高校受験と中学受験。どちらがハードか?【中1・春】の感触




長男が中学受験を経験し、次男は3年後の高校受験を目指しています。(次男・現在中1)

長男が中学受験勉強をしている最中からよく聞いたのが、「高校受験より中学受験の方が大変」というハナシ。

 

以下完全な私の思い込みというか、勝手な感想なのでハナシ半分程度でお読みください。

 

「中学受験の小4春」と「高校受験の中1春」(双方とも受験の3年前)時点の比較になりますが、今のところ「聞いていた通り、高校受験よりも中学受験の方がハード」だと感じます。

 

私は長男・次男ともある程度勉強を見ているので2人のレベルもまぁまぁ捉えられていると思います。

 

現在、次男は早稲アカ中1の特訓クラス。ですが、これが中学受験だと「次男レベルで特訓クラスに入れる」はあり得ません。

次男・・・。もし中学受験だとすると。体感では、最上位クラスの1つ下(早稲アカで言えばS1)くらいにギリギリ入れるか、もしくはその下(S2)くらいの実力なんですよね。

 

都心では中学受験で優秀な層はごっそり抜けて、上位クラスのハードルが下がるのかもしれません。

 

 

もう1つ、中学受験の方がハードだと感じる理由は、中学受験勉強のカリキュラムです。

 

中学受験は、小学校で習わない範囲が出題されるので、そもそも塾のカリキュラムに乗らないと受験自体が不可能です。そもそも問題集だって予習シリーズが一般販売してるくらいだし、問題集がたくさんあるわけではない。

 

ですが高校受験の内容は、基本的には中学校で習う範囲なんですよね。

特に英語なんかは、もう既にやっている子は早稲アカの授業はかなり簡単に感じるはず。数学や国語もびっくりする内容ではありません。

 

そのため、中学受験とは違い中1時点で入塾しなくてもそう慌てる必要はないという印象。

(あ、ということは、今後優秀層が入塾してきて、次男の立ち位置も”実力通り”に落ち着く可能性もありますね)

 

以前塾の先生が「中学受験の算数はどうしても閃きや元々の実力が反映されてしまう。が、高校受験は努力の方が重要」と言っていたことがあって、今になってなるほどなぁと。

 

ただし、だからとは言え高校受験は何の準備も必要ないかと言えばそうではありません。中学受験の方がハードだとは言え、例えば上位クラスを目指すならば家庭での準備は必須。(多分何の準備もせずにいきなり…はほぼないと思います)

そこは中学受験も高校受験も同様ですね。

 

結論。

現時点では「長男は中学受験」「次男は高校受験」で間違えなかったな~と感じるところ。特に次男は成長が遅めなので、中学受験よりも高校受験の方が成長段階に合っていました。

と言いつつ、高校受験もドロップアウトするかもな次男。何せ勉強が嫌いなので、なんとか耐えてますがいつか爆発して崩れ落ちそう。そうしたら大学受験!笑

 

以上です。



15 件のコメント

  • このブログをいつものぞいてしまってるので、余計な書き込みしてみました。淡々と流して下さい。

    受験算数は未経験者としてはちょっと異文化でした。それでも率直に言って大学受験の上位層に必要な能力が推し量れる側面があるなと思うところもありました。うーん、こういうのがスッと出来ないとなかなか高校数学で応用問題すんなり出来んじゃないかと思ったり。ただ、そこが小学生時代の能力だけではもちろん決まらないだろというのがあるところですが。
    ところであっぷーさんと同じく高校受験て学校のまっすぐ直線上にあると私も感じます。例えば中学数学はあくまで高校数学の土台でしかないわけで作問限界があるというか。であれば落ちこぼれなければ、計算とか英語とか簡単な定義だけは拾えてるなら、いくらでも後からまくれるのでは?と思ってるところがあります。
     個人的には論理性というか、どこまで言っているのか、言ってないのか、定義しているのはなんのことなのか、抽象的表現でこそ言い切れる自由があるとかそういうのを読書で学んで行く方がむしろ磨かれるんじゃないのかとも思ったりしてます。。あと、このブログで期待してるのは、息子さんに彼女が出来て勉強に身が入らないという紆余曲折も欲しいですね。

