小学生が【スマイルゼミ中学】で、中学生範囲を先取りできるか試した結果!




 

結論から書くと、小学生が中学範囲を先取りするために「スマイルゼミ中学講座を受講」する、これすごくおススメです。

 

ブログで再三書いている通り、小学校の勉強は問題なくできる子は、中受向け問題集か「小学校以上中受以下の問題集」を探すかしかありません。

その場合、中受向け問題集は難易度が高すぎ、でも小学校以上中受以下の問題集って本当に少なくてガツンとやり込めるものがありません。

 

夏休みくらいから塾でも中学準備講座が始まったりしますが、それまでって宙ぶらりんの状態になりがち。小学校の勉強は問題ない子はこの時期に家庭学習がゼロになる危険もあります。それを回避するためにおススメなのが、「小学生がスマイルゼミ中学講座を受講する」です。

 

今回スマイルゼミ中学講座を受講してみて、小6の子が中学講座受講しても全然できる(むしろ小学校勉強終わらせている子なら小5でも)と感じました。我が家も小5次男がスマイルゼミで中学範囲を先取りしているので、その体験談です。

 

>>>公式HPはこちら ◆スマイルゼミ◆

スマイルゼミ中学講座、子供は自分からタブレットを開く?

まずスマイルゼミ中学講座を自分からやる?という心配から。

前回記事で書いた通り、スマイルゼミには勉強に応じてもらえるポイントがあります。小学生講座の「お楽しみ」はそのポイントを使ってアプリゲームをできること。ただ小学生講座にあるゲームアプリが若干子供向けなイメージで、小学校高学年になると魅力が薄れてしまうかな~と密かに思っていました。

からの!スマイルゼミ中学生講座の「お楽しみ」は、タブレットをandroidモードに切り替えられる。つまり、通常のタブレットとして使えるんです。

画像左上にありますが、ポイントによって使用時間が制限されます。また24時間制で時間により制限することも可能

 

我が家は、(親の権限の元)ゲームアプリをダウンロードしたり、音楽聴き放題サービス(google play music)を利用できるようにしています。

小学生講座のゲームアプリよりは自由度が高いため、子供もかなり嬉しい様子で、androidタブレットをいじりたくて一生懸命ポイントを貯めています。

 

ちなみにandroidタブレットの制限は有料フィルター並みに厳しくできるので安心です。

>>>【スマイルゼミ中学】googleファミリーリンクを使って、無料でタブレットに制限をかける方法

 

このようにスマイルゼミの「お楽しみ」が子供の心をグッと掴む内容なので、我が家はそれ目当てもあり子供が自らスマイルゼミをやっています。

 

とは言え、子供にとってのお楽しみよりも気になるのは内容です。我が家の次男は自学自習なんてとてもできるタイプではありませんが、スマイルゼミのうまいシステムのお陰で結構タブレットを眺めながらフンフン言っていて驚きます。

>>>公式HPはこちら ◆スマイルゼミ◆

スマイルゼミ講座の自学自習ができる!いいところ

※我が家は中学講座の発展コースです。そのため標準コースとは異なる箇所があるかもしれません※

まずスマイルゼミの素晴らしいところは、ジャストシステム社運営だからでしょうか、何と言ってもコンテンツの完成度が高いこと。(ちなみに子供たちが小学校のコンピューターの授業で使用するソフトはジャストシステム社らしいです)

図表や画像などはさすがのハイクオリティ。フルカラーで見やすい画面です。

 

ここでは社会を例にすると、社会のチャプターは以下画像の通りです。

 

ここで各項目の内容を簡単に説明していきます。

 

①基本1で解説文を読む

1から順番に進めていけばマスターできるようになっていて、まずは1の「律令国家の成立」が下画像のようにでてくるので、解説文を読んでいきます。

自分で読んで理解できるかな?と心配しましたが、うまい具合にところどころに問題が混ざってきます。この問題は自分で説明文を読み解答しなければならないので、嫌でも説明文を読まなければなりません。

つまり1では「読んで理解」+「文章を見ながら答える」というシステム。よく考えられています。

 

ちなみに下は理科の基本①です。

 

2基本問題スプリント

1が終わったら2の基本問題スプリントをやりますが、これが我が家にはぴったりの内容でした! なんと、漢字パーツを並べ替えて正解を答える方式。

漢字が苦手で書くなんて絶対嫌だけど単語は覚えて欲しいという願いを叶えてくれました。(ただ毎月同じような内容かは分かりません)

 

よくできているのは、問題がランダムに出題されるようになっていること。最初は全問不正解だった次男ですが何度か繰り返すうちにようやく全問正解! やり直しでは間違えた問題が出るので、覚えるまで繰り返し出題される仕組みです。

 

 

3基本のアジア州・4基本問題スプリント

3・4は1・2と同じような内容で、アジアに関してです。そのためここは割愛。

 

5・6応用

5・6は応用で、例えば歴史でしたら実際に問題を解いていく形式になっています。問題を解いた後には解説動画もあり、ぬかりなさすぎるよ、スマイルゼミ!!

