【小4】難易度高め算数!中受なしならサイパーを淡々とやるのがいい理由




次男は中学受験しませんが、小5の夏休みまで中学受験算数をやってきました。当時は受験する可能性もあったのと、組み分けテストを受けていたので、四谷大塚テキスト(予習シリーズ)に進度を合わせていました。

予習シリーズは2年ちょっとでカリキュラムを終わらせるので、進度が速いです。

1週間に1単元で、4回連続で新単元がでてきます。そして5回目はまとめで組み分けテスト。1週間に1単元なので、毎週毎週が新単元。それらがほぼ学校ではやらない内容(先取りか特殊算)なので、各単元をしっかり理解して進めていくのはハードです。

 

そして現在、あっぷー塾に「中学受験はしないけれど予習シリーズをやりたい」という子が来てくれています。いや、別に私が「予習シリーズやりましょう!」と勧めたわけではありません笑

その子のお兄ちゃんが、中学受験勉強をしたものの小6で高校受験に切り替え。高校受験でも、中学受験の勉強が非常に役に立ったのでぜひやらせたいというご家庭です。

 

ひとまず予習シリーズに沿って、演習問題集を使って進めているのですが、例えば予習シリーズの第1回「かけ算・わり算」。結構難しい文章題が出てくるんですが、線分図を書けば簡単だったりします。というか、第1回では線分図の書き方もマスターしてもらいたい。

ですが、第1回で出てくる2桁×2桁のひっ算やわり算のひっ算も学校で未習だから、ついついそちらに時間が取られてしまうわけです。でもでも予習シリーズ第1回で本当に身に付けて欲しいのは線分図だったりするんですよね。

結局、あれもこれもとなってしまい果たして線分図は身に付いたのだろうか??うーんって・・・。

 

そんなこんなしていたら、最近は、中学受験しなくて組み分けテストも受けない。マイペースにという場合は、サイパーをベースにやった方が絶対にいい!と強く思っています。

サイパーで1つ1つの単元をきちんと理解する。中受なしならば、3年かけて予習シリーズの内容を終わらせてもいいので、その子にあった進め方も可能です。

 

【小4】難易度高め算数!中受なしでお薦めのサイパーシリーズ

サイパーシリーズといっても何をやっていいのか? はたまた演習もしたいから予習シリーズも使いたい。ということで、予習シリーズ単元に沿ってサイパーシリーズを進めるのが究極じゃない?というのが現時点での結論です。

※予習シリーズは四谷大塚の公式サイトから、通塾していなくても購入可能。サイパーは通販で購入できます。
※予習シリーズ4年(上)の単元表

 

そこで小4予習シリーズ(上)を家庭で進める場合のおススメサイパーシリーズを書いていきます。

中学受験の勉強開始は小3の2月。そのため、今まさに小3の子が開始するのにもってこい。または、小2の入塾準備にもいいかもしれません。(算数が得意ならば)

 

①予習シリーズ「かけ算・わり算」

2桁×2桁とわり算のひっ算は別途練習(予習シリーズ計算とか)するとして、ここでやっておきたいサイパーは『比較・順序・線分図』。小2レベルですが、これを1冊やれば線分図の概念はバッチリ理解できます。

ただしサイパーの「比較・順序・線分図」は小2向けなので、線分図ではなくテープ図です。また最初からテープ図が書かれてしまっているので、テープ図は付箋などで隠して、自分で線分図を書かせるのがいいです。

 

 

②予習シリーズ「角の大きさと性質」

こちらは分度器を使った角度のはかりかたから学習でき、「対頂角・同位角・錯角」「時計の針の角度」まで学習できます。「時計の針の角度」はひとまず飛ばしてもいいかもしれません。

 

 

③予習シリーズ「計算の決まりと順序」

こちらは特にサイパーなしでいけそうですが、この辺りで逆算に慣れるとしたら「逆算の特訓」が最適。ただ、予習シリーズ「計算」にも逆算はずっと出てくるので、特に苦手ではなければ集中的にやらなくてもいいかもしれません。

 

 

④予習シリーズ「和差算」

和差算ではもちろんサイパーの傑作「和差算・分配算」を。1冊やれば和差算は完璧ですし、線分図の概念も身に付きます。とりあえず予習シリーズで特殊算がでてきたらサイパー!でOKです。

