【中学】「体系数学」は、予習シリーズの中学版イメージ!実際の中身は?




数研出版の「体系数学」シリーズ。こちらを教科書として使っている中高一貫校も多いようです。

 

長男が通う中学では、数学は「代数」「幾何」に分かれており、やはり体系数学(テキスト)を教科書として使っています。

 

体系数学シリーズは、通常の数学教科書とは違って、「代数」「幾何」に分かれているのが特徴です。

通常の教科書は、代数と幾何がごっちゃになっているカリキュラム。ですが、思うに幾何と代数に分かれている方が理解が捗る!

幾何と代数がごちゃまぜカリキュラムだと、数学授業が、代数になったり幾何になったり。いちいち流れが分断されるので、効率が悪いように感じます。代数と幾何に分かれていると、頭の中も整理しやすい・・・。

 

それで、この体系数学シリーズ。一部ですがAmazon等で購入することができます。そのため、体系数学シリーズを家庭学習に使うの、大いにあり!

 

 

下図が、体系数学1の関連教材一覧。私が調べた限りAmazon等で購入できるものは●を付けています。(ちなみに、代数・幾何の「1」は、中1と中2範囲)

準拠問題集
チャート式参考書 テキスト パーフェクトガイド 標準 発展 基礎~発展 ノート
標準
ノート
発展
代数1 × × × ×
幾何1 × × × ×

 

 

まずは基本となるテキストがこちらです。

体系数学1 代数編―中高一貫教育をサポートする 中学1,2年生用 数と式の基本的な性質を知る体系数学1 幾何編―中高一貫教育をサポートする 中学1,2年生用 図形の基本的な性質を知る

 

コンパクトで持ち運びしやすいサイズ。紙が薄めなので、めくりやすいです。

 

そもそも代数・幾何に分かれているので、目的の単元が探しやすい!

その上、目次には中1・中2の印が入っているので、探している単元が何ページかすぐに分かります。「これ、どうやって解くんだっけ」「公式なんだっけ」という時にササっと取り出せてすぐに見つけられるので便利。

長男が教科書として使っているのは知っていて、購入したものは長男の置き勉用にしようかなぁと思ったのですが。

ちょっと使ったら、解説が分かりやすいし、持ち運びしやすいし、1冊あれば安心!で、いやいや、これ私が使うわ~~って、結局は自分用になりましたよ。

 

解説が分かりやすいので、取り合えず手元に置いておきたい1冊。ただ、ポイント的なもの(例えば、反比例のグラフは、定数の約数をxに入れて、Yを求めて座標を取ろうみたいな)は載っていません。そのため、そういったポイント的なものは、どんどん書き込んでいくのもいいかもしれません。

そういうポイントは、ネットで検索すればいくらでも出てくる(動画やスタディサプリ)ので問題ないかと。もしかしたら、パーフェクトガイドがあれば盤石なのかもしれないので、購入したら追記します。

 

体系数学シリーズの完全準拠問題集

この体系数学のいいところ。それは、体系数学の理解をサポートする参考書や問題集が充実しているところです。

 

 

書店で購入できる問題集(基礎~発展)は定価756円というお手頃価格。

【基礎~発展】

体系問題集数学1 代数編―中高一貫教育をサポートする 中学1,2年生用体系問題集数学1 幾何編―中高一貫教育をサポートする 中学1,2年生用

 

 

ちなみに発展編は一般では購入できない(メルカリなどでは可能。Amazonでは中古等あり)ようですが、手元に発展編があるのでレビュー。

【発展】

体系問題集数学1代数編【発展】四訂版対応 体系問題集 数学1 幾何編 【発展】

 

体系数学のテキストはコンパクトサイズでしたが、問題集はテキストよりも少し大きめサイズです。

 

体系数学のシリーズは何より紙が扱いやすいのが最高です。紙が薄くて柔らかい~~。

そして中身ですが、これが!!めっちゃいいです。予習シリーズの演習問題集をギュッと濃縮させたイメージ。問題数がとにかく多い。ページ数もかなりあり(100ページ)。これをやれば力が付くのは間違いないだろうって内容です。

余白は多くないので、ノートに書く。何巡かしたいな。

 

書きながら思ったのは、体系数学は四谷大塚の予習シリーズに近いかもってこと。テキストが分かりやすいので自学自習できるのと、関連教材が多い。そして良問揃い。

うん、これはまさに予習シリーズ!!

 

ただし・・・この体系数学は、基本的に大学受験を見据えて。だと思うんですね。そのため、体系数学が高校受験にどの程度有効なのは未知数。今後次男で検証していきたいと思います。(先が長い話ですみません)

 






4 件のコメント

  • 語学春秋社・未来を切り開く学力シリーズ
      ・中学数学基礎編「小河式プリント」
      ・中学数学発展編「関数」
      ・中学数学発展編「図形」
      ・中学数学発展編「確率・統計と総まとめ」
      ・中学数学発展編「入試実践」

    単元の分け方が、体系数学と似ています。
    逆に単元が公立中学の並びと違うので、
    使いづらい人が多かったのですが・・
    「関数」「図形」の2冊さえクリアーできていれば、
    高校数学を取り組むための中学数学はクリアーですね。
    (あとは小学レベルの四則演算と、
     中学レベルの因数分解など、
     正確かつ高速にできること)

    • よねさま いつも貴重な情報をありがとうございます。
      私、高校数学で挫折したのですが、書いてくださった

      「関数」「図形」の2冊さえクリアーできていれば、
      高校数学を取り組むための中学数学はクリアーですね。
      (あとは小学レベルの四則演算と、
       中学レベルの因数分解など、
       正確かつ高速にできること)

      にヒントがあるような気がして、過去を思い起こしています。

      中学数学で嫌い(苦手?)だったのが関数。ずっと苦手だったのが女子にありがちな図形。
      からの高校数学だったので、高校数学で脱落して当然だったのかもしれません。

      となると、これはある程度訓練することで回避できた「脱落」だったのか?
      子供たちと数学を勉強しながら、今一度トレースしてみたいと思います。

  • あっぷーさん、お久しぶりです。
    体系数学いいですよねー!
    単元の流れがスムーズでわかりやすいです。
    長男は定期テストごとに体系問題集のP●●までが宿題になってました。
    でも長男の学校、体系数学3までで、高校課程からは体系数学では
    ない教科書使ってます。
    もうついていけないし興味ないので何使っているか知りませんが(笑)

    わたしの興味はデイリーサピックスに移っています!

    • 孔明さま コメントありがとうございます。
      高校には体系数学はないのでしょうか。(すみません、全然よく分かってないです)
      長男くん、孔明さまの手をスムーズに離れられていて、理想の親子関係です。お話を伺うと、きちんと自立されていっている様子が垣間見えて、我が家もこうありたいと見本にさせてもらっています。
      長男くん、うちの長男と似たところがあり(失礼ですみません)、勝手に親近感です。うちも孔明さま長男くんのように自立できるだろうか?と心配しつつ、いやいや、孔明さまのように上手く育児をしなければなんて思ったりも。
      本当にいつもありがとうございます♪

      そしてデイリーサピックス!!次男くんは、長男くんと全く違うタイプですし、また楽しい受験になりそうですね。(孔明さんは、受験も”楽しい”に変えてらっしゃる印象です)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です