「魔法ワザ理科・計算問題」が傑作で、しっかりやれば確実に点数アップする内容!




 

長男…理社のみ塾を辞めました。

本人には「塾よりママ塾の方が多分厳しいよ…?でも塾に通う時間が減るからその時間でゲームはできるし、早く寝れるよ。どうする?」とあらかじめ覚悟は決めさせておきましたが。

家庭学習にしたら案の定「地獄だ…」と音を上げています。いかに今まで塾で「ただ授業を聞いているだけだったか」がよく分かります。

理社はつきっきりで勉強してからの!!週テスト。家庭学習していた頃は理社偏差値60は結構キープしていたように思いますが、気が付けば最近偏差値60なんてなーい!!

ですが今回は家庭学習で理社偏差値60はゆうに超えました。やっぱり長男には家庭学習の方が向いてるなぁ…。

 

家庭学習の問題は理科です

ですが、私が理社をみるにあたっての大問題。 わたし、理科が嫌いです(涙)

特に計算分野は見たくないほど嫌い。というより私自身がよく理解していません。ですが今回の週テストの結果を見ても長男が間違えているのはほぼほぼ「計算範囲」。今回の週テスト範囲だった「溶解度」(予習シリーズ6年上)は、電流に並んで私が嫌いなところです。

でも長男に付き合うと決めた以上仕方ありません。諦めの境地で溶解度の問題を見ながら、問題パターンと解き方を編み出すべく頑張りました。

 

…解き方は線分図?ビーカーの絵?いや、表にするべき? いやその前に問題パターンを分類しなければ!!

↑自分自身ここが腑に落ちれば長男を解けるようにさせることができるのですが、考えること数時間。よく分からないことだけはハッキリと判明。というところで購入したのがこちらです。

 

中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科・計算問題

中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 理科・計算問題

 

表紙からすると、あまり使えない?…と思っていましたが、私この本で溶解度をしっかり理解&問題パターンの分類をすること&解法がマスターできました

そして驚いたのは、この「魔法ワザ」で溶解度を理解してから週テストを見直してみたら、おっと同じパターンの問題だった! あらかじめやっておけばもっと点数が取れたのにと悔しい思いをしました。

 

中学受験 すらすら解ける魔法わざ理科・計算問題

私のような理数系が苦手なタイプが問題集に求めているのは「問題のパターン分け」です。多分中学受験をよく知っている人ならば、問題を見れば「どういった問題パターンか」がすぐわかると思うんです。

でも何せ中学受験初心者はそこまでたどり着くまでが大変。

 

からの!「すらすら解ける魔法わざ理科・計算問題」はその部分を補ってくれる問題集。

 

今回「すらすら解ける魔法わざ理科・計算問題」を使い、私も長男もようやく溶解度の問題パターンを場合分けして理解できました。

 

特に文系脳の長男は「問題のパターン分け」が欠かせないので、「魔法わざワザ」のパターン分けがストンと腑に落ちる感覚があったようです。

加えて魔法ワザの解き方が算数で言えば線分図のようで、本当に魔法のようで分かりやすい! もっと早く出会いたかった!

 

 

 

「すらすら解ける魔法わざ理科・計算問題」はこんなだったよ

それでは実際の「すらすら解ける魔法ワザ理科・計算問題」です。

表紙だけ見ると一見ハードカバーのような作りですが、実際は大型版で独立開き可能でした。

 

大きさはA4版(見開きA3)なので、コピーして使用するのにも最適です。

 

その他にも使いやすいポイントが満載です。まずは「別冊解答がなく、解答が同ページや次ページにある」こと。私はずぼらな性格なので、このように別冊解答がないのは微妙にありがたかったりします。

そして一番意外だったのは、問題数の多さ!!