と、今私も和差算を再び購入しようとしたら、楽天もAmazonも売り切れでした。そんな時は学参書店なら在庫ありです。

 

 

⑥予習シリーズ「植木算」

特殊算はとりあえずまずはサイパー。親が教えられなくてもサイパーで学習可能なのもお勧めポイントです。特殊算はとりあえずサイパー!これでOK(しつこい)

中受しないならば、植木算の(上)のみでもいいかと思います。

 

 

⑦⑧⑨予習シリーズ「小数」「分数」「正方形と長方形」

小数の計算自体は小学校で既習なので、ここはサイパーは使わずに予習シリーズ(演習問題集)使用で問題なし。(やはり予習シリーズ「計算」も並行してやりましょう)。⑧⑨も予習シリーズ計算と演習問題集で大丈夫そう。

「分数」回の文章題では線分図を使う練習も忘れずに! そしてこの3回の中では「分数」を重点的にやりたいところです。

※マイナビさんに書かせてもらった記事です。

>>>線分図を軽視するのは危険!中学受験をするなら低学年から線分図を理解しておきたい理由

 

⑨は、最後の面積の部分で一気に仕上げるのでも良さそうです。

 

 

予習シリーズ「大きな数とおおよその数」

小学校4年でやる「概数」ですが、小学校でも概数で躓く子が結構多いと思います。我が家の子どもの周りでも、概数が分からないので公文に通い始めたって話を何度か聞きました。

概数はたくさん練習したいので、サイパーがあればいいなぁと思っていますが、ありません。また概数に特化したドリルもありそうなのですが、現状わたしは見付けられず。そのうちプリントを作ってアップしたい!

 

⑫三角形の性質

三角形の角度は、②でおススメしたサイパー「角度の基礎」に入っています。もし忘れているようならば、復習がてら「角度の基礎」を再度やるのもお勧めです。

 

⑬予習シリーズ「周期算」

特殊算はサイパー!なので、こちらの「周期算」を。ただ、サイパーの中でも「周期算」は中身がごちゃっとしていてとっつきにくい印象があります。概念が理解できたら、サイパーの文章題に進んでしまってもいいかもしれません。

 

⑭予習シリーズ「立方体と直方体」

苦手な子も多い立方体。まずは立体に慣れるのも大事なので、まだやっていなければサイパーの「点描写」もお勧めです。ただ立方体を描くだけなのですが、これだけで驚くくらい立方体が得意になる子もいます。

 

予習シリーズ「等差数列」

等差数列・・・。大人には簡単に思えても小4の子どもには難しい単元です。我が家も、等差数列で幾度長男を泣かせたことか…。私の勝手な「簡単じゃん」という思い込みで長男を算数嫌いにさせかけた単元です。

今になって、サイパーくらいスモールステップで進めてあげればよかったのにと後悔しています。

 

予習シリーズ「つるかめ算」

4年の(上)でつるかめ算が出てくるって、進度速いなぁ~とつくづく思います。中学受験しないのなら、つるかめ算をとことんやる必要はないと思いますが、今後速さなどでもつるかめ算の考え方を使ったりするので。サイパーで「解き方」をマスターしておいてもいいかなとは思います。

 

⑱⑲予習シリーズ「四角形の面積」「三角形の面積」

ここで4年生の(上)は終わり。半年でこのボリュームは本当にすごいです。中学受験生たち、みんなすごい・・・。






8 件のコメント

  • あっぷーさん、いまの時期にサイパーネタが書けるあっぷーさん、素敵です!
    長男君の受験一辺倒にならない姿に感動します。
    これからもバランスの良い
    勉強、親子関係教えてくださいね。
    是非是非参考にさせて頂きます!