     長男くんで言えば優秀なんだから、中学数学や英語で難問グルグルやってるよりサッサと高校数学と英語をやってくのがいいのかなと外野は勝手な事を思います。
    次男くんで言うと英語は書くことを重視してると勉強のペースが手のスピードで頭打ちになりますが、リスニングと音読で耳と口のスピードでやってく方が最終的には効率的だと思います。中学で2級とる気でやら感じでしょうか。そもそも、6年もやるなら受験英語以上のところに飛んでってもらいたいですよね。
     

    • キムさま!!いつも貴重なコメントをありがとうございます。
      中学受験が「大学受験の上位層に必要な能力が推し量れる」というのに頷きまくりでした。それが全員が小学生時代の能力で推し量れない子もいる(成長速度)ので、3年後に高校受験があるのはうちの次男のような子にとってはありがたいことです。
      また中学受験だけが入り口になってしまうと、経済格差がそのまま学歴になってしまう怖さも。高校受験は飽くまでも学校勉強の延長線上であって欲しいという希望はあります。ただ、それだと中学受験組との差が埋められるのか?色々グルグル考えさせられました(;^_^A

      そして長男の「彼女ができて勉強に身が入らない」!!ですよね、紆余曲折が大事ですよね!!これから「成績ガタ落ち」とか「びっくり成績ガタ落ちで公立に転校。そこからまた這い上がる」とか。なんか楽しい出来事を期待してるんですが、今のところ「退学になりたくないから勉強頑張る」らしくて、ちっちぇーー!なんて言って長男に切れられています。

      そしてそして勉強アドバイスも助かります。本当に「なるほど・・・」と。
      長男は休校中に英数はかなり進んだなぁという手ごたえがあり。恐らく高校数学に進めそうな気がします。がーー!!今は医学部の弟がいるのでいいのですが、わたしもう数学は教えられないのでどうしてものか…です。
      次男はリスニングと音読ですね。あぁここすごく軽視しちゃっているというか、なかなか「どうやればいいか」分からなくて置いてけぼり。ここを埋められるよう、残りの休校を大事にしたいと思います。

  • 中学受験より高校受験、大学受験の方が合格しやすい、と言ったのは和田秀樹氏です。
    (引用開始 一部改変、省略あり)
    受験生の年齢があがるほど、目指す試験の「傾向と対策」が見えてくる。
    別の言い方をすると、勉強のやり方や要領が呑み込めてくるから。
    私立中学を受験する小学6年では、要領がなかなか呑み込めなかったり、
    要領の重要性に気づかない子どもが多い。
    さらに私立中学の入試問題には傾向と対策が通用しづらいひねった問題が出される。
    中学受験は、持って生まれたセンスと才能、そして受験生であるという自覚が
    どれだけ持てるか、という精神的年齢に負うところが大きいのである。
    才能がなかったり、精神的年齢が幼い小学6年生が麻生中学に合格するのは至難だが、
    才能がなくても、精神的年齢が人並みの高校3年生が東大に合格は可能である。
    計算力とある程度の記憶力さえあれば、なんとかなるのが大学受験である。
    あとは、テクニックと要領を磨けばたとえ東大でも合格最低点は取れる。
    だから東大に合格するには私立の名門中学校に入らなくてはならない、
    というのはまったくでたらめである。
    (引用終了 「公立小中高から東大に入る本」p35~p36)
    現時点では、英数先行が正しいです。
    「たくや式」と「高校入試 計算力とトレーニング」を
    頑張ってください。
    拙ブログの参考記事
    https://blog.goo.ne.jp/gooa_yone/e/6aa8fc5c384b440d74cb736d60cff1e8
    https://blog.goo.ne.jp/gooa_yone/e/9815da69ccef0a7623c726860ccdc889

    追伸 「よねさんから教えていただいた~~」に拙ブログの歴史をコメントします。

    • よねさま コメントありがとうございます。
      「才能がなかったり、精神的年齢が幼い小学6年生が麻生中学に合格するのは至難だが、才能がなくても、精神的年齢が人並みの高校3年生が東大に合格は可能」
      超絶なるほどーーーと頷きまくりでした。
      中学受験の難しさを感じるとともに、日本は「中学受験・高校受験・大学受験」と入り口もいくつかあるのはメリットだと感じました。自分自身、才能なしで暗記力で乗り切りましたが、努力でどうにかなる社会というのはありがたいと今でも感じます。
      親は子供の精神年齢の見極めも大事ですね。中学受験だけに囚われるのは怖いですが、ただ現状中高一貫で高校入試中止にしている学校も多いのが難しいです(;’∀’)

