【スマイルゼミ中学】で英単語をコツコツ暗記中。英単語の暗記はタブレットが効率的!




先日、中学受験はしない次男が家庭学習で使っている問題集のことを書きました。

>>>次男の家庭学習。ゆるーい「中受はしないけど中受勉強はする」で使っている問題集

 

次男の生活はスポ少中心で、家庭学習する時間はほとんどなし。ただ、次男は中学受験をするわけではないし、上記記事の問題集は私の趣味もだいぶ入っているので、のんびり取り組むのでいいんです。

本来、次男がやっておくべきなのは「漢字」「英単語」「社会の用語暗記」!こちらです。

このブログにも幾度となく書いていますが、次男は暗記が異常に苦手です。小学校の漢字テストは再テスト常連。本人は再テストが嫌で一生懸命練習しているんですけどね、何をしても漢字が覚えられないそうです。いい子ちゃんタイプの次男は、漢字テストが不出来なのをだいぶ気にしていて、漢字テストはもはやトラウマ状態。

 

次男が、中学では英単語や社会科用語の暗記で躓くのは目に見えています。できれば英語も社会も嫌いにならないで欲しいなぁ~と願うわけで、そのためには今から英単語や歴史用語を1つでも多く暗記できていたらいいなと思うわけです。

 

次男が暗記に使っているのはスマイルゼミ

そんな次男。暗記が苦手なだけではなく「書く」のも好きではありません。そもそも運筆力がなく、筆圧の調節も苦手なので、文字を書いていると腕が疲れてしまうそう。

その点タブレットならば腕が疲れないので、スマイルゼミは暗記用タブレットにもってこいです。

 

ちなみに・・・我が家では、youtube視聴はスマイルゼミのコインをでというルールがあります。最近の小中学生、youtube大好きですよね。次男もyoutube視聴したくてたまらなくて、そのためにはスマイルゼミでコインを貯めるしかありません。

我が家の設定はスマイルゼミの1ptで5分androidモードができるようになっています。1講座受講につき最大4ポイントもらえるので、1講座クリアすると最大20分間Androidモードを使うことができる計算。英語は積極的にやって欲しいので、英語は倍ポイントもらえるように設定しています。

このあたりの設定が自由にできるのは、スマイルゼミの良さです。

 

設定画面から、現在何ポイントたまっているかも確認できます。現在次男は46ポイント! 次男は何ポイントたまった~と、スマイルゼミをニマニマしながらよく眺めていますよー!

次男、コツコツスマイルゼミは頑張っているのですが、どうしても理数系教科ばかりに偏ってしまうのが悩みです。

今月の講座も数学なんかはさっさとコンプリート。

 

でも苦手な英単語や社会はどうにかして避けようとするので・・・最近、私が横について「英単語」トレーニングをやらせています。英単語暗記は毎月配信される講座ではなく、最初から入っている『暗記&実技』になります。

『暗記&実技』の英語を選択すると、画像のような画面になります。

 

  • レベル1:①②
  • レベル2:①②・・・のようになっていて、英語は現状レベル34まで。合計68回分です。

 

レベルの右側に書いてあるのが、単語数です。例えば上画像だとレベル1の①は、23/23となっています。これは次男が23個全て英単語を覚えたという意味になります。

 

レベル1を押すと、このようにレベル1①で覚える単語一覧がでてきます。

 

スタートを押すと、単語テストが始まります。

 

通常配信される講座の英単語は、アルファベットを選択する方式。ですが、『暗記&実技』の英語はみずからスペルを書く方式です。

 

上画像は次男が書いていますが、書き込むとスペルが自動認識されます。汚い文字だと正確に判定されないので(次男は、よくaがuと認識されるなど)、少しずつキレイに書こうという意識がでてきています。

 

答え合わせの際には発音も再生されるので、発音とスペルをリンクさせて暗記することができます。(英単語帳にはない、タブレットのメリット!)

 

23語のテストが終わると、間違えた英単語だけがリストアップされてでてくるのでこちらで練習します。

 

練習が終わったら、間違え直しテスト。これを完璧になるまで繰り返します。

 

スマイルゼミで英単語暗記をどんどん進める

ぶっちゃけ、すごく苦しみながら…そしてすごく時間はかかりましたが、次男どうにかレベル1の①をコンプリートしました!!

スマイルゼミの仕組みは、間違えた単語は間違え直し…なのですが。我が家では、1問でも間違えたら最初からやり直しにしています。 そうすることで、繰り返し英単語を書けるのでなかなか良いです。(次男にとってはハードですが)

我が家は暗記苦手な次男なので苦労していますが、暗記が苦手でないのなら、この『暗記&実技』でどんどん暗記を進めていけそうです。英単語の暗記は避けては通れないもので、特に最初は大変。ただコツコツ進めていくことで、ある程度法則が見えてきたりするもの。

自分で単語帳を使って覚えるのもいいですが、それだとスペルミスに気付かなかったり、あとは発音とリンクさせられないデメリットもあります。

 

その点、スマイルゼミならばスペルを自動判定してくれますし、同時に発音も聞くことができます。以前から、暗記はタブレットと親和性があると思ってきましたが、英単語暗記はタブレットで!!これなかなかおススメです。

 

今後も苦労するのが目に見えている英単語の暗記ですが、コツコツ進めていければと思っています。以上、スマイルゼミの英単語暗記についてでしたーー!!!