 

7基本「5月のちょいと確認」

ここでまた基本に戻り、4択の選択問題がきます。問題がランダムだったりと工夫されていて、書くのは嫌だけど選択問題ならOKという次男にもぴったりです。

 

その後に仕上げとして「ウデダメシ」があり、「入試問題チャレンジ」があって終了です。

 

ふう(笑) 書いていてもまだあるの?という感じで、この分量の多さ!これなら暗記が苦手な次男でも嫌でも用語を覚えられるに違いありません

 

ざっと社会で説明しましたが、スマイルゼミのメリットをまとめると以下の通り。

  • 分量が多い
  • 講座に強弱があり、取り組みやすい
  • スモールステップなので、全く知識がない状態からでも取り組める
  • 自然と繰り返すシステムなので暗記科目にも向いている

 

小学校高学年でもじゅうぶん自学自習できる内容なのが分かると思います。

>>>公式HPはこちら ◆スマイルゼミ◆

 

スマイルゼミを中学準備に使う際の注意点

結論としては、スマイルゼミは中学の先取りに使える!!なんですが、問題もあります。

それはスマイルゼミでは「入会月より前の講座は受講できない」ことです。そのため我が家のように中学生講座を先取り受講した場合は、4月分~受講できるように時期を選ぶ必要があります。

(我が家は5月に入会したので、中学講座5月からしか受講できません。4月からにしとけばよかったと後悔しています。)

 

また、スマイルゼミは通常と発展コースに分かれていますが、科目毎にコースを選ぶのはできません。例えば英語だけ標準にして、あとは発展コースなどとできればより先取りに使えるのですが…。ただ現状は先取りでしたら標準コースで問題ないという印象ではあります。

 

注意点はありつつ、中学の先取りにも使いたいスマイルゼミ中学講座!!

次男が実際に先取りしていますがおススメです。

↓公式HPはこちらから↓







4 件のコメント

  • こんにちは。2年程前にここを見つけ(一度ご相談させていただいたこともあります)、以来、いつも楽しく拝見しております。
    長くなりますが、うちの現状をお聞きください。
    うちの小3男子ですが、この3月から1学年上でスマイルゼミを受講し始めました。
    1学年上にしたのは、2年生の学校の勉強の範囲(と言っても漢字と計算だけは、ですが)はきちんと理解できており、3月の学習内容が3年生の復習だったので、「3月の1ヶ月で1年分できちゃうんじゃない?だめなら全額保証期間内に退会して、通常の学年で入り直せばいいし」という、親のちょっと子どもに挑戦させたい気持ちからです。
    そして、子どもはタブレットに飛び付き、3月は難なく進んだため、「1学年上にして正解だった」と思っていたのですが、4月に4年生の内容になった途端、国語と算数が進まなくなりました。。。
    (社会・理科・英語は講座数も少なく、内容も好きなようで、順調に進んでいます)
    子どもには「1学年上のことをやっているのだから、分からなくて当たり前。わからないところはお母さんと一緒にやろうね」と声をかけているのですが、子どもから声はかからず、毎月国算については半分くらい積み残しています。
    この現状をどうすべきか、2学年上でもこなしているあっぷーさんからぜひアドバイスをいただきたいです。
    もちろん、今までの次男さんの家庭学習の賜物ということは分かってはいるのですが。。。

    それからスマイルゼミですが、今まで通常の学年でされていて、5月から2学年上にされたのでしょうか?(そういうことは通ったのでしょうか?)
    それとも、一度退会して2学年上で再入会されたのでしょうか?(そうなるとタブレットは2台になりますよね?)
    お忙しいところ恐縮ですが、もしよろしければお教えください。

    • あやぽんさま コメントありがとうございます。
      スマイルゼミ1学年上をやられているのですね。我が家2学年上ですが、実は算数はまったく手を付けていません(敢えてやらせていないです)。
      理社国英はいいのですが、算数(数学)だけは私がしっかりみて教材を選ぶことと、あとは私が直接教えるようにしています。個人的には算数は提供する問題が重要だと思っていて、小学校算数相当ならばいいのですが、先取りや難易度高めならやはり直接教えたいなぁと♪
      息子くん、一度スマイルゼミをママと一緒にやられてみるのはどうでしょうか。そこで、なかなか進まない原因を特定してどうするか決めてもいいかもしれません。もし必要なら算数だけでもスマイルゼミ以外で内容を深めてみたり、あとは算数って先取りも良し悪しがあり。
      うちは基本先取りはせず、今は予習シリーズの単元に沿ってやってるのみ。先取りがいい効果になっているか検討してみてもいいかもしれません。
      先取りしなくてもいいかな~となれば、先取りじゃなく単元を深める(思考力アップ)のもお勧めです。

      多分子供は自分の分からないところが「分からない」部分があり。そこはママが介入してあげてもいいのかなと思います♪(うちは、自分からここが分からないということは全くなく(;’∀’)でも分からないところが分かるってすごいことなので、小学生はそんなものかなぁと)

      そしてうちは4年生後半から、中受勉強に移行したのでスマイルゼミ中心にはしていませんでした。中学受験勉強だと学校勉強よりかなり先取りな内容でほぼ中学の内容…。なので、意外とスマイルゼミ中学講座がぴったりだったという感じです♪

  • 早速お返事ありがとうございます。
    なるほど、算数は手を付けていない!なるほど!
    確かに、学年相当のことはくもんのドリルや、陰山先生のプリントでやっているのだから、本人が分からないところも分からないようなものを、無理にさせなくてもいいですよね。
    本人がやる気になったときに、すかさず一緒にやってみようと思います。
    国語は漢字が好きで、漢字だけは進めているので、半分しかやってなくても仕方ないとは思っていたのですが、こちらも無理せずに進めてみたいと思います。
    1学年先の理社と英語だけでも楽しく進めているのだから、まずはそれで良しと、今の状態を肯定してみます。
    アドバイス、ありがとうございました!!

    • あやぽんさま コメントありがとうございます。
      本当に♪1人で1学年先を先取りしてるってすごいと思います。(うちは自分でどんどん進むのはたぶん無理です(-_-;))
      理社英語って先取りしておくとあとあと(それこそ中学生とか)楽ですし、じゅうぶんスマイルゼミを活用されてるのかなぁと♪
      お互いがんばりましょう!
      そしてスマイルゼミの先取りのことまた情報交換できたら嬉しいです~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です