「四谷大塚リーダードリル3年」からの「予習シリーズ計算」。学校算数以上の家庭学習にも!




四谷大塚プロデュースの「リーダードリル」。このシリーズは一般書店でも購入できるドリルになります。

《一歩先を行く》リーダードリル〈算数〉小学3年の計算 (四谷大塚 リーダードリル)

 

普通にドリルコーナーに並んでいますが、レベルは小学校算数以上。例えば3年生ならば桁数の多いかけ算ひっ算の虫食い算。あとは逆算なんかも入っていて結構ハードです。ただひっ算にはマス目が付いているなど、細かい配慮が行き届いているので使いやすいと思います。

分量がかなり多いので、1冊仕上げるのは大変ですが、力は付きます。

 

先日、このリーダードリル3年生をやっている子が「予習シリーズ計算」の最初の数ページを見て、「あ、これできそう!」って。それで、確かにリーダードリル3年をできる子なら(未学習の問題もチャレンジしてみようという気持ちとか、根気強さみたいな性格的な部分も含めて)、予習シリーズ計算もできる!

 

受験はしないけれど、学校以上の算数を希望している場合。1年~3年までのリーダードリルをやったあとに、そのまま予習シリーズ計算に進むの、選択肢の1つです。

予習シリーズ計算には多少特殊算も入っていますが、予習シリーズ計算にある特殊算は基礎問題のみ。頭の体操的にやってみるのもお勧めです。

 

ただ、5年以降の予習シリーズ計算に進んでいけるかというとそこは未知数。現状のおススメは飽くまで4年生の予習シリーズ計算です。5年生以降の予習シリーズ計算が、学校算数以上に最適かどうかはまだ未体験ゾーン。実際にその時になったらまた検討して記事にしたいと思います。

 

それにしても四谷大塚のリーダードリル、すごい。確かに低学年向けのレベル高めの「計算ドリル」ってなくて、その需要にドンピシャに応えてくれた!

今までは、予習シリーズ計算4年を突然始めるしかなくて、多分それってハードルが高め。ですが、いずれ予習シリーズ計算を家庭学習で使いたいなと思っている場合は、1~3年のリーダードリル。そこからの予習シリーズ計算。

こんなやり方ができるようになったのは朗報です。

 

もちろんそのまま4年生以上のリーダードリルもいいですが、リーダードリル3年生をやっている子は予習シリーズ計算もできる!そんな選択肢もあるという紹介でした~。

もちろん中受を考えている場合は更にリーダードリルがおススメです。

 

 

 






4 件のコメント

  • 今日福島式(国語)の問題集を探しに本屋に行ったのですが、トップクラス問題集の文理からハイレベル算数500というタイトルだったと思います
    小1〜6年生までの問題集がありました
    新刊だと思います
    特徴はオールカラーで基礎、応用、ハイレベルと段階を踏んだ構成の問題集でした
    サイズはハイレベ100と同じ形のサイズ感でした
    パラパラと立読みで目的の本を買って帰ってしまいました

    福島式は出口式と同じ様な問題集ですが、福島式の方が分かりやすいですね
    中学受験に向けての勉強されている方々で使われている人達みんなが絶賛していましたが、コレは良いですね
    学年別になっていないので、中学受験しない場合などは学年対応を落としてやっても力がつく問題集だなぁ〜と直感した次第です

    • いちごさま 問題集情報をありがとうございます!!
      なんだか気になるタイトルの新刊が!!わたし、最近本屋に全然行けておらず、問題集にも触れられていないので、情報ありがたいです。
      今しがた楽天でポチりました~~♪♪
      最近は難易度高い問題集が充実してきていますね。以前よりも選択肢が広がったのは嬉しい限りです。
      そして福島式。私なかなか使いこなせずー!うーん、今年は福島式を使いこなしたいと思いつつなかなか。私の国語力の問題なような気もしてきていますが・・・。

  • ご無沙汰しておりました。

    1月から子どもたちのインフルエンザ、インフルエンザおかわり、胃腸炎、そして私の仕事の締切;
    などなどでてんやわんやしている間に、長男くんのサクラサク!
    おめでとうございます!

    我が家は多分、中学受験はしませんが、高校受験をターゲットとして思考力をつけていくために
    「中受勉強」には取り組んでいきたいと思っています。
    引き続きよろしくお願いします^^

    さて、こちらのリーダードリル、迷っていたのですがやはり新小3長女に買いたいと思います。

    約二年間、長女のテストを眺めていて思ったのですが、小学校のテストって
    理解力確認テストであって、順位をつけるためのテストじゃないんですね(当たり前?)

    言ってしまえば、授業を理解していれば、100点とって当たり前。
    100点取れなければ「抜けがある」ということなので、そこを根気よくやっていくだけなのですが
    問題なのは100点とってても、本質を理解しているとは限らないということで・・・
    (引き算単元なのでとりあえず引いてみました、みたいな)

    本当に理解しているかをあぶり出せる、ほんのちょっとだけ難しいドリルが必要だなぁと
    しみじみ思っておりました。

    リーダードリルは先日本屋で中を見てみましたが、字の大きさ的にも長女は何とかいけそうです。
    (筆算のマスが小さいとブツブツ言っていましたが・・・)

    計算ドリルって、簡単すぎて単純作業になりそうという偏見があり、購入してこなかったのですが
    リーダードリルは私の求めるものになりそうな予感です!
    ありがとうございます♪

    • さやさま お久しぶりです~~!!お子様方のインフルエンザ!
      1人かかると連鎖・・・ですよね。我が家は幸い長男1人で済みましたが、なぜ受験生のオマエが罹る!?と長男を責めたい心境に・・・。
      我が家も次男は中学受験なし。
      お互い家庭学習がんばりましょうね~~♪ 
      私もさやさまと同じく、計算ドリルなんてっていう偏見が。ですがリーダーズドリルはかなりいいですよね!!今まで市販されていたドリルとは全く違う!
      これをやればかなり力が付くなぁという内容で、私も惚れ惚れ。今後も使い続けたい1冊です。中学生用もあったらなぁなんて・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です