【低学年】「国語ハイクラスドリル120回」は毎日のドリルに最適!




薄いお手軽な国語ドリルは・・・、文章が短すぎて読解練習になるのか??文法や語彙も量が半端な印象で、「やらないよりはいいだろうけど」と思ってしまう・・・。

だからやっぱり四谷大塚「はなまるリトル国語」のような、しっかり読解問題・ポイントをおさえた語彙や文法問題のある問題集がいいな~って。

(逆にトップクラス問題集レベルになると、全体的に内容が重すぎる・・・)

でも「はなまるリトル」は分量がちょっと少ないから、すぐに終わってしまうのが悩み。

 

からの「ハイクラスドリル120回」

小3/ハイクラスドリル 国語: 全国トップレベルの学力

 

「ハイクラスドリル120回」は、元々算数が好きでかなり使ってます。

ハイクラスドリル120回は、横開き・切り離し可能で使い勝手がいい。内容は、がっつり中学受験まではいかず、適度に「学校算数以上」なのもお気に入りポイントです。

最近国語を購入してみたら、内容がよかったのでさっそくご紹介です。

 

「ハイクラスドリル120回・国語」の内容

「ハイクラスドリル120回・国語」ですが、

★小1~小3:学校国語/学校以上国語/中学受験準備 と幅広くおススメできます。

 

小3以降のハイクラスドリル120回は中学受験レベルには届かず、学校国語以上といった感じでしょうか。

 

中は120回分のドリル(1回分1枚)になっていて、1回15分~20分くらいの設定。

この時間設定は毎日の家庭学習にもぴったりです。

 

120回分あるので、内容も幅広くていい!

例えば小3なら、文章読解も「詩・物語・説明文」と幅広いし、漢字問題や語彙、文法問題もあります。

1ページ1日完結なのもいいです。文章は多少短めですが、これくらいなら毎日やっても苦にならないかと。

 

国語をおろそかにしない

我が家、算数に時間が取られて国語まで手が回らなかった系(特に長男は算数苦手だったので)です。

国語は受験当日に辻褄が合えばいいと聞いていましたが、最後までハラハラドキドキしました。何度「国語も低学年からやっておけばよかった」と思ったことか??

 

また、私は普段自宅で勉強を教えていますが、短い文章も読めない(読みたくない?拒否反応)子が結構いるのに驚きます。

学校では、1つの文をじっくり読解していく方式なので、初見の文章となると更にまた読めない(読まない)。やればできるのにな~。勿体ないな~。

そういった子に「ハイクラスドリル120回」はぴったり。

 

また、学校国語は得意なのに、範囲なしテストとなるとてんでできない子にも。

高学年の学力テスト国語が壊滅状態で、「あれ、今まで国語のテストは問題なかったのに」と愕然!もあるあるパターン。

とかく軽視しがちな国語。毎日のドリルは何にしよう?という時は「ハイクラスドリル120回」がおススメです。

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です