    • 孔明さま コメントありがとうございます。
      今、小3の子の勉強に夢中で(;’∀’) やっぱりこの時期の算数が楽しすぎて、長男は私の手を離れましたが、捨てる神あれば拾う神ありみたいな。
      逆に受験一辺倒になれずに、自己嫌悪・・・
      でも孔明さまが「よし」と言ってくださって、なんだかホッ。いつもありがとうございます。
      孔明さまのポイントポイントでかけてくださる言葉が、いつも支えになっています♪

  • こんにちは。
    まさしく中学受験なしの小3息子をもつ母には嬉しい記事です!現三年の内容が終わったら、少しずつ取り組ませてみたいと思います。ありがとうございます。

    一つ、概数のところで
    我が家が愛用している陰山メソッド 徹底反復シリーズに「およそのかず」というのがあるのですが、これが概数範囲のような…?
    本屋で見かけただけなので、望んでいるものと違ったらすみません。

    • サユさま コメントありがとうございます。
      「およその数」!!!!情報感謝です!!!!早速ぽちりました。
      さすが陰山先生、子どもたちの躓きポイントをちゃんとわかってらっしゃる~。届いたらレビューしようと思います。ありがとうございます♪

  • あっぷーさま
    長男さん、合格2校目おめでとうございます!!この勢いで本命も撃破できたら最高の受験ですね!!
    さて、今回の記事は、超名作なのではーーー!!
    受験しないけど、中学受験の良問は、今後の受験に生きるはず!!
    サイパーシリーズや算数ラボをメインにやっているので、高校受験・大学受験まで見据えると、
    どんなことになるのか、実験的で楽しいですね♪
    国語もサイパーシリーズ楽しいので、子どもたちの机は水色と緑の小冊子だらけです。笑
    勉強の面白さを感じながら、進級してくれたらなーと、、、。
    まー、ネックは、500円とはいえ、二人分をどんどん買っていくとなかなかの金額になることでしょうか。
    ただ、コピーしたり、ノートに解答だけ書く指導などは、メンドーな親にはなんともし難く。。。

    • うな丼さま コメントありがとうございます。
      うな丼さま、まさにまさに!!そうなんです、中受の勉強が、将来にどう影響するか?? 大学受験に活かされるのかなど興味は尽きず、子どもで壮大な実験をしている(笑)
      ありがとう、子ども!!みたいな(;’∀’)
      そしてサイパーも500円だからとどんどん購入すると、意外ととんでもない金額になっているというのも分かります。単位換算なんかは2度くらいやりたいって、でも500円だからコピーしなくていいよなぁって、何度か購入しちゃったり。
      私もコピーが苦手で購入派! 問題集は増える一方ですよね♪ そしてそれを眺めてニマニマしちゃったり~。

  • いつも拝見しております!初めて投稿します。
    我が家は新小4、初組み分けテストを受けて、これから家庭で予習シリーズを進める予定の子供がおりますので、まさにタイムリーな話題で感謝!です。
    今回の記事、受験しない前提となっておりますが、受験する場合はいかがお考えですか?
    親の予定では、シリーズをこなした後、(少し先取りをしていたので)出来がよければ応用演習問題集、微妙であれば演習問題集を、と考えております。
    私もサイバー大好きで、是非やらせたいのですが、一週間の中に上記のカリキュラムに追加するとなると、ちょっとボリュームが多いかな・・・(受験生でそれは甘い!ようであれば是非ご指摘を!)、と思っています。
    受験をする子供の場合、シリーズ関連の問題集とサイバーをどのように優先順位をつけるのがよいか、わからなくて、メールさせていただきました(テーマから外れてすみません)。
    最後に。複数校合格おめでとうございます!あと少しですね。ご家族でお風邪など召されませぬようお祈りしております!!!

    • あさこさま コメントありがとうございます♪
      サイパーいいですよね~~♪♪ ただ、通塾しているとサイパーに手を出す時間が!!多分ないかなぁと思います。
      おススメはどうしても苦手な単元はサイパーで(長期休みなど)です。使えそうなのは、例えば等差数列や周期算など。等差数列は予習シリーズ大改訂の前は5年でやる範囲だったのもあり、理解に時間がかかる子も多いかもなので。
      そしてサイパーは基礎の基礎からになるので、算数得意で通塾している子は不要のようにも思います。
      サイパーはどちらかというと、通塾していない子にお勧めという感じですよ~♪

      そして、予習シリーズは演習問題集にも応用問題があるので、そちらが余裕そうであれば応用演習問題集をという感じでもいいかもしれません。ですが、先取りをしてらっしゃるなんてすばらしいです♪
      中学受験算数、少しでも先取りをしていると始まってからが全然違うなぁと思う最近です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です