【中学受験】地理の後回しは危険。地理は「日本のすがた」を参照しながら勉強するのがお勧め!

予習シリーズでは、地理を約1年半・歴史は約半年のカリキュラムです。ずっとなぜ地理に歴史の3倍時間をかけるのか疑問だったのですが、長男が小6(受験が近付いてきている!)になり、理由が少しだけ分かったように思います。

多分理由は簡単で、単純に「地理は歴史より難しい」からだと思います。

言っちゃえば歴史は特に何もなければ塗り替えられないので範囲は限定的。また歴史は完全なる暗記科目です。対する地理は毎年データが入れ替わりますし、これという範囲があるわけでもありません。図表と知識を組み合わせる必要があるため、単純な暗記科目ではないという側面もあります。

地域の特色とデータから解答を推論する力も求められたりと、暗記科目に留まらない難しさがあるんですよね。

なので生活体験が乏しく幼い小学生が短期間で地理を完成させるのは非常に難しい…。

 

とは言え、我が家もまぁ普通に地理は勉強してきたので、小6夏くらいから地理の偏差値もじわりじわりと上がっていくだろうと予測していました。

 

しかーし!!!!普通に勉強しているものの偏差値は一向に上がらないばかりか、維持するのが精いっぱい。思えば、小4の時から「今回は完璧」と思ってテストを受けても地理で高偏差値を取るのは難しかった。

 

なぜかというと!!地理はね、すっげーーー地理ができる子供たちがいて、この子たちがもうとんでもなく地理ができるんですよ。これは想像ですが、例えば小さい頃から鉄道が好きだったり、地理により深く関わってきた子たち。この層の地理偏差値って言ったらね、もうもうなんです。ただただ単純暗記で地理を勉強してきた層はなかなか追いつけない。

 

そうは言っても今から生活体験どんどんさせてる暇なんてないし、地図帳を頭に叩き込めなんて無理な話。少しでも得点できそうな部分の精度を上げていくしかない!

っていうところからの「日本のすがた」です。

日本のすがた〈2018〉表とグラフでみる 日本をもっと知るための社会科資料集

日本のすがた〈2018〉表とグラフでみる 日本をもっと知るための社会科資料集

 

テストは「日本のすがた」から作られている?

さてさて、地理のテストでは、データと地理的特徴を組み合わせる問題がよくあります。地理データはどんなテストにもでますが、図表データの出典はほぼ『日本国勢図会』です。

だから『日本国勢図会』を購入しちゃえばいいのですが、500ページ以上のボリュームがあり、とても小学生が中学受験に活用できるものではありません。そこで『日本のすがた』なんですが、『日本のすがた』は『日本国勢図会』のジュニア版になります。

ただ他にも地理データを参照できる本はあって、例えばこちら。

 

カラーの方が頭に入りやすいかなとも思ったのですが、我が家は軽くて持ち運びできて。社会を勉強する際は常に横に置いて欲しかったので『日本のすがた』をセレクト。

サイズも薄さも持ち歩くのにちょうどです。(表紙は取ってしまっています)

 

長男に『この日本のすがたを持ち歩いて、暇さえあれば読むこと!!』と持ち歩かせています。が、多分開いてもいないと思います、はい。

 

というのも、中身は三色刷りでただただデータと特徴について書かれた文章が並ぶのみ。小学生がこれを好んで読むとはどうにも思えません。

そのため、うちでは例えばテストで間違えたデータ問題は全て『日本のすがた』でチェック!

 

索引があるので、目的のデータも探しやすいです。

 

模試やテストで出たデータは必ず『日本のすがた』にあります。そして『日本のすがた』がすごいのは、各項目に関する説明文です。地理的特徴と併せてデータの見方を平易な文章で書いてくれている!

