読み聞かせなしのわが子たちどうなった?読み聞かせ信仰が怖い




初めての育児・・・分からないことだらけだから育児書とか読むじゃないですか。どの育児書読んでも読み聞かせ読み聞かせ読み聞かせって書かれてますよね。

 

中には生後1か月から読み聞かせするといいとか書かれてるものがあって、

 

はぁあああああ?生後一か月で読み聞かせとか正気? こちらは寝かしつけと授乳で全く寝れてないんじゃい!!

読み聞かせしてる時間あったら私を寝させてくれ。いやまじで。

 

 

読み聞かせ信仰の怖いところは、読み聞かせがさも当然みたいな書き方をすることですよ。

 

読み聞かせは育児に欠かせないもの。成長に必ず必要なものみたいな。

 

それ言われるとまるで読み聞かせしない母親はダメな母親って責められてる気持ちになるんですよ。私真面目だから(おい)特に罪悪感。

 

それで、あー、読み聞かせしない私ってほんとダメな親なんだなあってすごく落ち込むわけです。落ち込むなら読み聞かせしろよって話ですけど、

 

私子供にご飯食べさせて大きくさせるだけでいっぱいいっぱい

長男はアレルギーやらしょっちゅう入院ばっかだし、寝かしつけ必須だし。多動だから動き回って目が離せないし、感情コントロールできないからギャーギャー泣いてばっかだし。

 

絵本読み聞かせしてる余裕なんてないっつーの。だいたい私絵本好きじゃないのに声出して読むのが苦痛!!!苦行!!!

(おっと、絵本が好きじゃないっていう本心がでちゃったテヘ)

 

あ、だから私絵本は読み聞かせしなかったけど、春と修羅はよく暗唱してあげましたよ。

 

「しんしょうはいいろはがねかな・・・あけびのつるはくもにからまり のばらのやぶやふしょくのしっち いちめんのいちめんのてんごくもよう・・・」

真っ暗な寝室で春と修羅暗唱して、たまに感動してうぅって泣く母親怖っ!!!

 

そういえば先日長男に

「なんでママは俺らが子供のころ春と修羅ばっかり読んでたの?」って聞かれたから

「うむ、あなたの育児が辛すぎで、春と修羅の世界観が私の当時の心境だったのだよアーメン」って答えておきました。

 

まぁ言い訳はともかく、私読み聞かせしたことない超絶ダメ親ですが、読み聞かせされたことがない子供たちが実際どういう風に成長したかって話です。

 

ぶっちゃけ・・・普通ですよ普通。読み聞かせしてなかったけど、日本語話せてるので万事OK。

 

国語能力がーーー!!って言いますが・・・まぁ子供たち確かに国語はずっと不得意でしたが、今は困るほどの偏差値ではありません。

親子の絆がーー!!って言いますが、読み聞かせしなかったけど私子供たちと結構仲良しだしなぁ。

読み聞かせすると読書好きになるっていうけど・・・子供たち普通に読書するしなぁ

 

 

いやいやいや、もちろん読み聞かせしたほうがいいに決まってます。でも私みたいに育児でいっぱいいっぱいで読み聞かせする余裕がない人もいるかもしれない。

言いたいのは、読み聞かせしなかったからって罪悪感を覚える必要はないかもーってこと。読み聞かせしてない親いるよ! きっとあなただけじゃないよ!

私の方が読み聞かせしてないから大丈夫だよ! 私読み聞かせしてないチャンピオンだからね。

(もしかして日本広しといえど、ノー読み聞かせ親は私一人だけの可能性もありますが笑)

 

 

みんな私よりいい母親だから大丈夫だよと大きな声で言いたい2022年春でした・・・

 

 



8 件のコメント

  • こんにちは。先日、サイパーの記事にコメントさせていただいた者です。
    私は自分が本が好きで、趣味でどちらかというと熱心に読み聞かせしてた方なのですが、「読み聞かせ信仰」について同感です。
    というのも、うちの子は読み聞かせをたくさんされて育ったのに、文章を読むのが大の苦手。
    国語も底辺と言って良いほど、とても苦手に育ってしまいました。
    本はそこそこ好きだけど、読解力が低いからか自分では積極的には読まず、私が読めば楽しんで聞く…という程度です。

