スマイルゼミで英検5級を目指す①~序章~




小6で英語初心者の次男、家庭学習のみで英検5級合格を目指しています。2019年度の1月26日に5級を受験を予定しているので、その勉強記録をしていきたいと思っています。

その前に、次男の語学能力の歴史をちょっと書かせてください。

 

★0歳~年中までタイに住んでおり、1歳からタイ語幼稚園に通園。中にはタイ語を流暢に話す子もいる中で、次男!タイ語どころか日本語もままならない状態。(そもそも語学能力が低い次男に2か国語の環境は合っていなかったのではないかと後悔中。)

★赤ちゃんの時から、ずーっと中耳炎だった次男。タイだったからか?服薬以外の治療がなされず、気が付いた時には聴力が低下していました。(今思えばこれが更に語学の発達を妨げたと後悔中。)

 

★小学校では、「まっすぐな線が書けない」。そのため、もちろん漢字はめちゃめちゃ。当然ひらがなもめちゃめちゃ。なぜとなりと同じ文字が書けないのか?理解できずに毎日バトル。(定規で線を引かせて、”これが真っ直ぐだよ!!”と怒ったりしてました)

★低学年の時は作文が全く書けずに授業中泣いてしまう事態に。漢字の小テストも常に再テスト。音読も苦手で、次男の音読は「理解してない」のが明らかでした。(作文の通信”ブンブンどりむ”でだいぶ書く力は付きました)

 

★小4くらいでようやく、「つ」と「す」の発音を言い分けられるようになり、非常にホッとしたのを記憶しています。(今でも「学校に絵の具を持って”くる”」、など文法があやふや。また指示語が多く、何を言っているのかよくわからない)

 

★四谷大塚の組み分けテストを家庭学習のみで1年半受けましたが、国語の偏差値は当然30台もあり。最後5年生夏の組み分けテストで、国語偏差値が50に届き、組み分けテストは終了。

 

★ちなみに学校のテストは国語も含めて、満点。漢字テストも再テストはなくなりました。(次男なりのゆっくりスピードで成長中?)

 

というのが次男の今まで。

こんな次男が英検を受けようだなんて、どれだけ険しい道のり!? だいたい次男が英単語のスペルを暗記できるのか? そもそも英語のスペルも書けないかもしれないし不安すぎる。

 

ですが、高校受験を目指す次男に英語は欠かせませんし、幸い英語留学をしたことで次男が英語嫌いが改善したのも大きかったです。

 

次男と話し、2019年1月の英検を目指そうと決めたのが確か7月くらい(次男小6)。スタートから4か月、少しずつではありますが英語学習を進めています。

 




次男が使っている英語教材

とにかく塾だけには行きたくないという次男。塾に行くなら家出するというので、こちらを使っています。

この3点。

 

これらを詳しく紹介しようと思ったのですが、1つ1つがかなり長くなりそうなので、次記事に続けます。また次記事で、次男の英語進捗状況も報告したいと思います。

次記事に続きます♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です