そのため地理の記述対策にももってこいですし、なぜこのデータなのか?を押さえることができます。

 

あとはあとは『日本のすがた』に書かれていること。過去の模試で見たことあるーー!っていうの多いです。『日本のすがた』最初の方の出だし文章に、『日本の4分3は山林です』ってあるんですけど、四谷週テスト過去問(確かS問題)の〇×問題に『日本の4分の3は森林です』っていうのがあったな。とか。

石油化学から作られるものに医薬品があるのも、長男は何度かこの問題で間違えていますが、『日本のすがた』には石油化学でできるものが図で掲載されていたりします。

 

 

また四谷週テストS問題過去問で、数十年前の漁法をゼロとしたときの現在の漁獲量割合っていうのがありました。数十年前の漁獲量をゼロにしてるのがひっかけで、皆知っている下の漁獲量順に書いちゃうとバツになります。

 

これも例えば遠洋漁業なら、なぜ生産量が減っているか? 理由が分かればいどの程度減少しているのか予測はできるわけで、そういう話も『日本のすがた』にはきっちり書かれています。(ついでに言うなら、何倍になったとかまで書いてあります)

また長男が早稲アカのNNクラスっていうのに通っているのですが、そこでもらえる志望校対策別のテキスト。中の図やデータは『日本のすがた』のものです。だから多分中学受験地理では、『日本のすがた』を利用すれば多少なりとも点数アップするのではと感じています。

 

当初『日本のすがた』は面白味のなさそうな本なので長男も「なんだこれ」っていう反応でした。でもテスト問題の解き直しで「これも日本のすがたに載ってる。あ、これも載ってるじゃん」と親子でやっていたら、最近は少しずつ『日本のすがた』を活用しようとはしているようです。

とは言え我が家は出遅れた感があり。予習シリーズ地理の勉強では『日本のすがた』を活用すればよかったなぁと後悔しています。

 

あとは絶対絶対に『日本のすがた』は最新のものをお買い求めください。データが最新でないと地理は意味なしだからですが、特に今年は野菜やらなにやら県別生産に順位が入れ替わっています。そういう意味で、子供が使っていた過去の予習シリーズを参照するのも非常に危険(古いデータなので)。復習で「あのデータどんなだったっけ」という時も『日本のすがた』が教科書のように役立ちます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

12 件のコメント

  • あっぷーさん

    前回の記事と言い いろいろ なぜに我が家はあっぷーさん宅の後輩ではないんだーと叫びたくなる良情報ばかり。

    でも・・・私学中学受験、あっぷーさん記事で知れば知るほど高レベルの戦いだなーと・・小さいころ息子にも地理らしきもの含めいろいろやらせようとしまいたが まあむなしくなるほど まーったく興味を示しませんでした(私もすぐあきらめたんですが)。電車オタク とか 家族が旅オタク(それもただ遊ぶだけでなくいろいろ調べていくとか)とかだともう全然知識量や実体験量が違うんでしょうね・・・。うちなんて5年生で都道府県言えなかったですからね(学校で4年でやらなかったという恐ろしい事実がのちに発覚)
    学校でやる範囲プラス思考力では無理なんですね・・・すごいなあみんな。

    子供たち大変! でもこうやってきっちり分析してくれるお母様がいる息子さん 心強いですね!

    • meiさま コメントありがとうございます。
      本当ですかーーー♪♪ そんな(*ノωノ)キャ嬉しすぎて調子乗っちゃいます!
      私も長男の受験競争を見るにつけレベルが高すぎて…。やっぱり精神年齢低めの子には向いていないと確信します。社会なんて暗記だけでどうにかと思っていたら、暗記だけではなかなか偏差値に結びつかず、皆すごすぎでしょーーーとただただ驚くばかりです。
      ただ、中学受験に必要な能力って成長とともに付いていくものですし、だから敢えて中学受験を回避するのも1つの選択肢だよなぁと。なのでmeiさまの選択が!!お子さんのことを冷静にみてらして、それでちゃんとぴったりの道を見付けてらしてすごいなぁといつも思っています。

      そしてそうなんです!電車好きな子の知識量はすごいみたいで(;’∀’) それこそ好きなものこそ…で楽しんで勉強してるんだろうな~。
      生活体験が多い子(社会性があって普段から生活体験をたくさんしているとか)も地理は強そうですし、なんだかなんだか皆すごすぎて…。中学受験未経験の私はぽっかーんと口を開けてみているのみ。こんな世界があったんですね!!

