小3夏「早稲アカ・チャレンジテスト」(長男)国語の結果




いつもこのブログを読んでくださっているみなさま本当にすみません。

 

偉そうに問題集レビューなんてしてましたが・・・残念な結果を報告しなくてはいけません。

 

またまた長男がやらかしてくれました

 

先週受けた某塾の夏のテストが今日結果がWEB上で公開されました。

 

もうタイトルに書いてしまってるんですけどね、国語が・・・なんとびっくりの!!!

 

 

29点とかね。

 

 

 

チーーーーン。

 

↓はい、これ。偏差値33.4とかね。

チャレンジテスト

 

ほぼほぼ最下位レベル(笑)

 

なぜこんなヒドイ成績だったのか?

 

思い出したくもない成績ですが、一応なぜここまでひどい点数だったのかを、自分にムチ打って振り返ってみます。

 

①長男のやる気がゼロだった。

 

→この日のテストもスポ少の練習を休ませていきました。

塾のテストは受けたくないー!殺されるー!」とか全くもって意味不明なことを叫んでいた長男。確かにやる気はゼロでした。

算数は応用問題はよくできていたものの「120足す30」くらい簡単な基礎計算問題はほぼ全滅。

簡単な計算問題はほとんどできてないとかね。

 

この1年間、長男には「テストでは暗算をするな!」と口を酸っぱくして言い続けてきまして、今回もテストの前に「計算問題で暗算したら家には入れないよ!」などとスゴんでみたものの・・・

 

長男、全く意に介さず!!(ある意味スゲー)

 

なんで筆算しないの?と聞いてみたら・・・「えへ、俺は相変わらずアホだなー」って

 

本当にアホだわっっ!!

 

うんうん、全くやる気ないよね?っていうね、母は乾いた笑いしか出ません。

 

 

②中学受験生の国語レベルに追い付けなくなっている。

 

→長男は学校の国語テストなんかはほぼ100点。読書も好き。語彙も多い方です。

でもね、それレベルじゃ中学受験国語には太刀打ちできなくなっているなと感じました。

問題が中学受験を意識した設問になってきているので、普段からこうした問題をやったことない子には厳しいかもと思いました。

小3にしてある程度のテクニックが必要である印象です。

 

長文読解も「何文字で書け」とか、長男的には初めての問題が多かったです。何より文章が長い! 問題量が多いので、ある程度「どこを優先するか」を決めて取り組めないと高得点は難しいかもと感じました。

 

 

さてさて今後どうしていくかが問題です。

 

長男に関しては1年前の算数模試の成績が絶望的にひどかったので、まずは算数家庭学習から始めました。そして算数に関してはかなりの成果を出してきました

国語に関しては、以前から模試系のテストでも平均点より上の成績は取れていたので、楽観視していた面はあったのですが、今回のこの結果。

 

個人的には国語は読解力さえあれば、あとはテクニックの問題。いつでも追いつけるというスタンスでした。なので長男も、現在の「読書と朝日小学生新聞を読み込む」という2点で突き進む予定でした。ですが、30点とかいう成績を見てしまうとこの考えが揺らいでいます。

テクニック的なことを身に付けさせるという意味では、恐らく半年もあれば「テスト対策」としては成績アップを狙えるとは思います。(飽くまで子供が私と勉強してくれればです)

 

でも国語ってそれでいいの? なんか違うよね? という気持ちがあるのも事実。今後国語をどうしていくかは課題になりそうです。

 

 

テストの点数だけには囚われないようにしよう。

 

人は誰でも3つ得意なことがあるんですって。でもその3つに勉強の英国算理社に入っている確立は少ないそう。

ある子は運動、ある子は人とのコミュニケーション能力。ある子は裁縫?まぁそこは何でもいいんですけどね、あまり勉強だけに囚われて子供の得意分野を見失ってはいけないという話

 

これは自分自身に対する戒めで、わたし、今必死で長男に怒りをぶつけるのをおさえています(笑) 落ち着け自分。

1度冷静になって、今後長男の国語に関してどうするかはちょっと時間をかけて考えてみたいと思っています。

 

★その他早稲アカの模試に関する記事です★

6 件のコメント

  • 今回の記事を読みながら、何度も頷いてしまいました。

    中学受験の予定のない我が家、通塾する予定もおそらくないでしょう。
    その場合、息子の国語勉強はどういった方向で進めればいいのか悩むところです。
    現在は出口の論理トレーニングをボチボチ進めてます。
    本当は、ブンブンどりむも気になっているのですがお値段でひっかかっています(T-T)

