編―中高一貫教育をサポートする 中学1,2年生用

体系数学1 代数編―中高一貫教育をサポートする 中学1,2年生用 数と式の基本的な性質を知る
チャート式体系数学1 幾何編―中高一貫教育をサポートする 中学1,2年生用

 

英語に関しては、中高一貫の授業が諸々工夫されているだろうことは容易に想像できますが。英語以外にも工夫が見られて、地味にびっくり。さすが中高一貫(意味不明)。

ちなみに上記の参考書は早速ポチりました。

 

 

健康診断で採血が!

健康診断の項目に採血があったのにも驚きました。

 

長男、小さい頃から10回以上入院しており、「注射」と聞くだけで自動的に嘔吐できる(笑)ほどの病院恐怖症。入学後の健康診断で採血があると知っていれば、確実に地元公立に進学したと思います。

なので、当日まで知らなくてヨカッタなんですが…。でも長男「採血されてみたら、意外と痛くなかった!」と言っていたので、これも1つよい経験でしょうか。

最近の中学検診では採血があるのか?と思って調べたら、やはり公立中学ではないようです。ですが、私立は検診で採血がある学校、意外とあるようです。思わずママ友に聞いたら「ある。ある」という返答で驚きました。

 

お金を持っていてもよい

いや、これは電車通学だから当然でしょうか? 長男が学校内の自動販売機で飲み物を購入してきて驚きました。

えーー、それってあり!!??なんて、公立中学出身の私はびっくり。ちなみに次男が進学予定の地元公立は非常に厳しくて、お金の持ち込みや寄り道は厳禁!見つかったら部活参加にペナルティありと聞いています。

ある程度自由の度合いが多いのが私立なのかもしれません(中高6年という繋がりがあるのも大きいかも)。

 

以上、長男に関してびっくりしたことを3つ。今後も驚き満載の予定なので、その都度書いていきたいと思います。

 

次男はやっぱり地元公立だな~と思った

総じて思うのは…、ほんとうに良く考えられたカリキュラムに、子どもにとって良い環境が整備(施設も含めて)されているのが私立中高一貫なのだと。いちいち手厚くて驚きます。

ただ、だからと言って「次男も私立へ」と思うかと言えば真逆。

次男は、色んなタイプの子が集まった中でこそやる気になるタイプ。実年齢が周囲より2歳は幼い次男が、まぁまぁ勉強もできるしスポーツもという立ち位置を獲得するのに、彼なりの努力があるのは知っています。

多分、次男は周囲が優秀だと自信喪失して別人のようになってしまう…。

なので、無理して受験勉強をして中高一貫を目指すよりは、次男の成長を待ってからの受験がいいなと思っています。

 

次男自身も受験は望んでおらず、中学で今のチームメイトとスポーツをするというのが第一優先なのがありますが。

 

それにしても次男。スポ少を頑張っているんですが、毎朝ジョギングしたり、自主練したりして、めっちゃ意識高い系です。学校の成績表はほぼオール「よくできる」だし、この子いったい誰の子ーーー!!!!??

 

次男は「いかにも優等生」。でもこういう子って、なんかあざとくて胡散臭いのは…非リアな私の妬みでしょうか?(笑)

 

そういえば、毎朝嘔吐している長男

長男の話に戻りますが、長男は赤ちゃんの時から「吐き癖」があって、例えば何かが喉仏に触れるだけで嘔吐! 少しの刺激臭で嘔吐! 緊張しても嘔吐! もちろん歯科治療は無理で医療センターまで通わなければなりませんでした。

小3くらいまでは毎朝吐いていて、小5くらいから「たまに」になったんでした。

 

新生活が始まってからというもの、長男は緊張感もあってか毎日オエオエしています。

入学式へ向かう道すがらオエオエする長男に「大丈夫?」も言わない私を見た実家の母がドン引きしていました。いやさ、いちいち「大丈夫?」なんて聞いていたら、逆に「吐くって”大丈夫じゃない”ってこと」だって思うでしょっていうのは私の考えです。

 

「吐くならトイレ」「いいなぁ、長男はすぐに吐けて」「ママもお酒飲みすぎた時にすぐ吐きたい」くらいしか声かけしてない…。

 

まだ登校するようになって1週間。しばらくは吐くでしょうが、そのうち吐かなくなったら慣れてきた証拠かな~。相変わらず分かりやすいっ!!単純!!

 

↓なぜか激安↓






2 件のコメント

  • コメントしてくれる人がいないようですね。
    公立高校ながら私の失敗と回復の過程でよければ
    何回かにわけて書いていきますが・・

    • よねさま ぜひぜひ!!というか私がお聞きしたいです!
      (返信前後してすみません)
      そして、お願いがあるのですが、今までよねさまにいただいたコメントを1つの記事として公開してもよろしいでしょうか??
      私自身がすぐ参照できるようにと、見たい方がたくさんいると思うので。ご検討お願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です