 

魔法ワザ理科は、右ページは例題で右ページには類題が並んでいます。左に例題、右に類題という構成も問題パターン分けが必要な文系脳にぴったりです。

また、計算問題だけに焦点をあてた問題集なのも素晴らしい。この1冊をきちんとやれば、模試での点数アップは確実ですし、苦手な子が多い理科の計算問題が得点源になる可能性すら見えてきます。

 

解答も、よくある解答のようにどこかが省略されているということはなく、全ての思考過程を語り口調で書いてくれているのでわかりやすい。

 

本当にいい問題集を見付けました!これは家庭学習に役立つこと間違いありません。

 

一点心配と言えば、どの程度まで応用問題に対応できるのか?小6前半にはありがたい問題集ですが、後半になったらどうなのだろう?これはまた追記していければと思っています。

 

以上、理社は塾を辞めて家庭学習に戻ったことと、購入した問題集のことでした~!!

 






8 件のコメント

  • そうですね、理・社 は家庭で教えられるのであれば、通塾時間短縮&学費節約で、十分アリですね。(拙宅は私が担当なので、やはりそうもいかない)

    むしろ6年前半は「週テスト」を受けて力試し&集中力アップがマルですね。要は毎週、試合には出る、という奴です。(塾としては、合格してもらって、こそですので・・)

    うちの娘、理科の先生が変わってから、どうも調子がよくなくて。演問の「まとめてみよう」ではなくて「マスターノート」(Wアカ独特)を使ったり、予習シリーズをあまり参照しないで教えている様で、娘は自宅での予習・復習、苦労してます。

    がんばって下さい。

    • 地方出身パパさま コメントありがとうございます。
      メインは通塾時間短縮で、長男がそこまでゲームをやりたいのなら、その通塾時間にゲームをしたらいいのかなと。そして週テスト。そこを削って週テスト過去問でもいいのかなと思ったのですが、地方出身パパさまが書いてくださった通り週テストで「集中力アップ」! そう思うとやはり週テストではなく理社を辞めてという結論で合っているような気がしてきました♪

      そして先生が変わるとガラリと変わりますよね。うちもそれに悩んだことがあり、予習シリーズの内容ではない小話などもまじえつつ引き込まれる授業をしてくれる先生の場合はまぁまぁよい。単調な授業の先生の場合は理社興味なし、ただ授業をぼーっとして座っているだけとなりがちです(-_-;) やはりなんだかんだ言って家でのフォローが必要だったということです、うちの場合ですが。

  • ご自宅で見て 問題集探されて…本当すごい!です・・・。わが子があっぷーさん宅より小さかったらと何度思ったことか。

    別冊回答なし、いいですね。
    我が家 親子で ものをなくすので 別冊回答だらけの学校の問題集 やばいことになりそうで。
    教科書全部学校に置きっぱなしで最近まで気が付きませんでしたが 最近テスト前で 気が付きました。笑えるのが今日社会勉強しようと思っても 問題集わすれたり 教科書わすれたり 問題集持ち帰っても別冊回答がどこへやら(苦笑)←やろうと思ったものを忘れてやれないのでもともと少ないやる気がほぼなくなりゲームにはしる・・・・・・・。

    ここ数日で我が家 主要教科 家用教科書そろえて 問題集は個人では手に入らないようなので 持ち帰ったものから別冊回答全コピーしたばかりでした・・・・・・
    中学生ってこんなに手がかかるんでしたっけ・・・・・・・・_????

    (諸外国では子供の荷物を減らすために 教科書自宅用と学校用があるところもあるようなので よく考えると毎日学校の復習はしたほうが良いけれど 重いのも体に悪いし この方法ありなのかもしれませんね・・なんて・・・)←国によっては体重の10パーセントまでという目安があるとか?(小児科学的には10-20パーセントの荷物が限界らしいです)

    すみません、別冊に妙に共感し 受験ネタから外したコメントしてしまいました。

    • meiさま コメントありがとうございます。
      長男そもそも情けないことに、長男が暗記さえ1人でできない…!!気が付いたらボーっとしていて心ここにあらず。気が付いたら意識失ってるので、問題だして!と。あぁ、そもそも中受するレベルに達していない…(;’∀’)

      meiさまもものを失くすタイプだとのこと。お仲間ーーー♪♪ 私も小学生時代からよく忘れ物をして廊下に立たされたり(当時はまだそんなことがあった時代)、今も物をどこに置いたかよく思い出せないことがあります。最近では愛用していたトートバッグが家中どこを探してもなくて、そもそもバックって失くさなくない!?うーむ、いったいどういうことかと首をひねっております。

      そして中学生、手がかかるんですね♪ それをお聞きして長男が中学生になるのがちょっと楽しいような、いやまだこのバトルが続くと思うと怖いような~…。家用教科書はいいですね。中学生たちの荷物が見ていて背骨圧迫しているようで怖いんです。(うちの前が通学路で、この辺りはお弁当なので更に荷物が多いです)
      国によって荷物の目安があるとは。これ確かに必要ですよね。私も家用教科書真似させてください~。少しずつ中学生が近づいてきています!