  • 社会の図表も、読み取る事は意外と典型的な事柄に思えますが、最新の図表は用意したいので参考になります。

    ただ、ここで気になるのは毎年変わるデータがあるとして、それをキーとする問題を受験校が本番で出すのか? いや出さないだろう 反語 と思うところです。

    知識は大事ですが、枝葉を見過ぎてもキリがないので森を描ければ良しとして、後はグラフや条件から類推や分析する力を伸ばす方が良いという考えは的外れですか。

    全く関係ないですが。例えば、かぐや姫の大きさは? という問題があったとして、答えの三寸を暗記してなくても、姫が入る竹なら節と節の間は30cmかそれ以上はあるだろうか。竹を切っても、かぐや姫を切断しないで済むサイズを作者が考えたとしたら、半分以下程度と設定するのが妥当ではないかと見当をつけて行くと、自然と当たらずとも遠からずな落としどころに集約されるのではないかという分析力の方が求められないのかな。

    ただ、国語でこれは危険でそんなことどこにも書いてないよねという妄想系になるので、作者なら分かってくれる?と真顔で考えつつ、設問者サイドに立って回答する事を心がけてました。この回答は妥協案だけどねって思ってました。我ながら気持ち悪ぅ。

    • キムさま コメントありがとうございます。
      おっしゃる通り!森を描けるようになって欲しい!
      なんですがーーー、うちのバカ息子はなかなかそれができず。データから県名を推測して、丸バツの正誤問題とかが本当にできません。「愛知はいかにも窯業だって生産日本イチでしょ」「だっていかにも神奈川は漁獲量少なそうだから、ここが神奈川県?とか推察できない?」「福島は桃も有名なんだから、果物の生産高が高いとこでしょ」とか日々「私の常識」と息子にとってのチンプンカンプンの戦いです。あぁ…。
      最終的にはキムさまが書いてくれたような思考ができるようになって欲しいと思い家庭学習に付き合ってきましたが…、なかなか道は遠いです。ある程度暗記があっての推察力でいいので、そこを身に付けて欲しいところです。

      最新データ暗記に関してはどうなんでしょう。私も中学受験に関しては詳しくないので何とも言えませんが、塾でデータが変わった部分は先生が全てチェックしていて、一気に覚えなおすっていうのを授業中にやったみたいです。
      なので意外と最新データが出るのかも?なんて思っていますが、そこは今後過去問を見たりすると分かりますかね♪

      そしてかぐや姫の大きさは?というお話!!これぞ分析力だと感嘆しました。最終的にはここまで到達して欲しいですが、まだまだ先のハナシ…。大学生くらいでできるようになるのかなぁ(遠い目)。

  • あっぷーさん、「日本のすがた」いいですよねー。
    でもホント小学生にはおもしろくないだろうな、と思います。
    テストの直しに日本のすがたを使うという作戦、すごくいいと思います。
    次男の時はマネさせてください!

    あと上でキムさんがデータの変化による出題なないだろうと書かれてますが、
    「オレのとはちょっとちがうなぁ」(臨場の倉石検視官風)(笑)

    バックグラウンドとして何らかの原因があって、その結果としてデータが変化してきたっていうのが
    地理では出題しやすいと思います。
    「このようにデータが変化した原因は何?」とか。
    実際サピでは社会だけは、前年の入試問題を手あたり次第学校関係なく色々解かせます。

    あとまーたく関係ないですが。
    次男は初音ミクの歌う東海道本線の駅名をつなげた歌を暗記しています。
    なので神戸から東京まで全部駅名わかります。
    ただ、途中からはできないので、どこか知りたいときは最初から全部歌ってます(笑)

    • 孔明さま コメントありがとうございます。臨場の倉石検視官風(笑)
      なるほど、データが変化した原因。そこまで読み解くとは!!地理深いです。孔明さま、さすが大学受験で地理選択されただけあって、地理の勉強法がすごく参考になります。
      きっと孔明さまが教えてくださるように地理を勉強していけば(特産品なども特徴とからめる)、地理って暗記科目とは言えなくてもっともっと楽しめるんだろうなぁ♪
      私もそれを知っていたら高校時代に地理をもっと楽しんでいたかも。
      次男くんは初音ミクで暗記とは。孔明さま宅は地理を楽しんで学習しているのがとっても参考になります。

    • 孔明さま、あ、なんとなくそんな気がしておりました( ̄▽ ̄) ボーカロイド、中学生向けで探すと結構ありますよね!

