早稲アカで特訓クラスに入るのは、親の介入が必要だと思った体験談




次男、早稲アカに通塾しており特訓クラス(上位クラス)に在籍しています。この特訓クラスに在籍し続けるのが、高校受験で難関校に合格する近道と言われています。

 

で、特訓クラスに入る方法なんですが・・・。

早稲アカ高校受験は毎月全員が受けられる月例テストというのがあるんですが、その成績でどんなに高得点を取っても特訓クラスには入れません。たとえ順位1位でも入れません。なぜなら、月例テストは基礎問題で難易度が高くないから。

 

そのため、特訓クラスに入るには、難易度の高い模試である「特訓選抜テスト」「難関チャレンジテスト」「駿台模試」いずれかのボーダーをクリアする必要があります。

 

この3つの模試は難易度が高いので、普通に学校の勉強をやっているだけでは点数は取れないんです。というのも、難易度が高いので、やったことない子が突然点数を取るのは不可能だから。

(中学受験で、いくら小学校の成績がよくても組み分けテストでは全く点数が取れないイメージ。)

 

では、レギュラーコースで一生懸命勉強すれば選抜テストに受かるかと言うと、レギュラーコースと特訓クラスとでは授業内容が違うので、対策にはなりにくい気がします。(英語と国語はまぁいいんですが、数学の差が顕著)

 

つまり、特訓クラスに入りたいのであれば、ある程度自分で対策するしかなくて、自分で先生にアピールして対策プリントをもらったり難しい数学問題を練習したりと努力が必要です。

 

 

高校受験を中学受験の塾に例えると・・・思うに・・・(最近中2でレギュラークラスから特訓クラスを目指している子の勉強をみているのもあり)

 

特訓クラス→四谷大塚、サピックス、日能研、早稲アカ

レギュラークラス→地域密着型の少し厳しめの塾

 

このくらい差がある気がします。(英語と国語はそこまでではないんですが、数学の差が顕著)

 

特訓クラスに在籍している子って、中学受験経験者が多いようですし、確かに何かしら対策をしていないと入れないだろうなぁ。ちなみに我が家は、小6の途中から特訓クラスに入れるように多少対策はしていました。

 

だから結局、親が何かしらやらせないと特訓クラスに入るのは難しい

 

そのうえ、特訓選抜テストは申し込みしないと受けられませんし、特訓クラスに入る基準なんかも説明会でされた覚えなし。つまり、親が情報収集してある程度道筋を付けないと特訓クラスには入れないということ。

 

それが高校受験も親次第だと思った理由です。確かに早稲アカって高校受験では1人勝ちのような状態(関東では)。だから、元々実力がある子が早稲アカに入れば何とかなるイメージを持っている人もいるかもしれませんが、それができるのは一握りの気がします。

 

それでは特訓クラスに入るための対策としてはどういった対策(問題集)が最適か??? 次記事では、中1次男の対策(小学生の時からも含めて)。あとは中2の子をみているので、中2で特訓クラスに入る対策も書いてみたいと思います。

 



6 件のコメント

  • なるほど・・・
    あまり明かすと関係者見てると身元バレそうなのですが苦笑。
    実は、だいぶ前にはなるのですが、Wの特訓クラス転塾を検討した際、
    とある筋の紹介で特訓クラスに入るためのテストを受けたことがあります。
    テストは結構難しかったっていってましたね。
    一応スコアはクリアして、特訓クラスの体験授業を受けて、さんざん迷って結局見送ったのですが、なるほど、そういうからくりだったんですね。。。
    なんか体験までにテスト受けて、日程調整して、ってやってたら、時間ばかり喰って、勢いが失せていったのも転塾に至らなかった要因のひとつだったりします。
    ご内密に(って堂々と書いてるし)。

    • MMさま おぉ、そんな経緯があったとは驚きました。
      高校受験は早稲アカの1人勝ちで、早稲アカの立ち位置が受験結果に直結という感じがします。
      わが家も時間のこととか(部活で遅刻しちゃう)があり、転塾も考えたりしていますが・・・。結局立ち位置を知るために早稲アカの模試を受けると思うと、それも2度手間だなぁと(;^_^A
      中学受験のように選択肢がそう広くないのが、高校受験のデメリットかなと思ったり。
      幸い我が家はどこでもOKなタイプなので良かったのですが、早稲アカの「ノリノリ」な雰囲気が合わない子は大変かもと思ったりしています。

  • 本題からそれたコメントばかりでしたので追伸です。
    高校受験準備も小学校からかつ親がかり、というのは仰る通りかと思います。
    うちも高校受験クラスには小5から通わせていましたが、5-6年の時に学習習慣や取り組みへの意識づけをさせたことで(あっぷーさんのように教えることはできないですが)、
    ある程度の貯金は作れているかなと思います。
    あと、通っている塾でも中受経験組は多いですね。

    話変わって、高校の学園祭など、去年やはりもう少し行っておくべきだったと少し反省しております。
    説明会だけでもいっておいたのはせめてもの救いです。。。

    • MMさま まさに私も「高校の文化祭、行ける時に行っておくべきだった」と後悔しています。
      コロナの騒動で、実際に学校をみる機会が少なくて、志望校選びどうなるだろうと少々心配です。たくさん学校を見ないと違いが分からないでしょうし、それに最後は「あの学校に行きたい」という思いの強さだと思うので。
      次男、何もよく分からず「都立もいいなぁ」と言っていますが、都立も長男の通う私立のような設備だと思っているとしたら(-_-;)
      受験日当日にやる気喪失なんてことにならないか笑心配です。

      • 学園祭と説明会も情報内容も受ける印象も異なりますし、子どもにとってなんといってもリアルなのは学園祭なので、ホント小学生のうちからでも行けるときに行くべし!ですよね。
        幸い私自身が塾主催の説明会で可能性のありそうな都立、私立だいたいの学校の様子を把握していたのと、学園祭は小6の時に都立1校、中1の時に私立1校を見に行っていたので、どういう校風が向いていそうか(逆にいえば「この学校はない」という消去法も)、おおよその志望校の方向性は絞り込めています。
        なんでも去年見た私立がたいそう気に入ったらしく(私自身も)、本人曰く第一志望なんだそうです。
        親としては、一応あと2校見てから最終的に決めてほしいのですが、いずれも学園祭は中止なので・・・あー、本当に悩ましい。でも来年のチャンスがまだ残されている分、まだよしと思うほかありませんね。
        特訓クラスのからくりといい、貴重な情報がうかがえてよかったです。また是非情報交換させてください!!

        • MMさま なるほど、私立と都立の学園祭両方見せるというのがすごく良いなぁと。多分雰囲気が全然違いますし、子供も「私立かな、都立かな」という好みのようなものが分かりそうです。
          そういう意味では、男子校・共学も両方見せておきたいなぁ。
          わが家は長男と一緒に私立の文化祭何校かは見ました。が、都立の文化祭には行ったことがないので、どうしても行かせたいのですが今年は難しそうですね。
          今年の受験生はどうやって志望校を決めるのかしらと老婆心・・・。この状況で志望校を決めるなんて酷なので、やっぱり秋入学にずらして秋から1学年スタートとしてほしかったなぁ・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です