  • 本文と全く関係ないですが、気づいたらぼーっとしてる長男はうちのことだ!と思ってしまいました笑←失礼
    そろばんの検定近いのにタイムも正答率も上がらず、でも本人は一生懸命やってるつもりで何でできないかわからない…
    手止まってるやん!と叫んでしまった今朝でした。

    我が家は1年生なので今は家庭のみですが、今後もギリギリまで塾に行く予定はないのに、理社は教えられなさすぎて…このレビュー大変助かりました。
    化学と地学は根本的に理解してなくて(むしろ数年後の長男に馬鹿にされるレベルかも)、地図が読めないので、その時が来たら今までのレビューめっちゃ検索させていただくと思います!
    グレードアップ問題集は最近自分からやるようになったので、それにつなげる基礎の解説本(自分で読んで理解できるやつ)は、今後絶対必要なのです^^

    • らららんどさま コメントありがとうございます。
      うちも長男ぼーっとしてるんです!!逆に誰も責めないというか、そういうおおらかさもあるのですが。
      そしていつも言うのは「一生懸命やった」という言葉。それ絶対「つもり」だからーーー!!笑とツッコミたい気持ち満載です。
      こんなボーっとしてるエピソードって男子あるあるなのでしょうか…。時が来れば少しはシャキシャキ動いてくれるようになったら嬉しいのですが…(;’∀’)

  • いつもあっぷーさんの紹介される問題集を参考にしています。

    うちは小3で理科がはじまったばかりですが慌てて教科書ワークを買ったところです。(息子は常識で答えられそうな問題が解けないので知識にするしかないです(笑))
    うちはまだ全教科ママ塾でやっていますが(算数だけ習っていますが予習復習が欠かせず自力では出来ず)、仕事や習い事で開始が遅くなり何時まで勉強したものかと悩んでいます。子供のやる気も続きません。
    (私の夕飯の支度も遅いので更に睡眠時間が大変なことに~)
    質問ですが、大体何時から何時まで家庭学習されていますか?ゲームやテレビは何時間くらいされてますか?

    • くろごまさま コメントありがとうございます。
      小3理科始まりますよね~!小3理科は親から見ると「簡単」なんですが、子供にしたら常識じゃないこともあって難しかったりしますよね♪ そこをきちんとフォローされていて尊敬です。
      我が家は全くフォローせず、今苦しんでいます(涙) そしてうちもやる気が続かない男子たちです。
      子供たちが通う学校で中受する子ってほんの数人です。その子たちとたまに話すらしいのですが、夜中の1時まで勉強したなんて話を聞いて「そんなに勉強したらすぐ範囲終わってやることなっくなったら困るよな」なんてアホな感想を述べているレベルです。
      うちは小3の時は1時間は集中続かなかったです。小5次男で1時間は無理で、なんとか40分・いや50分!目標は1時間という感じです。小6長男は塾がある日は勉強ゼロ、ない日は2時間半がいっぱいいっぱい。
      これ、かなり少ない方だと思いますが、これ以上やっても何も頭に入らないので仕方なくという感じです。本当はもっと必要だとは思っています。
      ちなみにうちはテレビは見ないのでテレビはゼロ。ゲームは1時間半くらいと、あとは隙間時間にyoutube観たりしてます。時間にすると、長男は5時から始めて7時に終了、あとは9時の就寝までは自由時間です。(学校の宿題は朝です)

      と、あまり参考にならずーーー!!すみません。勉強体力がないので、うちはまずはそこからですね(;’∀’)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です