    これから通塾組との差がどんどん開くのかと思うと、気が焦るばかりです(>_<)

    • kayoさまコメントありがとうございます。
      本当に長男の国語成績は衝撃的でした(笑)
      中学受験予定がなくとも高校受験はあるので、そのためにもある程度のレベルを維持したいのですが、中学受験の子たちがやっている問題レベルを見ると焦ります。
      ただ家庭学習のみで算数は付いていけているので、国語もやり方を間違えなければ大丈夫かな?とは思っていますが、長男が元々「勉強嫌い」なのでどうしたものやら。
      ぶんぶんどりむは値段がネックですよね。
      うちはぶんぶんどりむは始めてよかったなとは思っていますが、国語が結構できる子だと少し物足りないかもしれません。ただ書く機会は増えるので、作文力はアップしそうです。が!!やっぱりちょっと高いですよね~~。

  • はじめまして。
    過去の記事にコメントしますこと申し訳ありません。
    また、まだこちらのブログ全て読めておりませんことも重ねてお詫び致します。

    小3娘が初めて四谷の試験を受けました。
    当方愛知県、公立が当たり前の地区でして受験=高校受験の土地です。
    そこで出た偏差値に愕然としており、もう、どうしていいのやら。。。です。
    国語は20です!(算数は47なので、まだマシ)
    今後何から手をつければいいのでしょう。
    私は国語が一番得意でしたし、夫も所謂高学歴なので「分からない」ことが分からない状態です。

    今後の記事、参考にさせて頂きます。

    • ヨシザワさま コメントありがとうございます。まずは全統テストお疲れ様です。きっと初めてのテストだったと思います、娘さんを褒めてあげてくださいね~♪

      全統テスト、国語ですが小3秋ですと、中受を考えている子たちの中には既に入塾している子もいますし家庭で小3の2月スタートの塾に向けて準備しているご家庭も多いです。
      そのため小3秋の全統テスト、結構難しいかと。学校のテストしか経験していないと、まずはマークシートでハテナ。最初の語句の問題も時間がかかるものである場合が多いので、そこをきっちり取り組んでいたら長文は読み切れなくて時間切れ。
      そんな可能性はありませんか?

      一度秋の全統テストをもう一度おうちで解いてみるのをおススメします。その際は時間を区切らないで、どういう時間配分で解いているか見ていてあげるといいかと思います♪

      その中で、時間配分で点数が取れなかったのか?(これでしたら時間配分に慣れればOK)
      長文を読み切れなかったのか?(長文を読む練習を)
      問題形式が初めてで解きにくかったのか?それとも読解力が足りないのか?等今後の対策が見えてくるかと思います。

      もしご家庭で何も対策をせずに算数偏差値50近くはすごいと思います。算数偏差値50近いので、読解力は問題ないのかと想像します。ただテスト慣れしていない・対策していない・全統テストのような勉強をしていなければ点数はとれなくて当然です。今回のことで国語が苦手と決めない方がいいかと思いますよ♪

      (知り合いの所謂名門高校に進学している子なんですが。その子は中学入試はしていませんが、一度四谷の入塾テストを受けたら算数0点だったそうです。ですが、中受勉強をしたことがなければ得点できなくて当然…です。)

      • 早々のお返事ありがとうございました。
        アドバイス頂いた通り、目の前で国語のテストをもう一度やらせてみようと思います。

        算数については算盤に毎日行っているので「算数は得意♪」という本人の気持ちだけです笑
        国語も本人がそう思えるよう、母である私が励ましながらやっていきたいと思いました。
        とはいえ、偏差値20が明らかになった日は怒り狂ってしまいましたが。。

        また違う記事も読ませて頂きますね。
        この度はご丁寧に対応頂いてありがとうございました。

        • ヨシザワさま コメントありがとうございます。
          我が家も~!!小2の時の長男成績が・・・。それが家庭学習を始めるきっかけになりました。
          今でもびっくりする偏差値の時もありますが、今では慣れてスルーできるように。いや、スルーしている場合ではないんですけどね。

          ぜひ国語もう一度解き直してみてください。意外と解けたりして、ママも子供も落ち着くかもしれません♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です