      そしてアドバイスくださったように計算力トレーニングとたくや式は欠かさずやっています♪よねさまにお墨付きをもらってほッ。休校中も淡々と進めていきます。

      • 首都圏の中高一貫校が高校募集をしないのは良くないと個人的には思います。
        和田秀樹氏の学年では、中学組ー約170名、高校組ー約60名。
        高校組は、高1は別カリキュラムで学習し、2年から合流するのですが、
        学年上位に高校組が名を連ねていたそうです。それで中学組は刺激を受けると。
        東大入試は、中学組ー60/170(35%)vs高校組ー35/60(約60%)
        和田氏は、生まれつきの才能で決まるのではなく、勉強したか、しないか、の差と結論しています。

        • よねさま 最近は高校募集をしない中高一貫校がどんどん増えてきています。
          特に女子は高校からというと、選択肢が本当に少ないです。精神年齢が幼い子なども中受にチャレンジせざるを得ない状況。
          私もできれば「入口は多く」と思います。どこで努力を始めても挽回(チャレンジ)できる社会であって欲しい(⌒∇⌒)
          「生まれつきの才能で決まるのではなく・・・」すごく賛同できる結論です。
          特に大学受験はある程度努力でカバーできるの日本の受験制度、素晴らしいのでぜひこのままであって欲しいと思います。

  • ご無沙汰しております。次男くん、中学ご入学おめでとうございます!
    コロナ渦の中、せっかくの新しい生活のスタートが延び延びとなっている状況、もどかしさもお感じになっていることかとお察しいたします。

    さて、興味深いテーマ、ふむふむ、と読ませていただきました。
    仰るように、英語と数学でアドバンテージ稼げれば、高校入試の負荷は中学受験よりラクかな、と感じます。あと競争人口も。
    ご参考までの情報ですが、毎年早慶附属を受ける生徒数はだいたい3,000人、附属の定員数が約1,000人なので約3倍なのだそうです。
    早慶で3,000人、それ以上のレベルの学校(開成や筑駒など)が数えるほどと考え、受験者の重複も考えると、高校入試におけるトップレベルの生徒数(偏差値65以上)は1都3県でせいぜい4,000人、多く見積もっても4,500人くらいなのでしょうかね。
    そう考えると、一般的によくいわれる「早慶は高校入学がいちばんラクで易しい」というのも納得がいきますし、上記の人口の中での競争と考えると中学入試よりもかなり穏やかな気がします。

    一方で、学校の選択肢がぐんと少なくなるデメリットも。
    特にハイレベルな学校は選択肢がぐっと減る上、2月10日以降の入試日が重なりまくるので、受けられてもせいぜい2校という現実もあり、悩ましいところですね。当然都立は推薦受験を含めなければ1校しか受けられませんし。
    ある一定以上のレベルに限ってみると、正直、附属や都立以外で魅力的な学校も数えるほどしかなく、校風や学力レベルの豊かなバリエーションで考えると、やはり中学入試に軍配が上がりそうです。
    また女子は、男子以上に気の毒なほどに選択肢がない(特に私立)ので、おのずと都立が選択の中心となるでしょうし、男子より優秀な子であってもレベルを下げた学校を選択せざるを得ないのかと思います。

    我が家は塾のオンライン授業でなんとか学習ペースが保たれている様子です。。
    早く学校再開してほしいと祈るばかりです。
    あっぷーさんもご家族もお気をつけてお過ごしください!!

