【中1・4月】学力診断テスト(早稲アカ)の結果




いやぁ、今の気持ちを一言で言うならば・・・

 

「誰かウソだと言ってくれ」

 

でしょうか。

 

 

こんにちは、「誰かウソだと言ってくれ」というセリフが頭の中をエンドレスループ中のあっぷーです。

 

 

私、まだ早稲アカ高校受験の仕組みがよく分かっていませんが、早稲アカで高校受験を目指す中学生は月に1度の「月例テスト」を受けます。

(中受で言うYTのものかと思ったら、月例テストはクラス分けには影響がないらしいです。)

 

クラス替えに影響あるテストは3か月に1度の「選抜テスト」なんですが、4月の「選抜テスト」はコロナの影響で中止。今回のクラス分けは月例テストを基準にした模様・・・。

 

で、次男は一番上の特訓クラスに入れたので、月例テストの結果が良かったのかな?なんて思っていましたが、先日月例テストの結果を見て、はい冒頭の

 

「誰かウソだと言ってくれ」

 

に戻るわけです。

 

 

次男が「暗記が壊滅的に苦手」なのは分かっていました。だからこそ、1年前から英語を一緒に勉強し始めて、次男を何度も泣かせてやらせてきたのに・・・。

 

まーさーかーのーー、アルファベットを書く問題で間違えてるーーー!!!

 

大文字のM、小文字のoで間違えてるってどんなレベル???

 

アルファベット書けないのでテストの結果が良いわけもなく、偏差値48・・・。チーン。

 




次男・英語の問題点

次男は、暗記が極端に苦手です。

暗記のみならず、「模写」「アウトプット」もかなり苦手。

 

例えば同じ文字を書くとか、同じ漢字を書くって写すだけなのにそれができないんですよね。英語に関しても、未だに「b」「d」の見分けが難しくて、「book」を「dook」って書き写すのは日常茶飯事。

最近はDo you のDの丸を反対側にしていて、びっくり。

 

また、中学校で一言日記を書く宿題があったのですが、チラリと見たら「今日はいしゃさんで、歯をとってもらいました」(原文ママ)って書いてあってゾワゾワしました。

中1で「歯をとってもらいました」って・・・。平仮名ばっかだし。

 

次男、読書が好きで読んでいる本も大人っぽいものが多いです。(最近では、貴志祐介の”新世界”とか、東野圭吾の”容疑者Xの献身”なんかを読んでいた)

小説の内容も理解してるっぽいんだけど、アウトプットとなるとてんでダメ。

 

国語の模試は、文章題の記号問題は難易度高めの問題も結構できるのですが、漢字と記述がまるでダメ。

 

この次男の凹凸・・・。年齢とともに少しずつ埋まるのかなって思いたいですが、今回の月例テストで現実を思い知らされた気分ーーー!!

 

 

ようやく月例テストの結果

前置きが長くなりましたが、月例テストの結果(偏差値)です。

  • 英語:48
  • 国語:55
  • 数学:64

 

唯一、数学だけが200番台(約5000人)・・・。本人は「満点取れた」って言ってたけど、相変わらず簡単な計算で間違えているし。数字が汚すぎて自分でも読めてない模様・・・。

 

ちなみに、月例テストの問題を見ましたが、難易度は高くないです。

英語は平均点が85点で満点が取れるテスト。国語は一部正答率20%~30%の問題はありましたが、難易度は普通。

数学は正答率12%の問題もあったので唯一差をつけようとしている感じ。(そのため、今回のクラス分けを数学基準にしたのも納得。次男正答率12%の問題はできていたのに、正答率80%を落としていたのにガッカリです)

 

そんなわけで、月例テストの偏差値はあまりあてにならない気もします。月例テストは、偏差値を気にするより、どこが穴かを見付けるテストと捉えた方が良さそうです。

 

何にせよ、次男。次のクラス分けテスト(6月)が非常にマズイです。次男は周りに認められるとやる気になるタイプなので、クラスが落ちたら一気にやる気を失くすのは明らか。

どうにかしてあげたいけど、アルファベット書けないレベルじゃちょっと難しいなぁ~。(ついでに漢字も全問間違え前提だし)

 

 

本人もさすがにマズイと思ったのか、「たくや式をしっかりやる!」と珍しく自主的に頑張ってました。日本語訳を書く問題では、なるべく漢字を書こうとしているのはいいのですが、「ママ~、”あした”って漢字ある?」って言っていて家族全員絶句。

 

でもでも、陽気で明るくて歌いながらノリノリで勉強することも多い次男。いいところはなくさず、楽しく勉強できれば次男なりのスピードでいいんだよ~~という心境です。

 

 



6 件のコメント

  • あっぷさん ご無沙汰しております。

    コロナ休校が始まり、早2ヶ月半。6月には学校再開でしょうか。。。
    正直、親も、休校体制に慣れてしまい、こちらのほうが楽な部分もあって(時間に追われない、
    学校行事を何も気にしない、時間の融通が利く)、学校再開となって、私も
    また、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。。。
    通塾までも、面倒に感じてしまっております(笑)

    我が家の3人の子供たちは、コロナ休校中は、それぞれがそれぞれに必要な勉強をやっておりました。
    コロナ休校中、学力差がとても開きそうですね。できる子は、時間があるからどんどんと応用力を高め、
    やらない子は、さらにやらなくなる。。。「コロナ休校を制する者が、受験の成功を勝ち取るよ」
    と言い、毎日頑張っていたようです。中学3年でありながら、私が大丈夫なのかと心配になっておりましたが、自分に足りないところ、自分に必要なところを自分で考えて、やっておりました。親とすると、
    その方向性が、正しいと信じたい。

