中2・9月の特訓クラス選抜テストに合格するためにやったこと




6月くらいから、中2で早稲アカ特訓クラスを目指す子の勉強に関わる機会がありました。

 

元々学校の勉強はできる子でしたが、特訓クラスを目指すとなるといくら学校勉強ができたって受かりません。早稲アカのレギュラークラスで勉強したとしても、特訓選抜テスト対策はなし。

というか、レギュラーと特訓クラスで使うテキストが違うので、レギュラークラスから特訓クラスを目指す場合は「特訓選抜クラスの対策」をする必要があるんですよね・・・。

 

6月くらいに特訓クラスを目指すことになって、6月と7月半ばまでは我が家だけで勉強。夏期講習から早稲アカに入り、夏休みは我が家と早稲アカ夏期講習のダブルでした。

 

 

そして!!!今回9月の特訓選抜で見事合格!!

 

中2で特訓クラスを目指す子の参考になればと備忘録的に記事にしておきます。

 

ちなみに私が英語をみて、弟(元塾講師で今は医学部6年生で時間あったので)が数学をみました。書くのは我が家でやったことですが、早稲アカのレギュラークラスの内容は完璧にするのは当たり前、小テストは全部満点取るんだよ~とも話していました。

 

 

★数学★

数学は上位校への数学(スタンダード)と塾で配布される特訓選抜テスト対策プリントをやりました。

※上位校への数学(スタンダード)は中2特訓クラスで使うテキスト

 

難易度高めの問題が初めてだったので、最初は苦戦していましたが「1次関数までを3巡」を目指しました。塾でもらえる対策プリントも最初はほぼできない状態でしたが、「全問正解できるように毎日1ページ」を課題に。

難しい問題を繰り返すとパァっと視界が開ける瞬間があるよ~、繰り返せばだれでもできるようになるよ~と、とにかく「繰り返す」よう口が酸っぱくなるくらい言っていた記憶があり。

 

わが子たちと違い、言われたことはきっちりやる子。自宅での勉強も相当量だったと思います。

 

同じ夏期講習にうちの長男が特訓クラスで通っていたので、長男がやった範囲をうちでやる方式だったんですが、アホな長男が

 

長男「早稲アカでやったところ??全く記憶にないなぁ」
母「は???さすがにノートに書いてるでしょ。ノートを出せ」
長男「ノート忘れたから、紙きれに書いてなくしたよ」
母「・・・頑張っている〇〇くんを応援する気持ち、お前にはないのか」
長男「あるけど、やったところ本当に覚えてない」
母「この非人間!!もはや人に非ず!!っていうか夏期講習代返せ。」

こんなバトルが幾度となく繰り広げられましたよ・・・、ふぅ。

 

 

★英語★

英語は当初be動詞と一般動詞がごっちゃになっていたりと、「なんとなく理解」が気になったので、たくや式を1~6までやってもらいました。自分で採点すると小さいミスに気が付かないので、採点はお母さまにお願いしたりも。

並行して、新中問(発展)の文法問題を繰り返し演習。単語も現在の特訓クラスの子がやっているところまで暗記しました。

 

こんな感じの勉強を3か月! 早稲アカのレギュラークラスの宿題等も当然あるので、かなり努力しただろうな・・・。

 

9月5日の特訓選抜テストはわが子よりもその子が気になって仕方がない~!!

結果が出るまでの約2週間、弟からも「結果はまだか」と何度も聞かれて「いやまだ」「遅いなー」と同じ会話を何度もしました(笑)

 

無事合格していただけでも嬉しいのに、なんとA合格!!

 

もうもう「感動をありがとう」状態。やはり勉強はみんなのもの!頑張れば結果は付いてくると、私自身刺激をもらった出来事でした。

その子は我が家は8月までで卒業ですが、志望校に受かるよう残り1年半、念力を送り続ける予定です。

 

↓現在4は品切れ中だそうです。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です