【中高一貫】英語教科書のニュートレジャーの特徴とは?備忘録的なまとめ




長男が中学校で使っている英語の教科書が「ニュートレジャー」なのですが、検定教科書かと思ったらそうではないと教えていただき、急遽内容をチェックしてみたら・・・

なんと、出版元が「Z会」となっていてふぉっ!!となりました。

そして調べてみたら、ニュートレジャーは、難易度高めで有名なプログレスと並ぶ教科書だそうで、中高一貫校でも多く使われているそうです。

NEW TREASURE STAGE 1 (ENGLISH SSERIES)

 

ニュートレジャーの特徴

ニュートレジャーは

  • Stage1(検定教科書の中2半分くらいの内容)
  • Stage2
  • Stage3(高校の英語文法の基礎が終了)
  • Stage4
  • Stage5

 

まであり、各ステージに対応した副教材も多々あるのが特徴です。ちなみにZ会出版ではありますが、ニュートレジャーは一般販売はされていないので、学校経由以外では入手不可能です。

Stage1が中学1年生向けですが、学校によって2年生の途中からStage2に入るなど、進度はさまざま。そのため学年ではなく「stage」となっているのかもしれません。

 

ニュートレジャーは進度が速い

ニュートレジャーは検定教科書よりも進度が速いのが特徴。最初に書いた通り、ステージ3で高校英語の文法基礎は終わってしまうようなので、一般教科書との違いはケタ違い。

ちなみに・・・下記の英文はステージ1の最後の方にあった英文の1部。

We have a lot of languages in India. English and Hindi are the two main languages. About 400 million people speak this language in India. But 400 million is not a large number in India. About 1.2 billion people live our country!  In India, each state has its own language. Also, there are many races in India. They use different languages. There are more than 100 languages in India. So we use many languages at the same time.・・・・

なかなか難しいです。

 

ニュートレジャーは単語数が多い

現在、中学生の検定教科書に出てくる英単語は1200語ですが、ニュートレジャーではステージ3まででなんと約3000語だそうです。

ニュートレジャーを完璧にできれば大学受験にもじゅうぶん対応可能ですが、ただしその単語数で苦労する子も多いようです。かくいう我が家も、英語を習った経験はなく中学での英語がスタート。

まったくゼロの状態から教科書に出てくる単語を覚えていくわけですが、1ページ毎に出てくる新単語数が多い!

そのため、長男は「今日は11ページの単語」というように、1日の範囲を決めてコツコツ覚えています。長男は、一人で単語暗記をすると煮詰まるのか?私に「問題だして」と言うので毎日絶賛お付き合い中です。

私が出す問題をひたすら書く方式・・・。でもピクチャーが・・・いつまでも書けない・・・。

そんなわけで、ニュートレジャーはいかに英単語を覚えていくかが鍵。とにかく遅れないように、確実に英単語暗記をしていくのが大事です。

 

ニュートレジャーは教科書ガイド的なものがない

検定教科書ならば、教科書の内容を解説した「教科書ガイド」のようなものが一般販売されていますが、ニュートレジャーにはそれがありません。

そのため、基本は学校の授業をしっかり聞く。授業内で理解してくるのが大前提です。(英単語も、授業内で意味を把握してこないと、自分で全て調べるのは大変です)

授業内容を聞きメモ(ノート)をしていかないと、そもそも後の復習もままならないなんてことになりかねません。また、単語の意味調べに膨大な時間を費やすことになる可能性もあり。

やはりニュートレジャー攻略には「授業をしっかり聞く」が大事だという印象です。

 

Z会ではニュートレジャー対応講座があり

ニュートレジャーをしっかり理解するのが、大学受験にも直結するようですが、それ自体がなかなかハード。

理解できずに付いていけなくなった時は、どうしたらいいのだろうと思ったら。Z会ではニュートレジャー対応英語なるものが開講されています。

映像教材が見放題のプランもあるようなので、どうしてもという場合は使えそうです。

またZ会の通信講座(中高一貫講座)の英語はニュートレジャー対応なので、通信講座を検討している場合はZ会を選ぶのも一案かもしれません。

 

我が家。中学の勉強が・・・一瞬不安になってきて(長男、小テストで早速追試とかなってるし)、資料請求しちゃいました。

Z会>>>資料請求はこちら

※中高一貫の場合。資料請求で必要事項を書いていき、学年を選ぶと「高校受験をする」「中高一貫校である」を選ぶ欄があります※

 

 






6 件のコメント

  • あっぷーさん

    タイムリーな記事をありがとうございます!
    我が家は6年生までZ会の速読英単語のシリーズを活用してましたが、たかだか1300語だったので、やはり手薄だったか、、、とがっかりしております。
    それからニュートレジャー、Z会に講座があるのですね!!
    またまた素晴らしい情報をありがとうございます♪

    息子の学校も小テストと補習がガッツリあるので、もし補習に呼ばれるようなら、資料請求を考えなくては!と思いました。

    長男くんとあっぷーさん同様、私も息子と(中間考査が近いので)毎日、暗唱例文を繰り返しております。お互いにキレたら1回キレるごとに罰金10円。そう決めたら、和やかに暗唱例文がすすむようになりました。