    • MMさま コメントありがとうございます。
      私の拙いブログよりも分かりやすく論理的な説明!!ありがたすぎます。
      まさに私の言いたかったことを書いてくださってありがたい(って調子に乗ってすみません)です♪

      現在中1の次男をみていても、早稲アカの先生たちの熱量が中学受験とは全然違います。中学受験では小3冬からもう受験スタートという感じで「熱量」がありましたが、中1次男の方は「スタートしてない」ような雰囲気です。
      高校受験経験の方にお伺いしても、スタートは中2くらいかなぁと。

      そして女子は高校受験だと非常に厳しいなぁというのも感じます。私の周りの方も、男子は実力以上の学校に入れても女子はどうしても実力以下になってしまう場合が多いような。
      わが家は次男の精神年齢の低さと実力を考えて「高校受験の方がメリットがある」と結論しましたが、女子だったら中学受験だっただろうなと思います(;^_^A

      • そのように仰っていただけますと光栄です^^;
        あのあと、中学受験の上位校の受験人口(1都3県)というのを調べたのですが、最難関レベルの応募者ベースで見て30,000人弱、最難関なのでひとりあたりの応募が2-3校と換算しても10,000~15,000人というところでしょうか。
        先日の数字と単純比較しても、競争半分ないし3分の1、ということになりますね。

        息子の塾のクラスメイトを見ていると、当然ながらというか、上位層は中受で上手くいかなかった(もしくは第一志望以下に敢えて進まなかった)残留組も結構いるようです。
        ただ、中1くらいまでは単元によっては中受で習う内容の重複も多いので中受経験組のアドバンテージもあるようですが、中2以降はいわゆる数学の領域に入っていくので「真の実力の勝負は中2以降の単元からだよ」と先生からも励まされているようです。

        • MMさま イメージでなく調べてしまわれる行動力がさすがです~!!(私はイメージだけで…)
          数字で教えていただくと、男子は高校受験の方が「競争自体はゆるい」(表現合ってますかね(;^_^A)というのが納得です。
          逆に女子は高校受験は受験できる難関校がほぼないので、かなり厳しそうですね。

          今は昔と比べて、受験に親が関わる負担が大きくなっていますよね。こういうところからも、親の情報収集が大事だなぁと思う次第です。
          次男の受験まであと3年。次男は精神年齢小3なので(私に関わられるのが嫌ではない)、高校受験の伴走頑張ろうと思います♪

        • 競争半分ないし3分の1、ということになりますね。
          ⇒競争人口は半分ないし3分の1、ということになりますね。
          の誤りです。。。

  • 語弊があるかもしれませんが、リスニングを重視してるわけではないんです。結果論で。

    NewTreasure Stage1で1200英単語だそうですが、単純に英単語と語順と前置詞に慣れる学習の繰り返しを、読む・書くでやるのはハードルが高いと感じてしまいます。リピーティングでインプット後に毎日通して聞きながらシャドーインるのは英文音声だけなら一年分でもわずか30分くらいなものでしょうか。だから、急がば回れで効率的に。

    スペルなんて勝手にやるでしょうし。

    ※英語勉強なんかに時間を使うくらいなら、読書してもらいたいですね。だって、英語圏の奴らにハンデやりすぎでしょ。

    • キムさま やっぱり最高です!!英語勉強に時間を使うくらいなら、読書してもらいたい!!超絶同意しすぎて、ぞわぞわします(笑)
      英語は必要なツールではありますが、英語になった時「たいしたことをしゃべれない」人も多いようですね。
      結局は英語でも日本語でも「話す内容」が重要。
      わが家、勉強は後回しでいいから読書をしろとしつこく言っていますが、今は読書は後回しらしいです。(小学生の時はすごく読んでたのに、今は読書には飽きたとかなんとか。がっかり)
      中学生にもなると、親が気を回してもなかなか届きません。これも成長ですね(;^_^A

  • お久しぶりです!
    高校受験あいなぁ。ウチの息子たちでは経験できないかなぁ。
    でもまぁ、息子たちはわたしの息子なので、中学生になったら親の言うことなんか聞かないし、勉強よりも遊びに走ることは明白(笑)
    リスク回避で中学受験で、やむなし!

    長男くんも次男くんも、これから色々経験してもらいたいものですね!

    • 孔明さま お久しぶりです~、コメントありがとうございます。
      確かに我が家も長男は中学生になり、私の言うことなんて聞かない。遊びや趣味に走りまくり・・・。うん、長男は中学受験でよかったと孔明さまのコメントを読んで思いました。
      次男は精神年齢小3なのでまだまだ私の言うこと聞く(笑)ので、勉強も伴走して欲しいらしいです。塾の宿題も「一緒にやろ~」って言ってくるレベルなので、次男の高校受験で私も楽しめそうです(笑)
      孔明さま息子くんたち、我が家の理想です。ぜひこれからも近況をお聞かせくださいーーー!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です