    新中1の子は、受験生の姉の機嫌のよい時を狙い、質問したりしてました。姉には、「中1範囲の
    よい復習になるから教えてやって」と言って、教えてもらっていたようです。
    しかし、あくまで、自分のペース。自分を追い込んでまではやっていないと感じました。
    息子は、全力で勉強をやるタイプではなく、70%ほどの力で行い、(私から見たら)
    ある程度の余力を残している感じがしてます。タイプ的に、100%の力を出すときはないのかも
    しれません(笑)。

    新小3の子は、この頃、ちょっと低迷しております。季節講習のテストの成績や、
    通信教育の月1のテストもあまりよくありません。。。
    毎日、やることを決めてはいるのですが、「勉強をおわらせればいい」で終わってしまって、
    自分でやる答え合わせも適当になってしまっているかもしれません。
    「終わらせることじゃなくて、理解することが一番の目的」と話しましたが、
    んー、わかってくれているのか。。。。
    3年生、自分での答え合わせをさせてはだめだったのか。。。と、私が答え合わせをするように
    なりましたが、娘は、なんとか早く終わらせたいのか、息子に答え合わせを頼んでおりました。

    適材、適量の課題を決めることは、難しいです。。。と迷っている間に、あと半月になってしまいました。

    コロナ休校を生かしきれなかったかなーと、反省しております。。。

    この数ヶ月で、いろんな価値観が変わりそうですね。

    • はっぷーさま コメントありがとうございます。
      6月には学校が始まりますように・・・とそればかりを願っている相変わらずのわたしです。
      はっぷーさま、休校にもきちんと対応されていて尊敬です。私はストレスが溜まるいっぽうで、発狂寸前(笑) 特に長男はかわいげのない年齢ですし…。
      3人のお子様1人1人をちゃんと見て見守り対応されているの、いつもすごいな~と刺激ももらっています。

      小3のお子様、まだまだやる気をキープするのは難しい年齢ですよね。そこは塾などで緩急付けてくれるので、あまり心配はいらないかなと思います。
      第一学校も塾もないと、何のために勉強するのか?子供もやる気がでなくて当たり前かもしれません(-_-;)

      おっしゃる通り、今後いろんな価値観が変わりそうですよね。子供は柔軟に対応していくのだろうな~、でも私が大丈夫かしらと。漠然とした不安が消えない日々ですが、やれることを淡々とやるしかないですよね。
      お互いがんばりましょう♪

  • あっぷー様
    次男君の暗記苦手がエピソード、身に沁みます。。。
    高校受験って、思考力以上に、知識量とアウトプットの比重が高すぎますもんね(涙)
    詰め込み、暗記、先取りって、幼児期や低学年の時代は、かなりネガティブイメージでしたが、旧態依然とした公教育においては、未だに通用する、というより王道の勉強スタイルなのかもしれませんね。
    アルファベットと漢字と四則計算。お互い、ココロをオニにして「暗鬼」がんばりますか!

    • うな丼さま コメントありがとうございます。
      暗記が苦手な子のフォロー…。心を鬼にしないと…なミッションですよね。次男も頑張っているのは分かっているのですが、私もついついイライラしちゃったり、辛辣な言葉をかけてしまったり。
      昨日は次男に「ママ、俺がTクラスに入れたことを”変だよね””おかしいよね、何かのミスかな”って何度も言うのはひどくない?」と言われてしまいました(笑)
      いや、だって変だしねぇ…。みたいな。
      うな丼さま、「暗鬼」ぴったりの言葉です!(周囲から見たらまさにそんな雰囲気だと思います) 今日もココロをオニにして次男の暗記に付き合うぞーー!!

  • おそらく6月から学校が再開されると思います。
    https://blog.goo.ne.jp/gooa_yone/e/c3f0705e49165f0a2ec538f5d0665779
    英語の学習法ですが、裏の目的は運筆力向上です。
    「受験国語の読解テックニック」(文英堂)
    中学受験用の本ですが、高校受験にも適用できます。
    1章.読みの基本ー文章の線引きテクニックをまなび、
    4章.記号選択問題の手順を学び、
    都立高入試や国立高専など、実際の高校入試のうち、
    記号選択校の過去問を解くのも、ひとつの手だと思います。
    また、高専→大学編入も手段のひとつです。
    https://kosen-todai.com/

    • よねさま 英語の学習の裏の目的が運筆力向上!!!
      最近次男に英語をやらせていると、今までにないくらい「書く」が多いなぁというのに気が付いたところでした。
      特にたくや式を始めてからは、次男今までで一番文字を書いているかもと。
      ですが、国語ほどは嫌がらずに書いていて、英語を通じて少しでも運筆力が伸びてくれるといいな~と思っています。
      (まだまだ、筆圧の調節は難しく、たくさん文字を書くと手が痛くなってしまうレベルです。筆圧の調節ができるようになると、もう少し学習が捗りそうなのですが)

      そして記号選択校の過去問を解く!!すごく良さそうなので、早速過去問をチェックしてみます。次男は能力に凹凸があるので、早めに過去問チェックしないとと思っていたのでいいタイミングで教えていただきありがたいです♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です