  • おっ、孔明先生からツッコミが!

    申し訳ない程、実態を知らないのでそうなのかと思いつつ、学校のレベルにもよるのかなとも思ったり。

    地政学的、経済的、社会情勢で変化するデータに関する問題は、細部の暗記でなく、その背景を捉えて類推する力で回答できるのかなとも思うところですが、どうなんでしょう?

    ところで、あっぷーさんにぶっちゃけた質問して良いですか?

    春分・秋分の日の太陽の南中高度は90度から緯度を引いた角度である。これは暗記でなく説明できる知識なんでしょうか? →偏差値60台の長男くん的に。

    イマイチ、親が興味持てないので理論武装すべきか、サラッといっていいのか迷ったので。

    次男くんの英語ですが、中学受験コストカットして短期留学とか考えますか?

    • キムさま コメントありがとうございます。
      キムさんと孔明さまの掛け合いがーーー!!!もう嬉しくて、すたろぐのコメントファンとしては堪りません(笑) これは保存保存っと!

      春分・秋分の日の南中高度!! これは長男がどう覚えているかは分かりませんが、スタディサプリの理科応用6年、22講のチャプター2で相馬先生が解説してらして、長男と2人でなるほどねぇと言いながらみた記憶があります。
      なので、現状は計算方法を暗記で解いているとは思いますが、きっかけとしては「なぜこうなるか」で理解したのかなぁと思います。

      長男は理科が大嫌いで、家でもほとんど勉強していません(-_-;) ただ理科のテストはいつもまぁまぁで、その原因は新出単元をスタディサプリで理解させてきたからかなと思っています。
      暗記ではないところからスタートしたので、知識が定着している!?

      私も理科が大嫌いなので、理科に関しては相馬先生にお任せでここまできてしまいました(笑)

      次男の英語は逆にキムさまに短期留学とか考えてますか?とお聞きしたいですーー♪♪
      わたし、そもそも英語を喋れるようになるとかは全然興味がなくて(;’∀’) 喋れるようになるよりも、何を喋るかだーー!と思っていたわけですが、実は最近短期留学に興味があります。
      親子留学なら私も楽しいし行ってもいいかなーと。(結局は自分かよって感じですが)
      英語圏は苦手なので、フィリピン辺りに2週間とか!ちょっと本気で考えていますが、これは次男のためというより、自分の興味ですね(-_-;)

  • 相馬先生6年 22 チャプター2…
    ピンポイントな公式サイトの様な返し、ありがとうございます。ちなみに4年15講 チャプター2ではそういうものとして講義されてたので、より深く6年版であるんですね。忘れそうな頃あいで見てます。

    短期留学は現3年の次男の4年夏休みで考えてます。めんどくさいから行ってこい的な意味ですが。先々、英語は海外旅行に行って、トラブっても何とか英語で乗り切ったり、楽しむ程度の度胸と語学力つけてほしいかな。何を話すかは言語によらないところですね。ちなみに毎年夏休みに、フィリピン、マルタ島、南アフリカ、スリランカと英語学校留学2週間という独身貴族の若い友人がいますが、短期だし、日本人?と驚かれるとか。語学力こそ、継続は力なりだと思うので、本人のやる気次第ですが、やる気あるなら短期留学以外にも機会は沢山ありますね。

    • キムさま えへん、公式サイトのようですよね(笑) 相馬先生の授業は相当みているので~!

      短期留学、来年の夏休み! うちは3月に次男と2人で行けないかしら♪ でも言葉が通じないと心配なので、以前住んでいたタイで探しています。
      キムさまと同じく英語もそうですが、度胸や経験という意味合いもあるので…英語圏ではなくてもOK。
      今って、小さい頃から英語勉強している子ってたくさんいて、中学1年生でのアドバンテージが大きいですよね。その中で気後れせず、「俺も短期留学したし」くらいの勘違いになってくれればいいかなと思っています。
      子供は英語、私はタイ語をもう一度やりたいのですが、そんな学校あるかな(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です