    また、先日書き忘れたのですが、次男くんがタブレットで習得されていると思われる4技能のうちもしも聞く・話すに物足りなさを感じるようになりましたら、舌のポジションを教えてくれるフォニックスの活用をおすすめします。以前よりも、ネットで沢山ヒットするように思います(これ、というオススメのサイトをお伝えできなくてすみません)
    うちの息子は「か」と「た」を混合していたような幼少期でしたが(日本語です)
    舌のポジションを習得したことが、きれいな発音に繋がったと実感しました。
    発音できれば、聞き取りも出来るようになります、、、と言いたいのですが、そこは次男くんの聴力の程度がどの程度かにもよるかもしれません。
    ただ、発音が出来るようになるだけでも、次男くんの英語への自信につながっていけば、と、応援させていただきたい気持ちでいます。

    • なつめさま コメントありがとうございます。
      フォニックス、いいなぁと思いつつ「思うだけ」で終わっておりました。
      フォニックス、舌の位置と聞いて「なるほど」と!確かに、今年行ったセブ島留学でも「舌の位置」はとことん練習しました。
      英語の発音って、舌のポジションなんだぁと目から鱗でした。早速次男に活用させていただきたい!

      そして息子くんとの暗唱♪
      キレる毎に罰金だなんて楽しそう!我が家そういうの大好きなので、さっそく真似させてもらっちゃいます。

  • ニュートレジャー!初めて聞きました。掲載いただいた英文と比較してみて、改めて検定教科書に絶望中です(笑)。
    塾高出身の会社の部下に聞いたのですが、英語が難しいとされる早慶付属に受かるには、準2級相当の英語力がないと話にならないとか。
    公立の学校英語だけでは全く太刀打ちできないし、英語に時間とお金をどれだけ投資できるかが将来的な進路をも分けてしまうのかな、と感じています。

    さて、ちょっとした珍事件のご報告を。先日とある3教科模試を受けまして。
    直後に出来具合を確認したのですが、数学は比較的できた方かもだけど、国語はまた簡単な漢字で2問は凡ミス。
    英語は2級持ってるなら100点取ってこいとハッパかけたにもかかわらずアクセント問題で間違え。
    「ガイジンと話す時にいちいちアクセントとか確認しねーし」と開き直る始末。

    ・・・ったく、と思って総合順位を見たら、約500人中で「1位」。目を疑いました。
    各教科での順位はそれほど高くなかったのですが。
    正直、本人に実力がついているとは到底思えない(まるで本気出してない)ので、
    まぐれでしかないのですが、半分嬉しいやら、半分はもっと本気出してくれと複雑な気持ちです苦笑。

    悔しいけど私も模試で1位は取ったことなく。
    一生に一度の珍事なので、よーく味わっておきなさい、と本人にはいってあります。

    • MMさま 模試が!!!すごすぎます!!!!1位!!!!
      中学からは英語の実力がものをいうと聞いたことがあり。息子くんの英語力もさることながら、家庭学習等々で着実に数国も実力をつけてらっしゃることが窺えます。
      やっぱりMMさますごい。うちもあとに続きたいーーー!!ですが、道が遠く。英語なんかは「るるる~」って遠い目で歌いそうです。
      息子くん、受験は全く問題ないように思います。
      うちの次男も頑張らせなければぁ!!

      • タイムリーに最新で上げてくださった模試のほうが息子の正しい実力を知るのによかったのか、と思ったりしております。通っている塾の模試だったので、レベル的に決して低くはないはずなのですが。。今度受験を検討してみようかなあ。

        息子は底なしの面倒くさがり屋で、見ているこちらが毎日ストレスです。。
        英語は多読で英語脳が作られたのはいいですが、いわゆる受験英語へ対応するのに若干苦労してます。”・だってkitchenはkitchenじゃん、なんで「台所」とか訳すの?“と英語を日本語で考えるのがすでに面倒、なんだそうです。模試では英語は満点でなく、順位でも実は3教科中最も低かったのです(笑)。なかなか上手くいかないですね。

        さて、話変わって、中間テストも5教科の結果が戻りました。
        理科以外は90点以上でしたが、教科書と学校支給のワークさえ丹念にやっていれば95点以上、いや100点満点は取れる内容ですね。
        息子のツメの甘さを説教しましたが、公立中テストってこんなレベルかとかなり拍子抜けしましたちなみに平均点はだいたい60点台らしいです。

        都立は内申ウエイト高いというものの、トップ校(日比谷あたり)では学校の勉強だけできる内申優等生は逆に大学受験へのレジリエンスがないとの見方もしているらしく、多少内申低くても本番の得点力が高い子の方が伸びしろあると判断されるそうです。

        ・・ととりとめなく(いつもすみません)書き散らしましたが、なんとなく学校のテストのレベル、一方で受験で求められるレベルが掴めてきた気がします。

        小6から積み上げ作戦、きっとあとで生きてきます
        。ご次男くんも好きなことは存分に楽しみながら、是非継続して頑張ってみてください!

        • MMさま 息子くん、本当に素晴らしい!
          全統中学生テストでも結果は上位だったのではと想像致します。何せ英語がすごい!そのうえ数学・国語もとなれば弱点なし。
          今後が本当に楽しみです♪ これもMMさまの家庭学習の賜物だろうなぁと思うと、私も次男に対してはもう少しがんばらなければと刺激になります。
          そして高校受験情報もありがたいです。トップ校における内申の位置づけ、なるほど、確かにそうあるべきですよね。
          大学進学を考えると「内申」ではない。内申は、一つのアピール項目ですが、絶対ではないようで安心しました。あ、でもそれだと次男には不利です(笑)
          ですがMMさまに「小6からの積み上げ作戦」を褒めていただき、ちょっと自信になりました。頑張って継続します!(細々と・・・ですが・・・)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です