 

スマイルゼミの資料請求もどうぞ>>>◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


★その他スマイルゼミ中学生の記事もどうぞ★






6 件のコメント

  • お邪魔しますヽ(´ー`)ノ

    この機能は標準にもついてる機能でしょうか?
    特進クラスだけなのでしょうか?
    お教えいただければ幸いです。

    • タラオさま コメントありがとうございます。
      こちら、標準にもついていますよ~。小学生スマイルゼミにもある機能で、これはどのコースでも共通です。
      そして今月からスマイルゼミ中学生に「3分間トレーニング」という機能が追加されています!
      こちらもなかなか良いので、記事のちほどアップするのでぜひ読んでみてください♪

  • この英単語の機能、すごい良いですね!
    漢字、英単語の暗記が苦手で、かつ、アルファベットも歪んで書いてしまう小3息子に使わせたい!
    これなら、今よりもっと効率的に覚えられそう。

    ですが、経済的にも時間的にも、毎日30分〜1時間やっているオンライン英会話をやめないと学習させる余裕がないのですよね。
    先日、息子の友人がタブレット学習を始めたので「英会話やめて、タブレットにする?」って聞いたら、「タブレットでも勉強でしょ?それなら英会話がいい」と言い切られました。(英会話は勉強じゃないんかい…)

    オンライン英会話、リスニングと「外国人とコミュニケーションを取る」練習にはとても良いと思うのですが、読んだり書いたりする技能を習得するには効率が悪いように思います。
    本当は両方やって良いとこどりが出きれば一番ですが、お金が…。スタディサプリも試したところ、説明はわかりやすいけど、単語は覚えられず。
    先の話ですが「英語の書き」が学校でも求められるようになったら、何とか説得してスマイルゼミやらせたいと思います。
    記事ありがとうございます。

    • サユさま コメントありがとうございます。
      オンライン英会話!6年生になったらぜひやらせたいと思っています。英語の最終目標は「コミュニケーション」ですし、やっぱり会話をやられているのってすごいなぁ。うちもそうなりたい!
      英単語は覚えなければいけないけれど、成績のためで、なんだかなぁと・・・。ただそこをクリアしないと、うちは中学で「英語嫌い」になるのは目に見えているので、やっていますが(;’∀’)
      サユさまが書いてくださった通り、英会話と文法の両方できれば一番ですよね。うちもお金も時間も・・・。他教科もやりたいですし、取捨選択も難しいですよね。
      とりあえず、我が家は6年生になったらオンライン英会話をやる予定です。その時は以前教えてくださった情報を活用させていただきます。その節はありがとうございました♪

  • スマイルゼミの英単語は、「動画を見るため」という
    モチベーションがありますので、そのまま続けてください。
    中1の英単語が終わりましたら、
    「中学英語反復基礎」(語学春秋社)へどうぞ。
    最近の主流は、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を
    同時に鍛えるのが効率的ではないか、ということで、
    このような教材が作られました。
    「書く」が最大のネックですが、罫線の大きな英語ノートで、
    1回あたり「書く」だけ1/2の量にするとか・・
    そのぶん、読む+聞くが増えますから、
    例文暗記が強化されますよ。

    • よねさま 次男の勉強アドバイスありがとうございます!!本当に非常に心強く、そしていつも的確で、気付きを与えてくださり感謝です。
      中1の英単語のあとは「中学英語反復基礎」ですね。メモメモ。
      はい、まさに「書く」が最大のネックです。あとは次男の場合聴力に難があるのか「聞く」もかもしれません。(バンコクに住んでいた時にずっと中耳炎で抗生剤を飲み続けていました。鼓膜に穴をあけてくれる治療があると知ってはいたのですが、バンコクでは全身麻酔のオペになるのでとできず。結局 中耳炎を繰り返して、気が付いた時には聴力がやや低下していると言われました。現在は聴力は検査上は問題なしですが、普通の声で話しかけても聞き返す。「つ」「す」を聞き分けられないなどなど。中耳炎は関係なく元々「聞く」が弱いのかもしれませんし分かりませんが、とりあえず英語の「聞く」もネックになりそうです。)
      そして「聞く」が難ありだと、当然「話す」もダメ…。
      うーん、やはり英語厳しいです(-_-;) 一歩一歩ですね。まずは中学英語で点数が取れないと英語嫌いになりそうな次男なので…英語を「書く」練習は淡々と続けていきたいと思います。
      中1の英語スタート時点で「おれ、英語得意」と思って(勘違いでいい)くれるのが目標です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です