    なんていうか…園の手作り指定とか、お弁当とか、日本人は手間をかけるのが良い子育てだと思ってる節がありますよね。
    私、読み聞かせ以外の面ではあまり子どもに手をかけていない方なので、
    そこそこ元気にまっすぐに育っていればそれで子育て成功だと思いたいのですが、
    このような考えに心折られることがよくあります(;’∀’)
    私は趣味で読み聞かせしてきたので学力に直結しなくても後悔もないし、
    小学生になった今後も読み聞かせは楽しんで続けていくつもりですが、
    子育ての「〇〇しないとこうなるよ」は私も苦手なので、共感しまくりの記事でした。

    • ちびさま うわーん、同じ考えの方がいて嬉し泣きです!!
      そうなんですよ、手間をかける=良い母親=良い親子関係=子供の能力も高まるっていう図式ありますよね。
      だから子供のことを考えてたら手間も時間もかけて当然。それができないなんて信じられない、それでも母親ですか?みたいな。
      (家事なんかも同じ風潮ありませんか)
      手間をかける=愛情 っていうのが根底にあるのがほんとやっかいです。

      いやいや、手間をかけるのが悪いのではなくて・・・もちろん素晴らしいです。素晴らしいことなんですが・・・それに囚われる必要なかったなーと、子供が成長した今だから思う最近です。

    • 連投すみません、一番聞きたいことを質問するのを忘れてしまいました。
      これまで英語教育に全く興味が持てず、放置してきたのですが…
      新指導要領から小学生の間に700単語覚えないといけないらしく、重い腰を上げて英語に取り組もうと思っています。
      中学生の傑作問題集に「中学基礎がため100%英語(文法)」をおすすめされていましたが、
      こちら小学生中学年~高学年でも使えそうでしょうか?
      適さないのであれば、他に小学生向きの英語教材などご存じでしょうか?
      文法も単語も全然知らない状態からのスタートです。
      本人が望まないなら喋れなくても良いので、中学高校で苦労しない程度の英語力を考えています。
      アドバイスいただけますと大変ありがたいです。

      • ちびさま コメントありがとうございます。
        私も英語に全く興味なしで放置してたので・・・多分全然参考にならないと思います(笑)
        私が見聞きして一番よさそうだったのはNHKの基礎英語を聞く!です。
        基礎がためは文法習得にはいいと思います。英語も文法から入ったほうがいい年齢があるような気がして・・・小学校高学年ならばじゅうぶん使える参考書だと思います。

  • 読み聞かせは、親が苦痛ならやらなくても良いと思います。我が家の場合は、私がアナウンサー気取りで音読するのが楽しいので、0歳から小3の現在まで続いています。歯磨きみたいに寝る前の儀式になっていて、ルーティン大好きな子供も当たり前と感じているようなので、やめ時が分かりません。国語や作文、算数の文章問題はかなり得意ですが、読み聞かせとの相関関係は分かりません。直接的には、Z会やブンブンどりむやらの効果かなと思ってます。
    話はちょっと逸れますが、今の子は文章を書く練習は時間が許す限りしておいたほうが良いと、最近の大学入試の傾向を見ていて感じております。また、我が家は、海外大学進学を考えており、海外大学進学におけるエッセイの重要性を知ったからかもしれませんが…。

    • たこさま コメントありがとうございます。
      たこさますごすぎます。読み聞かせがルーティンだなんて、私が子供だったらすごくうれしいなぁ。
      そして文章に関しても!!なるほどです。
      わたし何も考えず育児・・・反省(今更遅い)(-_-;)

  • あっぷーさん
    私も絵本読み聞かせが苦手(絵の想像力を邪魔する感じが)で
    読み聞かせほとんどせず、年少あたりからかいけつゾロリ与えて、すごいね!一人で読めるなんて!!とひたすらに褒め続けたら勝手に読むようになり、
    プレジデントファミリーの本特集あたりで良さげな本をチョイス、買って置いておけば7割は読むように。
    マンガも楽しいよね、と全巻買いをばんばん与えていたら速く読めるように。
    高校公立入試、国語だけは満点で国語(現代文)のおかげで受験を乗り切りました笑
    しかし数学のセンスが壊滅的で小5くらいからやり直したいです笑笑
    数学の種も散りばめるべきでした。。

    • ととろさま コメントありがとうございます。
      おぉおおおお!!読み聞かせしないお仲間キターーーーーーーー!!うれしいです。
      周りは素敵ママばかりで、図書館で大量に絵本を借りてくるのが当たり前なんて感じで常に肩身の狭い思いをしてきましたが・・・
      今になってそう国語がひどくなくて、読み聞かせしない派にも人権をなんて馬鹿なことを思っています。
      ととろさま宅は数学の種・・・
      我が家は理社の種に英語の種にと不足が多くて困り果てています。いや、一番必要なものは意思疎通の種でしたね。ぴえん

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です